• サウジ情勢で原油価格が上昇
  • カナダは良いインフレ状態にある
  • 来年のカナダドルはどうなる?


ひろぴーです。

原油価格が堅調です。
サウジアラビアの皇太子の様相により、
先月はサウジアラビアの王子11人が拘束され、資産を凍結しました。

これにより、原油価格が上昇。
リスクオフの様相です。

差し押さえ資産額が91兆円相当だそうで、日本の1年間の国家予算にあたります。
それほど富を独占している国ですが、政治が不安定になりつつあります。


■出所:FXトレードフィナンシャルMT4

こういった要因もあり、原油価格の上昇相場が続いておりました。
今年の高値を抜けて55〜60ドルで推移をしております。

結果的に中東の産油国には恩恵があったことになります。
米国のシェールオイルの活動掘削リグも増加傾向にあり、
世界的にインフレ指標を支え、経済の活性化につながりそうです。

カナダの雇用統計が10年ぶりの高水準

カナダの雇用統計が先週発表されました。
結果は雇用者数が7.35万人の増加と過去をさかのぼってみると、2008年の秋以来ぶりの高水準でした。

また失業率も5.9%2007年以来の高水準です。
カナダは昔から比較的失業率が高めにでます。

リーマンショック前の最高水準で5.8%だったようですから、
過去の事例と比較するならば、ほぼ完全雇用の状態に近いのかもしれません。

カナダは今年、2回も利上げをしました。
またGDPは四半期連続で平均3%を超える圧巻の数字でした。

そういった良好な数字の元、良いインフレ傾向にあるようです。
カナダの輸出先の75%が米国です。

米国経済が好調なだけに最初に恩恵を受けたのがカナダだったのかもしれません。

おそらくですが、来年のカナダも利上げサイクルに本格的に入ってくるのではないでしょうか。

ドルカナダチャート


■出所:FXトレードフィナンシャルMT4

ドルカナダチャートの日足です。

一昨年、原油価格の急落により、ドルカナダのレートは1.40まで上昇をしておりましたが、
現在は1.26台で推移をしております。

世界的に好景気に沸き、利上げサイクルに入りますと、
ドルカナダは歴史的にパリティに向かうことが多く、
リセッションの時期に1.4〜1.5方向に向かうのがドルカナダの特徴です。

また資源国ということもあり、米国よりもカナダのほうが普段は政策金利が高い時期も過去に多くありました。

現在のカナダの政策金利は1.00%です。
12月に米国は政策金利を1.50%に引き上げることがほぼ確実視されております。

来年はこの0.5%の差を埋めに来る年となりそうです。

このように考えますと、長期的なサイクルでドルカナダは下落方向に向かうのではないでしょうか?
目先のターゲットは前回安値の1.20近辺になります。

ここをブレイクしますと、目立ったサポートラインがなく、1.15になると思われます。
今年はドル高が完全に織り込まれており、どの通貨に対してもあまり上昇をしませんでした。
来年もこういった値動きが予想されます。

少しずつ、ドルカナダレートが引き下がっていくように思えます。

原油価格も堅調なことからカナダドルの政策金利引き上げも早まるのではないでしょうか。

年末、年明けはこの通貨ペアに注目です。

FX課長の補足

カナダ中銀の金利据え置きについて

2017年12月6日、カナダ銀行(中央銀行)は市場の予想通り、
政策金利を1.0%に据え置くと発表しました。

カナダの雇用統計は力強さを取り戻してきてはいるものの、
カナダ中銀は利上げに関しては慎重な姿勢を堅持しています。

ただ、カナダ中銀は、将来的には利上げが必要になるかもしれないことにも言及しており、
2017年の7月と9月に続く利上げが実施される可能性も否定はできません。

現に一部アナリストの間では、
カナダ中銀が1月にも利上げを決定するのではないかとの予測も出ています。

サウジアラビアの王子大量拘束

2017年11月、サウジアラビアでムハンマド皇太子を中心とする
汚職の取り締まり機関「反汚職委員会」が設置され、
王子11人、閣僚4人などが201人が汚職に関わったとして拘束されました。

その中には、ツイッターやシティグループなどに出資している、
著名投資家のアルワリード王子も含まれています。

ムハンマド皇太子は父であるサルマン国王に変わって国政を動かしており、
サウジアラビアを現代国家にするための改革を次々と行ってきました。

今回の拘束は、ムハンマド皇太子に権力を集中することが狙いと言われており、
サウジアラビア国内、中東の不安定化を招く可能性も指摘されています。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
脱サラに成功したFX・仮想通貨トレーダー。 現在はラジオ日経パーソナリティやFXコラムニストとしても兼業して活動中! 主に短期スイングトレードが得意。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2018 GV inc. All Rights Reserved.