• 利益確定のタイミング「FXの売り時」とは?
  • FXの売るタイミングがわからない理由
  • 初心者にオススメなFXの利益確定の売り時は4つ


FX取引には、「売り」と「買い」があり、24時間いつでも自由に売買することができます。

株と違って時間にとらわれずに取引できるのは
FXの大きな魅力でもありますね!

しかし「いつでも自由に売買できる」というのがクセモノ。

為替相場は常に変動しているので、
どのタイミングで取引したらいいのか迷ってしまったり、
決済できないという状態になってしまうこともあります。

エントリーに迷っているとせっかくのチャンスを逃してしまうこともありますし、
利益確定のタイミングを間違ってしまうと損失を出してしまう可能性もあります。

FX取引初心者の方は、
特に売買のタイミングを見極めるのが難しい…
と思っている方も多いのではないでしょうか。

今回はFX最初の難関!FXの売り時について詳しく解説していきます。

利益確定のタイミング「FXの売り時」とは?

持ったポジションが予想通りの動きをして、
利益が上がっていくのはとっても気持ちがいいものですよね!

そこで課題になるのは、
どこで保有しているポジションを「売る」のか、ということ。

初心者の方の場合、適当に利益確定してしまい、
トータルではマイナスになってしまった…なんてこともよくあります。

ベストのタイミングでポジションを売る には、どうしたらいいのでしょうか?

初心者が失敗しちゃう利益確定のやり方

FX取引で利益確定するとき、何を目安にしていますか?

もしこの質問に答えられない場合は、ぜひトレード方法を見直してみてください!

初心者の方は「なんとなく相場が下がりだしたから…」とチャートをパッと見たイメージで、
利益確定を決めていることが多いのですが、大変もったいないやり方です。

例えば、「20日移動平均線をブレイクしたから」「MACDがダイバージェンスしたから」といった、
テクニカルで「今後は予想と反対に相場が動く」と判断できれば良いのですが、
「なんとなく…」だとその後も予想通りに相場が動き、
得られるはずだった利益を得られなくなってしまいます。


適当な利益確定を続けていると、利益はあまり上がらず、
初心者にありがちな「コツコツドカン」になってトータルで負けてしまうこともよくあります。

「ここからは予想と反する動きになる」と判断できる明確なポイントをつかんでから、
「利益確定」がベストなのです。

理想は安く買って高く売る

FX取引でベストなのは、「安く買って、高く売る」ことです。

トレード経験がある人はみんなわかっていることなのに、
これが難しいんですよね…。

そこで僕が考えたのは、「一番安いと判断できるところで買い、
一番高いと判断できるところで売る」ということです。

同じように読めますよね(笑)。でも全然違うんです!

初心者の場合、「安く買って、高く売る」は「なんとなく安く見えるところで買って、
なんとなく高く見えるところで売る」になりがちです。

しかしトレード経験者になると「様々な分析をもとに、一番安いと判断できるところで買い、
一番高いと判断できるところで売る」がトレードのルールになっているんです。


トレンドラインであったり移動平均線であったり、
はたまたファンダメンタル分析であったり、判断材料はトレーダーによってそれぞれですが、
僕の場合テクニカル分析で「一番安い」「一番高い」が判断できるようになってからは、
かなり精度の高いトレードができるようになりました。

「なんとなく適当に決めてたな…」という方は、
ぜひトレード方法を見直してみてくださいね!

なぜか買うことには躊躇をしない理由

FXにはいわゆる「ポジポジ病」というものがあります。

ポジションを持っていないと、
ポジションを持ちたくてしょうがなくなる病気のことです(笑)。

FXは24時間取引ができるのでポジションを持っていないと、
「せっかくのチャンスを逃している!」という気持ちになってしまうんですよね…。

でもしっかりとした分析をしないでポジションを持つのは、言語道断!

「ベストタイミングを待つ時間」も立派なトレード時間です。
みなさんポジポジ病にはくれぐれも気を付けてくださいね(笑)。

FXの売るタイミングがわからない理由

FXの売るタイミングを決めるのって、難しいですよね。

以前僕はその「売るタイミング」で痛い目にあいました(笑)。

とてもいいタイミングでポジションを持つことができ、
思わずニヤニヤしながら為替チャートを見守っていたのですが、
欲が出てしまいどこで決済したらいいのか分からなくなってしまいました。

為替レートは上がり続けていたので、「そのうちそのうち」と思っていたところで、
まさかの急落(涙)。

その後回復する気配を見せては下がっていったので、
どこで利益確定したらいいのか、さっぱりわからなくなっていました。

結局若干のマイナスで損切り。

よく見るとダイバージェンスなどの相場反転のサインが出ていて、
「あの時利益確定していれば…」と悔しくてたまりませんでした(涙)

相場を見ているだけでは売るタイミングを掴めない

さて僕のように売るタイミングが分からず、
痛い目に合わないためにはどうしたらいいのでしょうか。

まず相場をただ見ているだけでは、売るタイミングは分かりません。
ちょっとした為替レートの動きでも「利益確定したほうがいい?」と迷ってしまいますし、
ベストタイミングをつかむのはかなり難しいです。

そこで強い味方になるのはチャート分析。
当たり前のことかもしれませんが、事前にしっかりとチャート分析をしておけば、
チャート上で意識されているポイントがわかるようになります。

例えばまず長い足で大きな流れを把握しておき、
トレンドラインや20日移動平均線など、
「相場が反転するポイント」をしっかり押さえておけば、
売るタイミングの検討がつけやすくなります。


「なんとなく…」で売り時を決めるのではなく、
しっかりとした分析に基づいて自分なりのルールを決めると、
一段とトレードがやりやすくなりますよ。

売る時に買値より下がって利益確定のタイミングを逃す

為替相場は常に変動しているので、場合によっては買値よりも下回ることも十分あります。

しかしそんな時に慌てて利益確定してしまうと、その後為替レートは回復して、
ポジションを持っていれば大きな利益を狙えた…なんてこともよくありますよね。

この場合にも大切なのはチャート分析。
例えば分析したうえで、長い足で上昇トレンドだとわかっていれば、
急に為替レートが下げを見せたとしても、ひとまず見守ろうという気持ちになれます。

「ここまで分析したんだから、大丈夫!」と自信を持てるレベルまで、
チャート分析はしっかり行っておきましょう。

根拠もないのにもう少し待てば、まだ上がるかもしれないと思い利益確定を迷う

為替レートを見ていると、
思いがけずポジションを持った方向に為替レートが伸びていくこともあります。

利益が増えていくのは気持ちがいいものですし、
「もう少し待てばもっと上がるかも」と期待してしまいますよね。

でもそれは僕の失敗の二の舞になってしまいます(涙)。
必ずチャートを見て、ここまで下がったら利益確定!というルールを厳格化しておきましょう。

初心者にオススメなFXの利益確定の売り時は4つ!

初心者の方は一度ポジションを持つと、損失が膨らむのを怖がってすぐ損切りしてしまったり、
期待して利益確定ができなかったりと、もったいないトレードになりがちです。

以下では初心者の方におすすめの利益確定のポイントを詳しく解説します!

値幅で利益確定のタイミングをつかむ 

一番簡単な方法は、値幅で利益確定のタイミングをつかむことです。
そこでおすすめなのが、「pips」を使う方法です。

Pipsは為替レートが変動するときの、単位のことです。
例えば、ドル円だと0.01円=1銭=1pipsになります。

「1銭って言ったほうが、簡単じゃない?」と思うかもしれませんが、
FXでは異なる通貨ペアを取引するので、統一の単位があると、とても便利なのです。


基本的にはクロス円は小数点第二位、
そのほかの通貨ペアは小数点第四位が1pipsと覚えておきましょう。

FX業者によってpipsは表記が異なる場合 もあるので、注意が必要です。

小さな取引量を採用している会社の中には、クロス円で小数点第三位、
そのほかの通貨ペアで小数点第五位を採用しているところもあります。

このpipsで利益確定を決めておくと、毎日のトレードに明確な目標ができるので、
トレードにリズムがつけやすくなります。

「どれぐらいのpipsが取れそうか」と判断するためには、
もちろんチャート分析が必要ですが、初心者の方はまずpipsを目安にしてみることをおすすめします。

チャートをみて値動きの節目をつかむ

次におすすめなのは、チャート分析で値動きの節目をつかむ方法です。

チャート:Trading View(https://jp.tradingview.com/)
例えば上記のチャートで考えてみましょう。

チャートには10日、20日、40日の移動平均線とMACDを表示しています。

移動平均線がきれいに並んでいるので、
下降トレンドと判断し緑の矢印のところでポジションを持ちました。

その後順調に利益が伸びているものの、
どこで利益確定したらいいのかわかりません。

ここでポイントになるのがMACDです。
緑の矢印のところを見るとMACDがクロスしているのがわかります。

MACDがゴールデンクロスになっているので、買いのサインとわかりますが、
移動平均線は引き続き、下降トレンドを示しています。
これはどういうことなのでしょうか。

MACDは相場の転換を察知するのが得意なテクニカルなので、
移動平均線よりも早めに相場の転換を示してくれるのです。

特に相場の動きと異なるサインを示すことを「ダイバージェンス」といい、
世界中のトレーダーが参考にしているサインでもあります。

チャート分析で値動きの節目を察知する方法はいくつもありますが、
とくにMACDのダイバージェンスは分かりやすいので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インジケーターを活用する

次におすすめなのは、インジケーターを利用する方法です。

インジケーターは、MT4などのトレードシステムを使っている場合に利用できるシステムで、
一定のルールに従って、相場の転換点を示してくれます。

「自分の判断に自信がない…」という場合は、インジケーターを使うのも一つの手ですよ。

利益確定と損切りとの比率で考える

トレードに慣れてきたらおすすめしたいのは、
「利益確定と損切りの比率」でポイントを決めることです。

例えば、利益確定:損切り=2:1で決めておけば、
トータルで利益の方が大きくなることになります。

しかしその比率でトレードできるかどうかを判断しなくてはならないので、
初心者の方には少し難しい方法かもしれません。

「トレードに自信が持てるようになってきた!」と思ったら、ぜひ挑戦してみてください。

FXの売り時に指値注文で利益確定させる

指値注文はあらかじめ自分の希望する為替レートで注文できる注文方法のことです。

良い条件になったら自動で注文が出せますし、
ずっと為替チャートを見ている必要がないので、安心してトレードができる方法です。

指値注文についての説明

指値注文とは「売りたい価格・買いたい価格」を指定して取引する方法です。

為替チャートは常に変動し続けているので、
チャートを見ているときに為替レートが自分が取引したい価格になるとは限りません。

そのため、「このレートで取引したい!」という場合に指値注文はもってこいの注文方法です。

また一度注文しておけば、自動で注文が通るので、
チャートをチェックする時間がないという方には、ぴったりの注文方法です。

指値注文の使い方を説明して下さい。

指値注文について確認していきましょう。

現時点で99円のところ()にレートがあります。
相場は円高に進んでおり、チャート分析の結果101円のところまでは円高に進むのではないか、と考えました。

そこで買い注文を出し、「101円に達したら売り」の指値注文を出すことにしました。

分析通りに円高に進み、指値注文が発動。
注文通り101円で利益確定ができたので、2円分の利益を得ることができました。

注意点

指値注文は便利な注文方法ですが、
設定したレートに達しなければ注文は発注しません。


そのためしっかりとチャート分析をし、
「ここなら絶対大丈夫」という為替レートで設定しておくことが大切です。

また値動きによっては、設定どおりの為替レートで発注が起こらず、
思わぬ損失を抱えてしまうこともあります。


ポジションを持ったら、必ずチャートをチェックするようにしましょう。

おわりに

利益確定は初心者の方にとって難しいものです。

しかし自分なりにルールをつかむことができれば、
そのルールに従うだけなので、スムーズにトレードができるようになります。

トレンドラインやテクニカル分析などルールを決めるためのツールは数多くありますが、
そのルールを決めるのは自分次第。

試行錯誤しながら利益確定に、
ぴったりのルールを見つけてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.