• リーマン・ショックの原因とは?
  • サブプライムローンの仕組みを知っている?
  • 暴落した豪ドル円はいくらまで下げた?

100年に一度の経済危機と言われ、世界経済に大きな打撃を与えたリーマン・ショック。
大口の投資家や会社が破産や大損失を被り、小口の個人投資家も一瞬のうちのお金をなくしてしまったという
2008年9月に起きた為替の世界でも恐ろしい出来事でした。
リーマン・ショックからは5年以上経過していますが、最近FXを始めたのでリーマン・ショックについてよく分からないとか、もっとよく知りたいって人の為にFX課長がリーマン・ショックについてバッチリ解説しちゃいます!

そもそもリーマン・ショックって何だったの?

リーマン・ショック。
何も知らないFXの超初心者がこれを聞いたら、「リーマン=サラリーマンだから、サラリーマンのお父さん達のお財布事情にショッキングな出来事が!」なんて思うかも(笑)
と冗談はおいておいて、
リーマン・ショックとは、アメリカの大手証券会社であるリーマン・ブラザーズが破綻してしまった事が発端となり、世界的な金融危機を引き起こしてしまった事件です。

なぜリーマン・ブラザーズは破綻したの?

リーマン・ブラザーズが破綻する原因となったのが、当時流行していたサブプライムローンというものなんです。
サブプライムローンとは、普通ではローンを組めない様な信用力の低い人や低所得者層に向けた、主に住宅を担保とする高利貸しの事です。
それこそ、「フリーターのような不安定な職の方でもローンを組めますよー!」というものです。
借り始めは低金利なのですが、数年後に金利が大幅に上がる仕組みでした。

サブプライムローンが流行った理由

では、なぜサブプライムローンが流行っていたのでしょうね?
それは当時のアメリカが不動産バブルの状態にあったからなんですね。
土地や住宅の値段がどんどん上がっていくので、もしローン組んでる人が返済できなくなっても家を売却して返済すれば良かったからなんです。
売れば買った時より価格が上がっているおかげで儲かるって事もあり、買っては売りを繰り返す人もいたみたいですね。

もちろん返済をしっかり出来る人がいれば、高金利のおかげで貸し手の利益も大きいという利点もありました。
その結果、サブプライムローンによる利益をどんどん上げる金融機関が出現したのです。

サブプライムローンの証券化が追い打ちをかける

lab6096_1

儲かった金融機関は、そこから更に利益を伸ばす為にサブプライムローンを証券化して、世界中の銀行や投資家に向けて販売したんですね。
すごく儲かっちゃうって事もあって、このサブプライムローン証券は売れに売れちゃったんです!
バブル万歳!(笑)ですね。

でも、そんなバブルが永遠に続くわけなんてないんですよね。
家の供給が需要を上回ってしまえば、当然価格は下がりますよね。
上手くいっていた住宅売却も、このバブル崩壊により終焉を迎えてしまったんです。

この記事もチェック

FXのチャンスは円高?円安?

この記事を読む >

借りても貸しても地獄だった・・・

元々返済能力の低い人達へのローンですから、ローンの完済を期待できるはずもなく赤字。
住宅を売ろうにも買い手がいないので、安くして販売するしかない。
これまた赤字。
ローンを組んでいた人達は自己破産、そして貸し手側の金融機関はとんでもない額の大赤字を抱え込んでしまった訳です。

そしてサブプライムローンは証券化されて販売されていました。
それを買っていた投資家や銀行が一気に資産を失ってしまう事態にまでなってしまったのです。
更にたちの悪い事に、サブプライムローン証券は他のローン債権などと組み合わせて証券化されていたので、持っている証券にサブプライムローン債権が含まれているか分かりにくかったんですね。

恐慌はある日突然訪れる

そこで証券を持っている投資家達は、自分たちの所有している証券にサブプライムローン債権が含まれている事を恐れて金融関係の商品を一気に手放したんです。
もう市場は大パニック!
そんな事されたら、金融機関や投資銀行は経営悪化を免れる事ができませんよね。
そんな中、大手証券会社のリーマン・ブラザーズが破綻したのです。
この時、市場の予想に反してアメリカ政府は救済の為の融資をしなかったんですよね。
あまりの負債総額の多さに、買収してくれる金融機関もありませんでした。

リーマンの社債を持っている多くの関係機関にも波及

リーマン・ブラザーズは社債なども発行していたので、それを持っている銀行にも被害が波及しちゃいました。
リーマン・ブラザーズの株や社債・投信などは、紙くず同然になってしまったのです。
結果、多くの銀行が破綻するハメになってしまっちゃいました。
そうなれば今度は、銀行から融資を受けている会社も・・・。
潰れちゃいました・・・(泣)

多くの金融機関・投資家がお金を失い、そして破綻した会社に勤めていた人達が職を失ってしまう。
そんな恐ろしい出来事がリーマン・ショックと呼ばれるものなのです。

リーマン・ショック時の為替相場をチャートで確認!

リーマン・ショックにより、多くの投資家が株式や証券から手を引いたので株の大暴落を招きました。
そのお金はどこに向かったでしょう?
それは日本円です!

経常黒字国である日本は、資産の安全な逃避先としてこぞって円を買い始めたのです。
その結果は円高。
リスク志向型通貨で人気のあるオーストラリアドルも金利を下げたので売られる事になりました。

実際にチャートで見てみましょうね。

trenddmmweekly01

何というか、絶句・・・ですよね。
恐怖って、本能的に人が回避したがる感情なんですよね。
そして恐怖は伝播する。

一旦売られ出したら止まらない!
見ての通りです、滝ですよコレ(笑)
この暴落で退場になった人も沢山いるんでしょうね・・・。
この相場で、もしストップを付けてないと思うと怖すぎます。

この時は怖くてトレードできないって人も多かったみたいですね。
どこまで下がるか分からない恐怖感もありますし、仕方ないですよね。
ホント、暴落相場って怖いです。

こういう超絶チャートを見ると損切りはやっぱりしないといけないな。。。。と感じて頂けると思います。
小さく負けて、大きく勝ちましょうね!

取引コストが安い!&使いやすい!FX業者を2社Pickup!
GMOクリック証券
GMOクリック証券は米ドル円のスプレッド0.3銭原則固定(例外あり)を始め、取扱いのある19通貨ペアの多くが業界最狭水準のスプレッドになっています。 低コスト業者と言ったらGMOクリック証券と言っても過言ではありません! 2016年に取引システムが進化して更に使いやすくなりました!モバイルツールの使いやすさも抜群なので自信を持ってオススメ出来るFX業者です!
gmoクリック証券
外為ジャパン
外為ジャパンは1000通貨から取引可能な会社です。 外為ジャパンは派手な宣伝はしていませんが、約定力&操作性、スプレッドといったそもそものスペックが非常に高いFX業者です。 考えてみれば、スペックが良くないと、そもそも取引を増やそうと思わないですから納得の高水準業者です!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。
最新記事 by FX課長 (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2018 GV inc. All Rights Reserved.