他では絶対に教えてくれないオススメのFX会社を暴露!

比較サイトってどこもイイコトしか書いてなくて眉唾。

うわべだけの情報でFX会社を選ぶコトは絶対にしたくない!


「スプレッド業界最峡水準!」「手数料無料!」「高スワップポイント!」
そんなFX会社の宣伝みたいなお決まりのフレーズにはもう飽き飽き。
FX会社にはそれぞれ特色があって、良いところもあれば悪いところがあるのが当たり前!


良いところしか教えてくれないところにはもうコリゴリ。
FX会社の魅力ばっかり説明されても参考にはならないし、
どのFX業者で口座開設をすれば良いか初心者の人はますます悩むばかりですよね。 


で、FX課長自身にも喝!を入れるつもりで本音トークしちゃってもイイですか?


今までに20社ぐらい口座開設しながらメイン口座を変えてきたんだけど、
この際、良いところも悪いところもひっくるめてFXをはじめるなら
総合的にどこがオススメなのかを本音でお伝えしたいと思います!


資金10万円ぐらいでFXを始めたいとか、スマホだけで取引したいとか、
チャートの勉強もしたいとか、FXをはじめる時は人によって条件はいろいろ。
そういった条件別にFX初心者の人にイチオシの1社もあわせて書いてみたいと思います!


今までのメイン口座の変遷なんかもお伝えしつつ、
実際に使用してきた各FX口座のコトを正直な気持ちで暴露するけど、
FX課長の個人的意見というか、かなり独断と偏見混じり。


でも、はじめてFXをする人の少しでも役に立てればという
気持ちで書いてるのでよかったら参考にして下さい!

FX課長の超個人的なイチオシFX会社を紹介していきます。

少額1000通貨取引ではじめるならイチオシは【外為ジャパン】




情報力は物足りないけど、
初心者にぜひぜひおすすめしたいのが外為ジャパン。

何でかっていうと外為ジャパンは取引ツールとチャートがシンプルだから!
使ってみて感じたのは「シンプル・イズ・ザ・ベスト」ってこのことなんだなってコト。
初心者でも簡単に使える取引ツールがおすすめポイントです!

そして取引ツールが使いやすいだけじゃなく、
1000通貨単位トレードができるのも魅力。

メジャーな取引単位は1万通貨単位ですが、
初心者には1000通貨単位の取引がおすすめです。


1000通貨単になら1万通貨単位での取引に比べて必要な証拠金が十分の一で済むし、
その分「大損しちゃったー!」なんてことも避けられますからね。

外為ジャパンでは取り扱いのある、
全15通貨ペアが1000通貨単位の取引に対応していますし、
手数料もかかりません。初めてFX取引を行う方にはもってこいです。

>>>外為ジャパンでスピード口座開設をする

また実は外為ジャパンは、
業界最狭水準ドル円スプレッド1銭を達成したFX業者として有名なんです。


その後業者間のスプレッド縮小はどんどん進んでいったものの、
その中でも業界でNo.1クラスのスプレッドの狭さを誇っています。

ドル円は0.3円、ユーロ円は0.6円、ユーロドルは0.5円と業界最狭水準。
FX取引を行う上で唯一のコストと言っても過言でもないスプレッド。
そのスプレッドが業界最狭水準で取引できるのはうれしいですね!

ただ一つだけ注意しておきたいのは、デモトレードがないこと。
ほとんどのFX会社ではでもトレードができますが、
外為ジャパンだといきなり実際のお金で取引することになります。


1000通貨単位で取引はできるものの、
やはり「最初から実際のお金を使うのは抵抗がある…」という方は、
他の業者を検討したほうがいいかもしれません。

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 15ペア 1000通貨 無料

※スプレッドはドル円


1万通貨ではじめるならイチオシは【GMOクリック証券】




プレミアチャートがウリのGMOクリック証券。

実際に使ってみれば一目瞭然で、
他のFX会社よりも明らかにチャートが高性能で高機能!


こんなに使いやすく、しかもチャート上から
注文ができる発注システムは群を抜いている感じ。

スマホアプリも使い易くて快適。このアプリのおかげで
どんな場所でも落ち着いて取引できて助かってます!

またGMOクリック証券の口座数や取引高はFX業界トップクラス。
4年連続でFX取引高は世界一だし、FX預かり資産も国内一位になっています。


大切な自己資金を預けるんだし、
GMOクリック証券なら安心できます!

>>>GMOクリック証券でスピード口座開設をする

他にもお客様サポートが24時間対応だったり、
1つの講座でFXから株式まで幅広く投資できたりと様々なメリットがあります。


最近はCFDにも興味を持ってるんですが、
GMOクリック証券なら商品取引もできる会社なのもうれしいですね。

ただ初心者の方は「いきなり1万通貨からはちょっと…1000通貨から取引をはじめたい」という方も多いと思います。

そういう場合には1000通貨で取引できる、
他のFX会社から始めたほうがいいかもしれません。

「1万通貨から取引したい!」という方には、ぜひおすすめしたいFX業者です。

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 19ペア 1万通貨 無料

※スプレッドはドル円




FXをはじめる時は、とりあえずこの2社で十分。
GMOクリック証券も外為ジャパンも、
イラっとするような面倒なツールの設定とか必要ないし。

1万通貨でFXを始めちゃったFX課長だけど、
今からしてみれば初めてのうちは
1000通貨単位の取引しとけば良かったなって思うんですよね。
  
1000通貨なら少ない資金でも低レバレッジで
運用が出来るてリスクを最小限に抑えられるし。

  
それから、FXを始める時は1つだけじゃなくって3社くらいの取引口座を作っておくべき。

複数の口座を作れば各社のいいところ取りを狙えて、
サーバーダウンした時のリスク回避にもなるので。

FX口座開設はどこも無料だから外為ジャパンやGMOクリック証券以外にも
この業者を候補に入れてみるとイイかもしれません!

スプレッドの狭さ文句なしなのは【DMM FX】




スプレッドの狭さがは文句なしですよ。
初心者なら取引を何度も繰り返して腕を磨きたい。

だけどスプレッドが広いとコストがかさむ(怒)
でもDMM FXならそんな心配いらず。

取引ツールもいたってシンプルでいい感じ。

最低取引単位は1万通貨からだけど
取引コストがかからなくて使いやすいFX会社。


またなんといってもDMM.com証券は「みんなが使っている」安心感がある業者です。

2017年7月には口座数が60万件を超え、
FX業者の中では断トツの口座数を誇っています。

デモトレードや取引結果のレポートなど、
様々なメリットもありますし、
初心者に自信をもってオススメできる業者の中の1つです!

DMMのデメリットを上げるとすれば、
情報サービスがあまり充実していないことかもしれません。

もちろん重要な指標や経済ニュースはチェックできますが、
それ以上の情報を集めようとすると、ちょっと不便な印象です。

DMMを選ぶ場合は、トレードの時にチェックする情報があるかどうか、
確かめておくことをおすすめします!

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 20ペア 1万通貨 無料

※スプレッドはドル円


安全性、情報量で選ぶなら【外為ドットコム】





FX会社の財務状態を知りたいなら自己資本規制比率を見ればイイんだけど、
外為どっとコムは常に1000%オーバーで安全性は抜群で、
情報量は他より完全に頭1つ抜けてる感じ。

初心者向けのFXサービスがしっかりしているFX業者です。

今でもファンダメンタル分析する時にココを必ず利用してます。

1000通貨単位取引もできるから初心者にもありがた~いFX会社。

情報収集が目的でも良いのでぜひ活用して欲しいなって思ってます!

ただ指標発表後など相場が荒れた時は、
ちょっと滑りやすい傾向。

約定力重視!という方は、気を付けておいた方がいいです!

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 20ペア 1000通貨 無料

※スプレッドはドル円


チャートの見やすさなら【外為オンライン】




チャートが見やすい外為オンライン。

FX課長もFXを始めた時に利用したけど、
見やすいチャートに助けられましたぁ。

米ドル円のスプレッドは相変わらずの1銭。
ちょっと広めなのが気になるけど。

とは言っても人気の会社には間違いないなので損はないと思います!

1pips固定なのでその分変にレートが広がることもないですしね。

また外為オンラインは、
他のFX業者に比べると情報コラムが数多く掲載されているのもポイントです。


著名なブロガーの相場分析が載った「兵ブロガーの週間相場分析」や、
有料にはなりますが、坂本軍治氏のレポートも見られます!

また「iサイクル注文」といって自動売買にも挑戦できるのもポイントです!

デメリットはやっぱりスプレッドですかねー。

最近はどこもドル円0.3銭というところばかりなので、
やっぱり1銭というのは気になります。

コスト重視!という方は、
他のFX業者を選んだほうがいいかもしれませんね。

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
1.0銭 24ペア 1000通貨 無料

※スプレッドはドル円


約定力なら【LION FX(ヒロセ通商)】





思い通りに約定してくれないとムカムカしてきて超ストレスがたまる~。
でも、約定力が高くてスピードも早いLION FX(ヒロセ通商)なら、
ストレスフリーの取引ができる!


1000通貨単位の取引対応で取引手数料無料。
スプレッドが狭いからコストがかさまなくて済みますよ。

またヒロセ通商で取引できる通貨ペアはなんと50種類。
この通貨ペア数を提供しているFX業者は数えるほど。

かつ主要通貨ペアはもちろん、
他のスプレッドも低めに抑えられているのはヒロセ通商だけです。

他にも円高から急に円安になったときは、
豪ドルを中心としてスワップポイントが高いのも魅力的でしたね。

もう一点注目しておきたいポイントが、「NDD方式」。
NDD方式(インターバンク市場直結型)とは、
FX会社を介さずに複数のカバー先金融機関が提示する為替レートで取引を行う方式です。


海外では主流な取引なのですが、日本ではかなり限られていて、
ヒロセ通商はNDD方式を採用している業者の一つです。

他にはセントラル短資FXのウルトラFXなんかもありますね。

為替レートの決定方法にはカバー取引やDD方式など様々な方法がありますが、
FX会社が介入することがないので、透明性の高いレートでトレードできるのがポイントです。


デメリットは、取引ツールがちょっと重いこと。

Javaを使っている取引ツールはどれもそうなのですが、
サクサクっと取り引きしたいという方は、ストレスになるかもしれません。

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 50ペア 1000通貨 無料

※スプレッドはドル円


小さな取引単位で勝負するなら【SBIFXトレード】




「FXは初めてだから、実際にお金を使った取引はできるだけ小さな単位でトレードしたい…」って思うこと結構ありますよね。

一番最初に外為オンラインでFXを始めてから
口座開設したFX各社は早や20社超え。

そんな時におすすめなのがSBIFXトレード。
SBI FXトレードの取引条件と取引単位はなんと1通貨単位から!

ドル円でいうと1通貨は100円ですから、
レバレッジを最大の25倍使ったとすると、
必要証拠金が4円あれば為替取引できるということになります。

「1通貨のトレードなんて必要?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし初心者の方は最初から1万通貨単位でトレードするのはなかなか怖さを感じるもの。

1通貨からトレードできるのであれば必要証拠金もさほど必要になりませんし、
少額で取引をしてトレードの感覚をつかんでいくこともできます。

またSBIFXトレードは約定力が高いのもポイント。

成り行き注文もサクサク入りますし、大きなスリッページも発生しないと評判です。

スキャルピングやデイトレードなど、
短期間の取引をメインにしようとしている方はぜひ注目してほしいポイントです。

ただ一つ注意しておきたいのは、「変動スプレッド制」を取っていること。

SBIの変動スプレッド制の場合、ドル円の場合1~1万通貨までは0.27銭、
1万通貨から50万通貨までは0.29銭となっています。

50万通貨から100万通貨になるとスプレッドは0.48銭になり、
他の業者よりもスプレッドが大きくなってしまうこともあるのです。

最初から50万通貨以上で取引をする方はさほど多くないと思いますが、

上級トレーダーになって枚数が大きくなれば大きくなるほど、
スプレッドが徐々に広がっていくことについてはよく覚えておきましょう。

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 26ペア 1通貨 無料

※スプレッドはドル円


スマホの取引がメインなら【YJFX】




YJFXはヤフーグループに属しているFX証券会社で、スプレッドも狭く、
1000通貨単位での取引が可能、と初心者の方にはもってこいのFX業者です!


その中でもおすすめのポイントがスマホでの取引ツール「Cymo」。
スマートフォン版はもちろん、iPad版やデスクトップ版も用意されています。

チャートを見ながら発注できるので、画面をあちこち移動させることもありませんし、
サクサクオーダーが通るのもメリットです。

このころ手持ちの銀行口座でインターネットバンキングの契約をして、
クイック入金サービスを利用するようになりました。

クイック入金サービスはオンラインですぐFX口座に入金できるサービス。
日頃は銀行振り込みだったので、とっても楽になりました!

あとMT4が見られるのも結構魅力です。
最近はMT4が使えるのは楽天証券とか数社しかないので…。

デメリットは早朝や急変時にスプレッドが拡大しやすいこと。

東京時間でもドル円のスプレッドが2.4まで拡大することがあります。

月曜の穴埋めトレードをされている方には、あんまりおすすめできない業者です。

スマホでのFXをメインにされたい方は、ぜひYJFXを検討してみてください!

スプレッド 通過ペア 取引単位 手数料
0.3銭 22ペア 1000通過 無料

※スプレッドはドル円


3年間の歴史! FX課長のメイン口座の変遷とひと口コメント

一番最初に外為オンラインでFXを始めてから
口座開設したFX各社は早や20社超え。
  
では、どんなふうにメイン口座が変ってきたかと言いますと・・・

2010年:外為オンライン
人気口座で美人なイメージガールに魅かれ、とりあえずココでFX開始!
スプレッドがちょっと広めなのがイマイチなとこ。


2010年:外為どっとコム
お恥ずかしい話、最初でいきなり資金の大半が消えてしまいまして。。。
こりゃマズイ!と思って低レバレッジのリハビリと称し1000通貨取引で
FXにジックリ取り組み直すコトに。で、選んだのが外為どっとコム。
情報力No.1って言われてるけどダテじゃないんだなぁって実感したし、
色々な取引方法を勉強できましたよ。その甲斐あって取引方法を学べました。
とはいっても、FX課長が取引初めてからはそんなコト1度もないのでご安心を。


2011年:LION FX(ヒロセ通商)
1000通貨取引ができる上に約定力も超優秀なFX会社ですね。
取引ツールの操作マニュアルはキャプチャー画像がけっこう大きくて読みやすい!
マニュアルで業者の良し悪しを決めるなんてできないので参考までに。
スプレッドは狭いんだけど、狭い業者にありがちなスワップポイントの低さがイマイチな点。
主要通貨のスワップポイントはもう少し頑張ってほしいなぁ。。。


2012年:外為ジャパン
1000通貨取引ができる外為ジャパン。
シンプルな取引ツールとチャートが良かった。
スマホも操作しやすくて良かったけど、ココは情報面が普通すぎ。。。
情報収集はヒロセの時も外為どっとコムを活用してたので
大した問題ではないんですけど。一応。

2012年:DMM FX
スプレッドが低くて、
しかも取引ツールが使いやすかった~。約定も普通にしてくれるし。
DMMって情報系にもっと力を入れてくれるとなお良し!
なんだけどそれ以外は気になるところナシ。
他のFX会社は買いスワップと売りスワップの合計がマイナスになるようになってるけど、
ココは買いスワップと売りスワップが同じ。そんなところも魅力の1つですよ。
電話は24時間対応なのでサポート体制万全!

2013年:GMOクリック証券
今のメイン口座。スマホアプリ優秀でチャート性能や注文機能が抜群。
初心者から上級者まで幅広く支持されてるのは、好みや経験に合わせたツール選びが
出来るからじゃないかな。

2014年:SBIFXトレード
約定力の高さに惹かれて口座開設したのがSBIFXトレード。
変動スプレッド制とはいえ、しっかり約定してくれるので安心して使えるFX業者でした。
小さい単位から取引できるので、まわりで「FXをはじめたい!」という人にはSBIFXトレードをオススメしてます!

2015年:YJFX
パソコンメインだったFX課長のトレードも徐々にスマホメインになってきたころ。
なんとなくこれまでのFX業者のアプリは使いづらくて、いろいろ調べた結果、YJFXに決めました。
直観的に操作できるところが気に入ってます!

【FX課長が独断と偏見で選んだイケてるFX会社】記事一覧

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

follow us in feedly

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2018 GV inc. All Rights Reserved.