• 場合によっては通貨ペア選びが勝敗を決める事も…
  • 初心者だからこそトレードしやすい通貨ペアを選ぼう!
  • 通貨ペアの特徴を十分に知ってから売買しよう!

口座開設をして入金をしたあとは、
いよいよ取引開始ですね!取引をするには、
まずは通貨ペアを選ぶ必要があります。

そもそも「通貨ペアって?」と戸惑っている人に、
わかりやすく解説をしていきますので、
通貨ペアの選び方について学んでいきましょう。

通貨ペアの種類や特徴、
FX業者で扱っている通貨ペアについて説明していきますので、
参考にしながら自分に合った通貨ペアを見つけてくださいね。

初心者にオススメな代表6つの通貨ペアランキング

流通量が多く、
代表的な通貨ペアとなっている6つの通貨ペアについて説明していきますね。

多くのFX業者で流通していて、
通貨ペアのランキング上位に入っている、
取引しやすい通貨ペアなんですよ!

取引量が多く、人気の高い通貨ペアの特徴は、
何といっても安定した動きをすることでしょう。


世界中の多くの人が売買するので、
何事もなければ穏やかな動きで売買しやすくなります。

手軽に売買しやすいのが人気となっている理由なんですよね。

では、代表的な各通貨ペアについて、
特徴などを見ていきましょう。

代表的な通貨ペアランキング

1位 米ドル/円

FX業者で最も多くFX取引をされているのが、
米ドル円の通貨ペアです。

アメリカで流通している通貨、
米ドルをFX業者を通じて、日本円で売買することです。

世界経済のニュースでたびたび報道される為替情報ですが、
米ドル円の話題をよく耳にすることはありませんか?

たびたびニュースで、米ドル円が報じられ話題になるほど、
とても有名な通貨ペアなんです!

2位 ユーロ/円

ユーロ円は、ヨーロッパ諸国で流通している通貨であるユーロをFX業者で、
日本円を使って売買する通貨ペアのことです。

米ドル円の次に有名な取引量の多い通貨ペアがユーロ円で、
FX業者で人気があります。

「ユーロって何だろ?」という人へ簡単に説明をすると、
通貨の流通量を増やすために、
欧州連合加盟国が作った通貨がユーロなんです。

現在では25カ国もユーロを使用している国があるんですよ。

3位 ポンド/円

ポンド円のポンドは、イギリスで流通している通貨で、
通貨ペアの中では最も高値で取引されている通貨ペアです。

ポンドは伝統あるイギリスの通貨で、
もとから高値で取引されている通貨なので、
最も高い通貨なのも納得ですね!

特徴としては、値動きが激しいときもあるため、
殺人通貨と呼ばれています。

有名な通貨ではありますが、
高値であるがゆえに米ドル円やユーロ円と比べると、
やや取引量は落ちます。
ですが、人気のある通貨ペアであることには違いありません。

4位 豪ドル/円

豪ドル円の豪ドルは、
オセアニア州にあるオーストラリアで流通している通貨です。

資源が豊かな国オーストラリアの通貨ということで、
安心感のある通貨としても知られています。

安値でFX取引されているというのも、
人気のポイントなんですよ。

米ドル円やユーロ円の通貨ペアほどは多くはないにしても、
安値で買いやすく、
動きも穏やかなので人気があります。

5位 NZドル/円

NZドル円のNドルは、
オーストラリアと同じオセアニア州にあるニュージーランドで、
流通している通貨です。

こちらは豪ドル円と比べると取引量は少し落ちますが、
豪ドル円と同様に穏やかな動きで、
安値でFX取引ができるので、人気のある通貨ペアとなっています。

少ない資金で始めるときは、
NZドル円の通貨ペアで考えてみても良いかもしれませんね!

6位 ユーロ/ドル

ユーロドルは一番人気の米ドルと、
次点で人気のあるユーロとの通貨ペアです。

どちらも流通量の多い通貨同士のペアなので、
比較的落ち着いた動きをしてくれます。
取引しやすい通貨ペアとも言えますね。

ユーロドルと聞いて、「ユーロドルって日本で取引できるの?」と、
疑問に思った人はいませんか?

簡単に説明をすると日本円からドルを買い、
買ったドルでユーロを買うという仕組みで買えます。

少しややこしく感じますが、
単純に考えていきましょう。

日本のFX業者でもメジャーな取引通貨ペアなので、
安心してFX取引可能なんですよ!

取扱通貨ペア数で比較したFX業者

なぜ取扱通貨ペア数を知る必要があるのか?ですが、
簡単に説明すると、一般的な流通量の多い通貨ペアは、
ほぼすべてのFX業者で取り扱っていますが、あまり一般的ではない通貨ペアの場合は、
取り扱っていない通貨ペアもあります。

相場の動きによっては、
代表的な通貨ペア以外が最適なときもあるので、
いざというときに取引できない可能性もあるんです。

たとえば、数分~数十分でFX取引を完了させるスキャルピング
を狙うときは、動きが激しい通貨ペアが適しています。

FX業者によってどの通貨ペアを取り扱っているのかを事前に知っておくことも、
通貨ペアの選び方として大切な要素なんですよね。


実際にFX業者で取り扱っている通貨ペア数について、
代表的なFX業者を挙げながらポイントなどを踏まえて見ていきましょう!

GMOクリック証券

GMOクリック証券の「FXネオ」は、最高水準のスワップポイント、
取引手数料無料、安心の信託保全というサービスがあります。

FX取引をするのに大切なスプレッドも小さく、
FX取引がしやすいですよ。


ほかにはITシステムのプロがサーバーを管理しているので、
不本意な約定や資産管理の不合理なども不安なくFX取引ができます。
しっかりした運営で安心ですね!

あとはデモトレードも体験できますので、
初心者でも安心!取扱通貨ペアに関しては、「FXネオ」では、
現在19の通貨ペアがあります。

代表的な通貨ペア以外では、スイスフラン/円(CHF/JPY)、
トルコリラ/円(TRY/JPY)、
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、
カナダドル/円(CAD/JPY)、
ユーロ/ポンド(EUR/GBP)など、
マイナー通貨ペアからメジャー通貨を取り扱っています。

DMM FX

DMM FXの特徴は、
何といっても各手続きの手数料無料というポイントです。

「出金手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、
ロスカット手数料、口座開設手数料」がすべて無料となっています。

安心安全面でもしっかりとした体制が整っていて、
FX取引をするのに最適な環境です。

初心者にはうれしいデモトレードサービスも完備!安心安全面では、
「日証金信託銀行株式会社、株式会社SMBC信託銀行、FXクリアリング信託株式会社」へ信託保全されているので、
安心して資金を預けておけます。


DMM FXでは、現在、20の通貨ペアを取り扱っています。

ヨーロッパや北米の通貨を中心とした通貨ペアがそろっていて、
有名な国がそろっているだけで安心できるというものです。

ヒロセ通商

ヒロセ通商の「Lion FX」は、業界最小スプレッドの0.3円となっており、
「三井住友銀行」に100%の信託保全をしているFX業者です。

「Lion FX」でも、デモトレードサービスがきちんとあるので、
初心者でも安心です。

ほかには取引通貨単位が、
1,000単位からの取引ができます。あと特筆すべきは、
取扱っている通貨ペアの多さで、何と50種類も!


なかなかほかのFX業者では見られない、
香港絡みの「香港ドル/日本円(HKD/JPY)」や「アメリカドル/香港ドル(USD/HKD)」の通貨ペアが珍しいところです。

あとは「スウェーデンクローナ/日本円(SEK/JPY)」や「アメリカドル/ハンガリーフォリント(USD/HUF)」など珍しい通貨ペアがたくさんあります。

いろいろな通貨ペアを試してみたいときは、「Lion FX」がおすすめですよ!

外為どっとコム

外為どっとコムはかなり昔からある老舗的なFX業者です。

昔からFX取引をしている人なら、
知らない人はいないのでは?
というほど有名なFX業者になります。

外為どっとコムの「外貨ネクストネオ」は、
短期トレード向けに豊富なシステムツールが用意されています。

テクニカルトレードをするなら、「外貨ネクストネオ」だとやりやすいですよ。

FX取引画面も、とても見やすく、
デモトレードで本番さながらのFX取引が体験可能なので、
事前に練習ができます。ほかには取引通貨単位が、
1,000単位からの取引が可能です。

「外貨ネクストネオ」では、
現在20の取扱通貨ペアがあります。

代表的な通貨ペアのほかに、「中華人民元(CNH/JPY)」や「ノルウェークローネ/日本円(NOK/JPY)」、「スウェーデンクローナ/日本円(SEK/JPY)」などの、珍しい通貨ペアも勢ぞろいです。

外為ジャパン

外為ジャパンの「外為ジャパンFX」では、
取引通貨単位が、1,000単位からの取引が可能です。

手元にある資金が少なくて不安なときでも、
1,000通貨単位なら安心してFX取引ができます。

初心者にはうれしいFX業者です。

また、曜日関係なく24時間いつでも入金処理の手続きが可能な「クイック入金」は、
380もの提携金融機関に対応しているので、
急な入金でも対応できますね。

ただ、1つ残念なのはデモトレードが用意されていないことです。

「外為ジャパンFX」の取扱、
通貨ペアは全部で15あります。

ラインアップも代表的な通貨ペアがメインで、
種類も少ないのですが、1,000通貨単位でのFX取引や、
「クイック入金」対応の提携金融機関の多さは魅力的です。


複数のFX業者を考慮にいれるときに、
上手に活用するのをおすすめします。

外為オンライン

外為オンラインの「外為オンラインFX」では、
ほかにはない「iサイクル注文」という注文方法があります。

あらかじめ決めた設定通りに、
自動で注文をいれてくれる注文方法です。

忙しくてFX取引がなかなかできないときでも、
自動で思い通りに注文をいれておける便利なシステムとなっています。


裁量ではないので、気分に左右されることなく、
機械的に注文を入れられるのが強みです。

デモトレードサービスがあり、
デモトレードで「iサイクル注文」も体験できます。

とても便利ですね!無料セミナーや会員限定のニュース配信など、
さまざまなサービスも充実!

1,000通貨単位からの取引が可能なのもうれしいですね。

便利なサービスがたくさんある「外為オンラインFX」の取扱通貨ペアは、
全部で24あります。「豪ドル/スイスフラン(AUD/CHF)」、「ユーロ/カナダドル(EUR/CAD)」など、欧米を中心とした通貨ペアが多めです。

そもそもFX通貨ペアってなに?

FX通貨ペアについて、
よくわかっていないということはありませんか?

そこでFX通貨ペアをさまざまな観点から、
FX通貨ペアについて説明していくので、
FX通貨ペアの選び方として参考にしてくださいね。

通貨ペアについて

通貨ペアとは2種類の通貨の組合せのことです。
米ドル/円(USD/JYP)は、
アメリカの通貨と日本の通貨の組合せになります。

組合せとは何でしょう?FX取引でいう組合せ(通貨ペア)とは、
日本円で米ドルを売買するということです。


すべてのFX取引は、
必ず右の通貨で左の通貨を売買するという仕組みになっています。

ユーロ/米ドル(EUR/USD)のような場合は、
まず右の米ドルですが、日本円から米ドルに換え、
米ドルでユーロを売買するということです。

たとえ日本円しか持っていない日本人でも、
FX業者を通じて日本円を米ドルに換え、
換えた米ドルでユーロを売買できるんです。

取引量について

取引量とは、通貨ペアがどのくらい売買されているかを表した数値です。

最も取引量が多いのが米ドル/円(USD/YP)、
次にユーロ/円(EUR/JPY)と続きます。

代表的な通貨ペアは取引量が多いのが特徴です。

取引量の上限

なぜ取引量の上限を知る必要があるのか?気になりませんか?
簡単にわかりやすく言うと、
「FX業者A」が取扱っている通貨ペア数には上限があり、
上限に達してしまうと上限に達してしまった通貨ペアは買えないということなんです!

誰かが売りに出さない限り買えません。

「FX業者B」や「FX業者C」にも上限があり、
上限に達した場合は、上限に達したFX業者からは買えないということです。

もちろん、誰かが売りに出せば買うことはできます。

何かの重大な発表があり、
米ドルの人気が急激にあがって大勢の人から米ドルが買われてしまえば、
上限に達してしまい、なかには買えないFX業者も出てくるということなんです。

FX業者によって、
取扱通貨ペア数がどの程度なのかを知ることも大切です。

取引量が少ないFX業者だと、
チャンスが来て買おうと思っても、
いざというときに注文ができなかったこともありますからね!

取扱通貨ペア数を踏まえたうえで、
取引していきましょう。

通貨ペアの英語表記と日本語表記

FX業者の取扱通貨ペアを見ていると、
「米ドル/円(USD/JYP)」と記載されています。

「(USD/JYP)」という部分が、英語表記です。

「米ドル/円」の部分が日本語表記になります。
日本語表記の場合は、一目見ただけでわかりますね。

「USD」の正式名称は、
「Federal Reserve Note(連邦準備券)」で、
アメリカ合衆国の通貨です。

米ドル(USD)のように、
各通貨には3文字のアルファベットで表される英語表記が存在します。

各FX業者では世界共通の英語表記と日本人にわかりやすくした日本語表記の2種類を載せているんですね。

ドルストレート・クロス円について

ドルストレートとは米ドルが絡んだ通貨ペアのことです。

米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/米ドル(EUR/USD)、ポンド/米ドル(GBP/USD)、豪ドル/米ドル(AUD/USD)、NZドル/米ドル(NZD/USD)など組合せの片方に米ドルが表記されている通貨ペアのことを指します。
クロス円は、ドルストレートと同様、
日本円が絡んだ通貨ペアのことです。

米ドル/円(USD/JPY)、ユーロ/円(EUR/JPY)、ポンド/円(GBP/JPY)、豪ドル/円(AUD/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)などが当てはまります。

高金利通貨とは?

またしても知らない単語が出てきたと思っていませんか?

「高金利通貨」という言葉自体、
何となく難しそうでなじみにくいでしょう?

わかりやすく言うと、
別名スワップポイントとも呼ばれる「高金利通貨」は、
通貨(ポジション)を保持しているだけで、
何もしなくても金利が受け取れてしまう、うれしい仕組みのことなんです。

通貨ごとに「政策金利」が設定されていて、
一定ではなく変動します。

現在ではトルコリラ、南アフリカランド、
中国人民元、NZドル、豪ドル、米ドルなどが高い金利になっています。

とくにトルコリラは、8.00%もの政策金利になっているんです。

ただし、金利が高いからと言って、
マイナー通貨は相場の変動が大きく変化しやすいので、
短期で持つのは危険です。

長期で少ない枚数を保持するなど、
通貨によって保持する枚数や保持期間などを考えてFX取引をしてくださいね。

トレンドが出やすい・切り替わりやすい通貨ペア

トレンドとは相場の流れに乗ることを言うのですが、
まずはトレンドが何かを知っておきましょう。

例として米ドル/円(USD/JPY)で説明しますね。

多くの人が「今は米ドルを買うしかない!」と判断し、
米ドルが買われて米ドルの値があがっていくことを上昇トレンドと言います。

逆に「今は米ドルを持っている場合じゃない!」と判断する人が多いときは、
米ドルを売って日本円を買う動きが出れば下降トレンドが発生するというわけです。

トレンドがわかったところで、トレンドが出やすい通貨ペアとは何か?

ずばり多くの人が売買する通貨、
取引量の多い代表的な通貨ペアが該当します。

あとは上昇トレンドと下降トレンドが切り替わりやすい通貨ペアについてですが、
取引量が少なく、他の通貨なら動かないようなニュースにも敏感に反応し、乱高下をしてしまう通貨ペアが該当します。


瞬時に上昇トレンドから下降トレンドに変わることもあり、
予測不能のため、油断ができません。

通貨ペアを自分の投資スタイルにあわせた選び方

投資スタイルはFX取引をやる人によって、
多種多様です。サラリーマンと主婦や学生では、
FX取引をする時間帯が違ってきますし、
サラリーマンでも夜勤の人では投資スタイルも変わるでしょう。

投資スタイルによって、
最適な通貨ペアは何かを紹介していくので、参考にしてくださいね。

長期投資

長期投資は字のごとく、
長期にポジションを保持しておくFX取引のことです。

ポジションを保持しておくことで利益を得るスワップポイントを目当てに、
長期投資をする人もいるんですよ。

おすすめはずばり!豪ドル/円(AUD/JPY)、
NZドル/円(NZD/JPY)です。

政策金利も高めで、しかも安定した相場となっているので、
長期で持つのに適しています。あとは安値で買えるのも魅力ですね。

あとは、買いポジション限定ですが、
スワップポイントが多くもらえるトルコリラ/円(TRY/JPY)もおすすめです


トルコリラ/円(TRY/JPY)は、
流通量が多いとは言えない通貨ペアなので、
買う枚数を良く考慮し、必ず逆指値注文を入れて、
こまめに見直しをするのを忘れずに!

スイングトレード

スイングトレードは短期と長期の間、
中間期でトレードする投資スタイルです。

数日から長くても数週間で決済します。
乱高下はしなくても動きの大きい、
通貨がおすすめ!米ドル/円(USD/JPY)やユーロ/円(EUR/JPY)がいいですよ。

デイトレード

デイトレードは1日の相場の流れでトレードする、
短期決戦型の投資スタイルです。

ある程度流れが読みやすい代表的な通貨がベストですが、
日本市場(9時)ではクロス円を中心に、
ニューヨーク市場(日本時間で22時)からはドルストレートと、
臨機応変にFX取引をしていきましょう。

この記事と併せて読みたい記事

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2018 GV inc. All Rights Reserved.