• 今年最後の1ヶ月の相場を予測!
  • ダイヤモンドフォーメーションとは?
  • 年末にかけてユーロ高相場に?


ひろぴーです。

かなり不安定な相場が続いております。
過去1ヶ月間にわたり、メイン通貨に方向感がなく、
売ったり買ったりを繰返させられる相場です。

4週間ほど、まともなトレードを避けており、
筆者はようやく今週からポジションをまともに取り始めました。

毎年、必ずといっていいほど起こる、年末にかけて最後の大相場。
昨年はトランプラリーだったわけですが、今年はどうでしょうか?

今回は今年最後の1ヶ月の相場を予想してみました。

ドル円は結局レンジ?難易度高し。


■出所:GMOクリック証券 プラチナチャート+

ドル円の週足チャートです。
今年は週足レベルでみますと、春頃から高値を少しずつ切り上げて、
さらに下値を切り下げている、拡大レンジ相場となっておりました。

非常にタチの悪い相場です。
週足レベルでダマシが3回もあったというわけですから、
ドル円をメインでトレードされている方は難易度が高かったことでしょう。

なかなかお目にかかれないチャートですが、
実はこういった形状は稀ですが、過去にいくつかあります。

このように拡大をしたあと、しぼんでいくことが多く、
ひし形のレンジ相場に収まっていくことがあります。
この形状を、ダイヤモンドフォーメーションといいます。

ペナントやウェッジのフォーメーションの仲間で主にレンジ相場を意味します。

正直いいますが、筆者はこのダイヤモンド形の相場で一度も勝てたことはありません(笑)

そして長い時間足でこれが出現してお目にかかるのは初めてです。
それほど稀な形を形成し始めているとご理解頂ければと思います。

次のブレイクで本当にすんなり、トレンドが発生するならともかくですが、
年末にかけて107円を僅かにブレイクした後に切り返すと、
このフォーメーションは徐々に完成形となってきます。

このパターンも起こり得ると少しでも頭に片隅程度に記憶しておいてください。

ユーロドルは再び1.20代を伺うのか?


■出所:GMOクリック証券 プラチナチャート+

ユーロドルの週足分析です。
ユーロドルは下目線で1.15〜1.16近辺まで押すように少なくとも考えておりましたが、少し時間がかかり過ぎでした。
RCI9も反転し、週足レベルでこうなってしまいますと、調整の戻しだとしても戻り幅が大きいです。

再度ユーロドルが上値を目指し始めたのかもしれません。

理由としては、先日のコラムでお話したとおり、長短スプレッドの縮小が問題です。
長期金利が下落傾向にありますが、短期金利が上昇傾向にあり、
その差が徐々に縮まっているという意味です。

まだ今週レベルでも先日からさらに縮まりを見せており、順調にゆっくりとその差を埋めている状態です。
この兆候は株式相場のピークが近づいていることを知らせるメッセージでもあります。

この差が埋まれば埋まるほど、相場の危険度があがってきますので、
最終的にはリスクオフで円買い相場となるでしょう。
米ドルも売られるでしょうから、ユーロドルは買いに傾きやすいのではないでしょうか。

欧州も将来のGDP見通しを引き上げましたし、やはり欧州各国、経済指標が良好なことが目につきます。
それでも量的緩和を継続しているECBです。

慎重な姿勢をみせているのはわかりますが、金融政策と実体経済の乖離が出る分、
遅れをとってしまった金融政策を最終的に取り戻す行動に出てくるでしょう。

それは来年以降の話になりますが、それに向けたもう一段のユーロ高相場がやってくるのではないでしょうか。
そういった意味で年末にかけてユーロドルは徐々に下値を切り上げていくイメージでおります。

FX課長の補足

欧州のGDPの見通しについて

2017年11月10日、EC(欧州委員会)が2017年秋の経済見通しを公表しました。

それによると、2017年のユーロ圏経済はここ10年でもっとも早いペースで成長していて、
実質GDP成長率は前回見通しの1.9%から、2.2%と大幅アップするとの予測が出されています。

2018年は2.1%、2019年は1.9%というGDP成長率の見通しとなっています。

ユーロ圏の失業率も9.1%と2009年以来の低水準となっていて、雇用者数は過去最高と予測されています。
欧州の経済は、堅調に成長していることが、この数字から分かるかと思います。

ただ、失業率が改善してはいるのですが、賃金上昇率は低迷しています。
上がらない賃金に対してECB(欧州中央銀行)は、量的金融緩和策の縮小はするが、
量的緩和の終了は急がないという、腐心が伺える慎重なスタンスで臨んでいます。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
脱サラに成功したFX・仮想通貨トレーダー。 現在はラジオ日経パーソナリティやFXコラムニストとしても兼業して活動中! 主に短期スイングトレードが得意。
最新記事 by ひろぴー (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.