実際に取引してみた使用感を暴露!GMOクリック証券の本音の感想と評価

【GMOクリック証券の評価ポイント】総合評価:

 

GMOクリック証券の魅力とは?

GMOクリック証券の魅力を一言で表すと、
やはり「取引コストが激安!」です。

FXに慣れた人、頻繁にFXの取引をしている人、
FXの短期売買で荒稼ぎしている人…

つまりFXの中上級者ほど、
「いろいろ試したけど、GMOクリック証券のFXネオがやっぱり一番」という“結論”に達しているように思えます!

GMOクリック証券なら、
FXだけでなく、株や投資信託、日経225先物やくりっく365など、
さまざまな金融商品への投資も1つの口座内で簡単に行えて、
しかも、すべての手数料が業界最安値水準。


僕個人の感想をいうと、
「FXや株など幅広く投資でお金を稼ぐなら、GMOクリック証券に口座開設しないと始まらない!」
という使い勝手のよさが一番の魅力なんです。

なぜGMOクリック証券がこんなにも人気が高いのか?

どうして、FXで好成績を収めて、頻繁に売買している中上級者ほど、
GMOクリック証券で取引しているのか?

「これからFXを始めたい!」という初心者の方にもぜひ、
ぜひ、GMOクリック証券が多くの投資家から
愛用されるワケを知ってもらいたいので、
同社の魅力を徹底解説していきましょう!

GMOクリック証券ってどんな会社?

FX会社は非上場会社が多いんですが、
GMOクリック証券(関東財務局長(金商)第77号)は、
GMOフィナンシャルホールディング会社という、
れっきとした上場会社の傘下にあるので安心です。

やっぱり上場会社の場合、
非常に厳しい会計基準やコンプライアンスが求められるので、
安心して大切な資金を預けることができますね。

安全で、経営基盤的にまったく問題のないGMOクリック証券

GMOクリック証券は2005年10月に設立された証券会社で、
翌06年10月からFXの取引サービス「FXネオ」を開始しています。
資本金は単体で43億4666万3925円。

また、経営基盤がどれぐらい盤石かを示した、
自己資本規制比率は470.1%(17年9月末時点)。

120%以上なきゃダメ!という法的な基準をらくらく クリアしてます。

簡単に言うと、
「お金を預けてもまったく問題のないFX会社」といって間違いないでしょう。

顧客資金の分別管理も厳密に行われている

FX会社は、金融商品取引法に基づいて、
顧客が入金した証拠金を自社の財産と厳密に区分して、管理することが義務づけられています。

顧客の資金と自社資金をごちゃまぜに管理していたら、
FX会社が破たんしたとき に、
僕ら投資家のお金が戻ってこない危険性があるので、
顧客資金の分別管理は当然の義務です。

GMOクリック証券の場合、僕たちの投資資金を、
三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行
と顧客区分管理の信託契約を結んで、厳密に区別して管理しています。

もしGMOクリック証券が破たんしても、
僕らのお金は上記の銀行から全額、
直接返還されることになるのも安心ですね。

GMOクリック証券最強の理由は世界一の取引高にあり

GMOクリック証券の17年10月時点の口座数は50万7426口座。

GMOクリック証券の口座数は、
17年7月に60万口座を突破したDMM.com証券に続く業界2位です。

ただし、DMM.com証券の口座数は、
傘下の DMM FXと外為ジャパンの口座を合算したもの。

単独のFX会社としては、
GMOクリック証券の口座数が最大といってもいいでしょう。


さらに、GMOクリック証券がFX業界の“王者”と呼ばれる理由は、
同社のFX年間取引高が2012年~2016年まで5年連続で世界No.1だから。

これはすごい! とにかく、すごいです!
2016年1年間の総取引高はなんと1289兆6813億円!

日本の2016年の名目GDPが537兆円ですから、
その2倍以上に達しているんです!

直近の2017年10月の月間取引高も73兆1683億円と、
毎月途方もない金額の取引が行われています。

まさに、世界中の投資家からも一目置かれるモンスター級のFX会社なんですね!

口座数2位。だからこそ口座稼働率の高さが際立つ!

ちなみに口座数ではNo.1のDMM.com証券の、2016年 の売買代金は総額890兆円で、
3位のヒロセ通商が384.5兆円しかないので、
今のFX業界ではGMOvsDMMというダントツの2強がシノギを削っていることになります。

しかし、口座数では負けているのに取引高はDMM.com証券の約1.5倍ということは、
GMOクリック証券に口座開設した投資家のほうが頻繁に、
世界一アクティブに、活発に取引しているってこと。


口座稼働率が高いのは、
やはりGMOクリック証券の取引コストが安くて、
ついついたくさん取引してしまいがちだから。

つまり、それぐらいサービスが充実していることの証しでもあります。

FX投資家たるもの、
さすがに負けが込んだら自然と取引量は落ちてしまいます。

ということは、
GMOクリック証券を利用している投資家には“FXの勝ち組”が多いということ。

日々、FXで利益を上げ続けているから取引量もぐんぐん増えて、
GMOクリック証券の取引高が6年間もずっと世界一の座に君臨できている、
というわけなんですね!

また、巨額な取引高は日々膨大な取引をさばけるだけのシステムの強固さや、
業界 随一の約定力の高さなど、
快適で安全な取引環境が整備されていることの証しでもあります。

今、口座開設するとこんなキャンペーンも!!

GMOクリック証券は太っ腹な口座開設キャンペーンを行うことでも有名です。

現在は、「FXネオ」の口座を新規開設した月から2ヵ月後までに、
100万通貨以上500万通貨までの取引を行なえば3000円。

取引通貨量に応じてキャッシュバック額が上がっていき、
2500万通貨以上の取引をしたら、
最大3万円キャッシュバックというキャンペーンが行われています 。
(2017年5月1日開始 終了日未定)

GMOクリック証券が“最強”といえる5つのポイント

まさにFX業界の覇者、巨人、王者的なGMOクリック証券ですが、
その魅力を5つのポイントで詳しく解説しましょう。

1.業界最狭スプレッドで取引コストが安い

格闘家にとって一番の称号は「最強」ですが、
FX会社にとって最高の誉め言葉は「業界最“狭”」
“狭い”ことがFX会社選びの最大の決め手なんです!


と言っても、FX未経験者には「狭いのがどうして褒め言葉なの?」と
疑問に思われる方が多いでしょう。

何が狭いかというと、
FX会社が提示する通貨ペアの買値と売値の差(「スプレッド」といいます)が最“狭”だということ。

スプレッドが狭いというのは、
「お客様になるべく安いレートで通貨を買っていただき、なるべく高いレートで通貨を買い取らせていただく」
という顧客奉仕の精神の表れです。

FX会社一番の収益源は、通貨を高く売って安く買い取ることに尽きます。

スプレッドをなるべく広くして値幅(サヤ)を稼ぐことが
FX会社の利益に直結するにもかかわらず、逆に 自分たちの儲けを最大限、
顧客に還元する姿勢が一番鮮明に表れるのが、「スプレッドの狭さ」

GMOクリック証券がここまで口座数を伸ばし、
世界一の取引高を6年連続も達成できた最大の理由は、
やっぱり、ダントツといっていい、
業界最“狭”レベルのスプレッドの狭さにあるんです!


取引コストが他社に比べて非常に安いからこそ、
多くの顧客がGMOクリック証券で取引。

結果として、
FX取引高世界No.1の座に君臨し続けることができる、
という好循環が続いているわけなんですね~。

■ドル円で0.3銭。他社が決して追い越せない最“狭”ぶり

GMOクリック証券では合計19種類の通貨ペアを取引できますが、
そのほとんどすべてで、
業界トップクラスのスプレッドの狭さを誇っています。

各通貨ペアの買値と売値の差(スプレッド)は、
米ドル円で0.3銭、ユーロ円で0.5銭、ポンド円で1.0銭、豪ドル円で0.7銭、NZドル円で1.2銭、カナダドル円で1.7銭、スイスフラン円で1.8銭、ランド円で1.3銭、ユーロドルで0.4pips、
で、しかも原則固定。

他のFX会社も対抗策として、
GMOクリック証券 のスプレッドと同額程度まではスプレッドを狭めていますが、
GMOクリック証券を上回る狭さまでは踏み込めていません。 

取引コストの面では圧倒的にGMOクリック証券が有利なんです。

中上級者の中には、複数のFX会社に口座を開設して、
各社各様の取引ツールやニュースなどの情報を無料でゲットしつつ、
結局、取引自体は一番安くて売買しやすいMOクリック証券で行う、
という“裏技”が一般的になっているほど。

とにかく、
「コーヒーはスタバ、ハンバーガーはマクドナルド、
FXの取引はGMO クリック証券」って感じの“定番的な存在感”を存分に発揮しているのが、
GMOクリック証券 なんですね!

2.スワップポイントも高水準で大満足

FXの投資家には、
為替レートの短期的な値動きを追って頻繁に売買を繰り返す短期売買派と、
いったん取引したら長期間、そのポジションを保有して、
外貨と日本円の金利差を狙うスワップポイント派の2つの流派があります。

スワップポイント狙いの場合、頻繁に取引しないので、
スプレッドが多少広くて取引コストがちょっと割高でもあまり問題ではありません。

一番大切なのは、
FX取引で日々もらえる「スワップポイント」という金利収入が高いか安いか!

スプレッドが狭くて取引コストの安い会社は往々にして、
スワップポイントが低めに設定されているケースが多いもの。

その点、GMOクリック証券は、スワップポイントも非常に高水準を維持しており、
特に最も大量に売買される超人気通貨の米ドル円のスワップポイントの高さが目を引きます。


■ドル円の金利は業界最高。高金利通貨も十分高い!

たとえば、19年11月11日時点のドル/円のスワップポイントを比較すると、
ほかの大手FX会社に比べるとかなり高水準を維持しているのでお得感満点です!

GMOクリック証券 DMM FX 外為ジャパン 外為どっとコム 外為オンライン
37 29 29 36 30

※単位は円(1万通貨単位のスワップポイント)
外為どっとコムは11日金曜日に土日も含めた3日分のスワップが付与されるため、
3分の1の1日分に換算して表示。外為オンラインは11月13日(月曜日)時点のスワップポイント。

3.高性能取引ツールが無料で抜群に使いやすい

GMOクリック証券は6年連続世界一の取引高を誇るFX会社。

6年連続世界一の取引高が 何を意味するかというと、
PCでもスマホでも自由自在に取引ができる高性能取引ツールが完備されていて、
抜群に使いやすいということ。

PCを使った取引では、
なんと4つのツールから自由自在にFX取引をすることが可能です。


最も基本的なのは、
GMOクリック証券の口座にホームページ上からログインして、
ブラウザ上で取引する形。



図のような画面で、為替レートの2WAYプライスを見ながら、
素早い取引が可能です。

■「はっちゅう君FXブラス」なら500万通貨の注文も可能
GMOのマスコットキャラは「はっちゅう君」というネズミ。
その名前を冠した「はっちゅう君FXブラス」というオラクル社のJavaで動く取引ツールでも取引できます。



図のような画面の「はっちゅう君FXプラス」には、
頻繁に取引を行なうアクティブトレーダー向けに、
約定スピードが従来比6倍の「Exモード*」が用意されているので、
秒速分速で大量の取引を行なう超短期売買も自由自在です。


取引に必要な機能をフリーレイアウトで自由にカスタマイズでき、
また1クリックで即時注文が可能な「スピード注文」も搭載されています。

チャート画面を表示させたうえで、チャート上からスピード注文を行なったり、
その注文レートの変更もできる優れものです。

■「プラチナチャートプラス」ならテクニカル分析も自由自在



アドビ社のFlashPLayerを使った取引ツール「プラチナチャートプラス」という高機能FXソフトも完備。こちらは、
なんと36種類の指標や25種類の描画ツールを使ったテクニカル分析が可能です。

最大16の通貨ぺアのチャートを同時に表示したり、
チャート上のニュースフラグをクリックすると、
どんなニュースのせいでチャート上の値動きが起こったかがわかるなど、
非常に高精度な分析を行えます。

まさにFXを学問、研究、分析の対象にして儲けを狙うような、
“学者肌”のFXトレーダーには打ってつけのツールといえるでしょう。

さらに、パソコンのツールバーに為替レートを表示させ、
簡単&お手軽、スピーディに取引できる「FXツールバー」も用意されています。


このツールバーをインストールしちゃえば、たとえば会社のPCなんかでも、
仕事をやりながら、為替レートの変動や経済指標の発表、
ニュース配信などをこまめにチェックできちゃいます(笑)

当然、自宅なんかでネットサーフィンしながら、
“ながらFX”の取引を楽しむのにも最適なツールです!

■スマホアプリ「FX プラス」「iClickFXネオプラス」の実力



さらに、FX業界の中でもかなり早いうちから提供されてきた、
スマホ向けの取引アプリの充実ぶりもすごいです!

アンドロイド端末向けの「FXroIDプラス」、
iPhone向けの「iClickFXネオプラス」というアプリを使った取引ツールも完全無料で利用できます。


スマホのアプリというと、画面が小さくて機能が絞られたものも多いんですが、「FXroIDプラス」、
「iClickFXネオプラス」はトレンド系5種、オシレーター系4種とチャート機能もPC並みに充実。
※ iPhoneアプリの「GMO-FX DASH」は2017年11月6日に新規ダウンロードが停止になりました。

会社でも通勤途中でも食事中でもデート中(!?)でも、
為替相場の“今”を眺めながら、取引画面の買値(赤)、
売値(青)を1タップするだけで新規・決済・ドテン売買・同一通貨の全決済注文などスピード注文を発注できます。

サラリーマン兼業トレーダーの僕も「通勤電車内でFX」「昼休み中にFX」を日々、実践中。

禁断の「会社のトイレにこもってFX」「会議中にFX」も!?
決してオススメはしませんが(笑)、十二分に可能です!

とにかく無料で使える取引ツールの充実ぶりも、GMOクリック証券 の大きな魅力といえるでしょう。

4.約定力が高くシステムが強い

何度も繰り返しますが、6年連続取引高世界一を誇るGMOクリック証券。

それはすなわち、世界一、約定力が高く、
世界一、システムが強くて、
世界一サーバーダウンなどの障害と最も無縁なことを意味します。


先ほど紹介した取引ソフト「はっちゅう君FXプラス」には約定スピードが従来の6倍の「Exモード*」が用意されています。

このモードで取引すると、なんと最大500万通貨の注文も一度に発注できて、
らくらく約定してしまうことができるんです。


通常注文では最大100万通貨ですが、
その5倍の500万通貨といえば、1ドル100円としても米ドル円で総額5億円相当の取引になります。

そんな巨額の取引をしかも通常の6倍の速さで約定させる、
なんて、まさに“サーカスの曲芸”レベルの早ワザ。

ネットのインフラ構築ビジネスを手がけるGMOインターネットが親会社だけあって、
システムの強固さと約定力の高さはハンパではありません。

だからこそ、年間1200兆円レベルの売買をさばくことができるわけです。

■強固なシステムでスリッページも極小!

当然、FXの注文が不利な方向に滑ってしまう「スリッページ」の発生も少なく、
たとえ滑っても他社に比べて値幅的には非常に小さい滑りで済みます。


相場急変動時にはスリッページを「0」にした2WAY注文を発注すると、
「全然、約定しないぞ~!」ってことがよく起こるんですが、
GMOクリック証券なら数回、
クリックorタップするだけでかなりらくらく約定してしまいます。

僕自身、何度、GMOクリックの約定力で相場急変動の窮地を救われたことかっ!

5.平日24時間電話サポートで安心

FX初心者の 頃は、
やはり電話でのサポートがしっかりしている会社が心強いもの。

低コストを謳ったFX会社の場合、
なるべく人件費を抑えるためにカスタマーサポートがあまり充実していないケースも多いんです。

でも、そこは天下の上場会社で、
しかも世界No.1の取引高を誇るだけあり、お客様対応もぬかりなし!


平日は24時間電話サポートが受けられ、
毎週更新されるコールセンターの着信状況を見ても、大半の時間帯で電話受付率は95%以上。

85%以下の時間はまったくないという万全のサポート体制になっています。

24時間取引が行えるFXの場合、
深夜や未明の取引でも急にサポートを受けたい! ということもよく起こります。

そんな“非常識”な時間帯のほうが、
逆に受付率95%超のサポートを受けられるのも、
やっぱりGMOクリック証券のフトコロの深さといえるんでしょうね~!

■コールセンターの対応やWebサポートで三つ星評価

ちなみに、GMOクリック証券の電話サポートは、
サポートサービス業界における世界最大のメンバーシップ団体であるHDIの日本支部から、
コールセンターの対応を評価する「問合せ窓口格付け」、
Webサイトを評価する「Webサポート格付け」で、国内最高評価となる「三つ星」を獲得。

まさに、誰もが認めるサポート力の高さですね!

無料デモトレードもとても充実している!

やっぱり、FXの売買って“経験”や“実体験”がモノをいう世界。

デモトレードでいろいろな投資手法を試してみて、
コツをつかんだうえで大切なお金を実際に賭けて取引したほうが、
成績も格段に向上するものです。

GMOクリック証券のFXネオもデモ口座を使った取引を完全無料で行えるので、
本番の実戦トレードを前に練習を重ねて “FX力“を高めるには持ってこい。


無料デモトレードでも、PC用の取引ソフト「はっちゅう君FXプラス」や、
チャート描画の多機能ソフト「プラチナチャートプラス」が自由自在に使えます。

GMOクリック証券に口座開設しよう!

GMOクリック証券で口座開設する利点は、
●「ダントツの業界最安値」といえる低コストでFX取引ができる
●6年連続世界一の取引高を誇り、約定力も抜群。スリッページも極小
●パソコンでもスマホでも高機能の取引ツールが無料で使い放題

といった点にあります。
今すぐGMOクリック証券で取引したい人は、いよいよ口座開設になります。

GMOクリック証券のFX専用口座の開設手続きは、
●申し込みに必要な入力画面はたった1ページ
●わずか3分ほどで申込が完了
●最短で2日後には取引を開始できる
という、極めて簡単かつスピーディなもの。
GMOクリック証券のホームページにアクセスして、
「口座開設(無料)はこちらから」というボタンを押して、
ガイダンスに従って進めば、誰でもすぐに開設できます。

FX専用口座ならたった2日で取引開始できる

FXの口座開設には、2016年以降、マイナンバーの提出が必要になっています。
そのため、運転免許証やパスポート、
健康保険証などの本人確認書類に加えてマイナンバーの通知カードのコピー画像を提出する必要があります。

顔写真入りの個人番号カードなら、本人確認も兼ねるので1枚でOK。
口座開設を申し込んだあと、FX専用口座なら2営業日で取引ができます。

身分証明書は郵送や電子メールでの送信も可能ですが、
スキャナーやスマホのカメラを使ってキャプチャーしたデータをWeb上にアップロードする方法が、
最も簡単かつ最速で口座開設できる方法になります。

入金はネット銀行からの即時入金が便利&お得

無事、口座開設が終わって、ログインIDが送られてきたら、いざ入金!
もしネット銀行に口座を開設していなかったら、
これを機会に預金金利が高くて、
振り込み手数料やATM引き出し手数料が無料になる特典もある、
ネット銀行にも口座を開設してしまいましょう。

というのも多くのFX会社では、提携するネット銀行経由の「即時入金」サービスを使うと、
振込手数料無料で即座に入金できるから です。


GMOクリック証券の場合、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、メガバンク3社のインターネット口座など多数のネット銀行から即時入金サービスを利用できます。

振込手数料もかからず、営業日の9:00~14:30の間なら、
即時に口座残高に反映されて取引にも使えるのでたいへん便利です。

むろん、 即時入金サービス以外にも 口座開設の際に、
GMOクリック証券が指定した「お客様専用の入金用専用口座」に振込入金することも可能です。

この場合、入金の手数料は投資家が負担することに
(出金手数料はGMOクリック証券が負担)。

GMOクリック証券で「目指せ!FX長者」

さぁ、思い立ったが吉日!

とにかくGMOクリック証券は手数料の安さ、
金融商品の品ぞろえの豊富さ、スマホを使った取引のしやすさなど、
どれをとってもピカイチ。

世界No.1の取引高を存分に味わい、FXの醍醐味を体感したいなら、
GMOクリック証券で決まりです!

口座開設手数料は無料なので、FXに興味があるのなら、
いますぐGMOクリック証券に口座開設して、絶対損はしませんよ!

GMOクリック証券口座開設、お申込みはWEBで完結!

GMOクリック証券口座

【口座開設にかかった時間】
手続きの手軽さ総合評価:★★★★★
口座開設申込にかかった時間:約3分
取引開始までにかった日数:2日

公式サイトに書いてある「最短3分で申込み完了」通りの入力でした!
申込み手続きの入力方法はいたってシンプル。個人情報の記入とチェックボックスにチェックを入れ、投資についての質問に数値を記載して終わり。
本人確認書類はアップロードが一番手軽に出来る方法だと思います。もちろんメールでもOK。
『おおっ、これは親切』と思ったのは、口座開設申し込み後~開設が完了するまでの手続きや審査状況を確認できる「口座開設ナビ」という専用ページ。口座開設申込み受付メールに記載の「口座開設ナビ」ログイン情報にアクセスすると、今どんな状況なのかがすぐわかります!親切!

基本情報

取引手数料 取引単位 通貨ペア数 初回入金
無料 1万通貨 19 設定なし
米ドル円スプレッド マージンコールライン ロスカットライン 年齢制限
0.3銭(原則固定) 証拠金維持率50%以上~100%未満 証拠金維持率50%未満 満20歳以上80歳以下

 

スプレッドとスワップポイント

●各データは2017年11月28日時点のものです。

スプレッド情報

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭(原則固定) 0.5銭(原則固定) 1.0銭(原則固定) 0.7銭(原則固定)
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 南ア・ランド/円
1.2銭(原則固定) 1.7銭(原則固定) 1.8銭(原則固定) 1.3銭(原則固定)

スワップ情報 ※1万通貨保有時に受け取れる1日あたりのスワップポイント

ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 南ア・ランド/円 トルコリラ/円
32円 -15円 15円 28円 36円 70円 80円

 

主な通貨ペア

通貨ペア情報

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 カナダドル/円
スイスフラン/円 南ア・ランド/円 トルコリラ/円 中国元/円 メキシコペソ/円 ポンド/ドル
ユーロ/ドル ドル/カナダドル ドル/スイスフラン ポンド/スイスフラン ユーロ/ポンド 豪ドル/ドル

 

取引機能

注文機能

成行 指値 逆指値 IFD OCO IFO トレール 両建
×

対応スマートフォン・モバイル情報

iPhone Android docomo au softbank

 

サービスと会社概要

サービス情報

デモトレード クイック入金 無料セミナー 無料レポート 電話サポート
平日24時間サポート

会社概要その他

社名 GMOクリック証券株式会社
金融庁登録番号 関東財務局長(金商)第77号
資本金 43億4,666万3,925円
自己資本規制比率 470.1%(2017年9月末)
口座数 50.2万口座 (2017年9月末)
信託保全 三井住友銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行、日証金信託銀行
上場 GMOインターネット株式会社(東証1部【9449】)
キャンペーン 「FXネオ」の口座開設+100万~2500万通貨取引まで段階的に最大30,000円キャッシュバック実施中
(2017年5月1日(月)~)

 

 

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.