• IFD注文は利益確定にも損切りにも使える?
  • 利益獲得のチャンスを確実にしたい場合はIFD注文!
  • IFD注文が有効にならない場合がある?


為替レートはいつも変動しているため、
チャートを見ている間に自分が売買したい価格にならないこともあります。

そんな時におすすめなのが「IFD注文」という方法です。

IFD注文は、新規注文から決済注文まで自動で取引してくれるので、
チャートを見る余裕がない時で、
トレードの方針が決まっていれば大変オススメの方法です。

IFD注文では、売買したい価格で新規注文を入れ、
想定通りに相場が動けば「利益確定」になります。

また相場が急変したときなどに備えて、
「損切り」としても使える、とても便利な注文方法でもあります。


この記事では、そんなIFD注文について詳しく解説していきます。

レートを見なくても注文できるってホント?

IFD注文では、仕事や家事で忙しく為替レートを見る余裕がない人でも、
新規注文や決済注文を事前予約することができます。

「売り」と「買い」の注文を1度に出来きるIFD注文とは?

IFD注文とは、「If done」の略で、
「もし○○円になったら新規注文を出したい。その後○○円になったら決済して売りたい」
というように、新規注文と決済注文を同時に発注する方法です。



図で見てみましょう。
為替レートがオレンジの線の最初のところにあるとします。

99円で為替レートが反発すると考え、
99円で新規注文を、100円のところで決済注文となるIFD注文を出します。

レートの動きを見守っていると、
予想通りに99円で反発し100円で決済されました。

IFD注文はこのように、
まったく為替レートを見ていなくても注文することができます。



ちなみに最初の新規注文が通らない限り、
2つ目の決済注文が発動することはありません。


例題で考えてみましょう。
為替レートはオレンジの点のところにあるとします。

その後100円で反発し、99円で利益確定できると考えた場合、
どのような新規注文を出せばよいでしょうか。

正解は「100円で売りの新規注文、99円で買いの決済注文」です。

IFD注文を出す時の二つの売買は、
最初の注文と逆になることを覚えておきましょう。

IFD注文方法は自分の売買したい価格でカンタンに注文&決済できる?

IFD注文は為替レートを見ていなくても、
一通りの売買が完了する便利な方法です。

そんなIFD注文は「利益確定」や「損切り」に用いられることが多い注文方法です。

IFD注文で「利益確定」や「損切り」の使い方



最初に利益確定の場合について説明します。


為替レートが100円から101円前後を行き来しており、
100円で反発、101円あたりで利益確定したいと考えた場合は、
「100円で買いの新規注文し、101円で売りの決済注文」を出します。

予想通りにいけば、1円分の利益を得ることができます。

上記の通り利益獲得のチャンスを確実にしたい場合は、
IFD注文を出すことで一定の利益を得ることが可能です。




次に損失確定の場合について説明します。

利益確定パターンの場合は予想通りに相場が動いてくれた場合であり、
相場はそう思うように動くばかりはなく、損失を出す可能性も十分にあるのです。

IFD注文ではそうしたリスクに備えた注文も出すことができます。

為替レートが100円から101円のところで推移しているとし、100円のところで反発したので、
上昇トレンドに入ると予想しました。

買い注文を出したいところですが、予想と異なる動きをした場合に備えて、
「100.50で買いの新規注文、100円で売りの決済注文」を出しました。

その後の為替レートを見守っていると、
予想通り上昇トレンドになり100.50円で新規注文が通ったものの、
101円で反発、下降トレンドとなりました。

その後も下降トレンドは続き、100円で売りの決済注文が発注し、損失は50銭で確定できました。

IFD注文は上記のように、損切りにも対応できる注文方法です。

損切りとは、
想定した以上に損失が発生しないように決済注文をすることで、
初心者の方の場合なかなか損切りができず、大きな損を発生させてしまうこともあります。


利益確定も損切にも対応できるIFD注文をうまく利用して、
リスク管理ができるようになりましょう。



ではここで例題です。

為替レートが100円付近を推移しているとし、今後101円に向かう上昇トレンドと予想しました。

新規注文を出したいのですが、損失が出た場合にも備えて、
1円以上は損失が出ないようにIFD注文を出したい場合にはどうしたらいいでしょうか。

正解は「100円で買いの新規注文、99円で売りの決済注文」となります。

この注文で、為替レートを見ていなくても100円で新規注文、
99円で売りの決済注文を入れておくことで、
1円以上は損失が出ないトレードをすることができます。

IFD注文を使う時の知っておきたい2つの注意点

便利なIFD注文ですが、いくつか注意点があります。

IFD注文が有効にならない場合がある?

IFD注文を出したとしても、新規注文が約定しないと、
決済注文は有効になりません。


この場合はIFD注文が有効にならないことになります。

IFD注文を出す時には、チャートをしっかりと分析したうえで、
注文を出すようにしましょう。

相場が大きく動いてIFD注文の予想が外れた場合

IFD注文は「新規注文が約定しないと、決済注文が有効にならない」
というルールがあるため、
利益確定や損切りでIFD注文を出した場合は、手動で決済する必要があります。

利益確定のIFD注文を出した場合は、
相場が想定外の動きを見せた場合、
損失を抑えるためには手動で決済しなくてはなりません。

また損切りのIFD注文を出した場合で、相場が想定外の動きを見せた場合は、
その後の値動きを確認しながら利益確定を手動で行う必要があります。

特に気を付けたいのは利益確定でIFD注文を出している場合で、
損失が大きく膨らんだ場合、強制ロスカットになる場合もあります。

IFD注文は新規注文から決済注文まで自動で行われるとはいえ、
想定外の動きにまで対応できるわけではありません。

ポジションは注文を出したらそのまま放置するのではなく、
時折チェックするようにしましょう。

おわりに

IFD注文は利益確定にも損切りにも使える便利な注文方法なので、
仕事や家事が忙しい方にはもってこいの注文方法です。

しかし「新規注文が約定しないと、決済注文が通らない」というルールがあるため、
場合によっては大きな損失を抱えてしまう場合もあります。

注意点をしっかり確認しつつ、
IFDを利用して効率の良いトレードを行いたいですね。

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。
最新記事 by FX課長 (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.