• チャートを見ていなくても取引が自動で執行?
  • 損切りに踏み切れない時こそ大活躍のトレード方法?
  • 逆指値注文を入れる癖をつけておけば損失が減る!

含み損を抱えながら「もう少し待てば相場が回復するかもしれない」と考えてしまう・・
これってFXで大損してしまうパターンの一つです。

結果として大きな損を抱えてしまってはたまりませんよね?
「あの時に決済しておけばよかった」なんて事にならないように、
オススメなのは「逆指値注文」です。

FXの鉄則は「大きく負けない」ことです。
損切りに踏み切れない時に、強制的に損切りをする「逆指値注文」は大変便利です。

この記事では、「逆指値注文」の基本から注意するポイントまで詳しく説明します。

逆指値注文の上手に使ってFX勝ち組を目指そう!

逆指値注文は理解しておくと、チャートに張り付いていなくてもトレードできたり、
損失を抑えることができるなど、とても便利な注文方法です。

ぜひその基本をしっかり押さえましょう!

逆指値注文(ストップ注文)の仕組み

「逆指値注文」とは、現在のレートより「上がったら買う」「下がったら売る」という注文方法です。

逆指値注文のメリットとしては、相場のトレンドを確認してからエントリーすることになるので、
安心してポジションが取れるという点があげられます。

その他にも損失を抑えるストップ注文としての使い方もあります。

逆指値注文の使い方をマスターしよう

「損失を抑えるためのオーダー」といってもピンと来ないかもしれません。

図を使って確認していきましょう。



今のレートが1ドル100円(オレンジの●)だとします。

相場が下降すると考えて売りポジションを持てば利益が出ますが、
予想と反して上昇してしまったら損失が出てしまいますよね。

損失は最低でも1円に抑えたいと考え、101円のところに逆指値注文を出します。

その後チャートを見ていると一度下がったもの上昇してしまい、
101円のところで逆指値に引っかかりました。

どんどん上昇トレンドが続きましたが、
想定内の損失で抑えることができました。

さて、ここで問題です!

現在100円のところ(オレンジの●)にレートがあります。

101円から99円の間を動くレンジ相場、
かつテクニカル分析から再度101円に
トライすると考え買いポジションを取るとします。

レンジ相場は一定の値幅で上下を繰り返している相場のことです。
この場合どこに逆指値を置くべきでしょうか。



この場合はレンジの下限である99円が逆指値として適切でしょう。

レンジ相場を抜けると、大きなトレンドが発生することが多いので、
99円を抜けたら完全にこれまでの値動きとは変わったと考えたほうが良いでしょう。

指値注文との違いをスッキリ解消(指値注文との違い)

逆指値注文というと「指値注文と似ていてややこしい…」と思われるかもしれません。

指値注文は、「価格が高くなったら売る、価格が下がったら買う」という注文方法です。

現在のレートより低いレートで買い、高いレートで売るので、
現在のレートよりも有利な条件でオーダーを出すことができます。

指値注文ついて詳しくしりたい方はこちら

逆指値注文は、「価格が上がったら買う、価格が下がったら売る」というように、
指値注文とは逆の注文方法です。

自分にとって不利なレートで注文を出すことになりますが、
相場のトレンドをつかんでから、
エントリーを入れることができるストップ注文として使用できるといった特徴があります。


どちらの注文方法もうまく使えば、チャートを見ていなくても取引が自動で執行されるので、
会社員との兼業でトレードしている方にとっては、ぜひ活用してもらいたい注文方法です。

逆指値注文でリスク管理の習慣を身につけよう

逆指値注文はマスターすると、リスク管理に大変役立ちます。

以下では逆指値注文でリスク管理するときのポイントについて説明します。

逆指値注文を使うとリスクは抑えられるか?

上記でも説明したように、逆指値注文を利用すると、
もし予想の逆にレートが動いたとしても損失を想定の範囲内で抑えることができます。

逆指値注文を入れていないと、チャートを確認していない時に相場が大きく動いてしまい、
大きな損失に…なんてことにもなりかねません。

必ずエントリーを入れたら、併せて逆指値注文を入れておくことをおすすめします。

特に大きなレバレッジを使っている場合は、
少しの変動でも大きな損失になることもあります。


必ず逆指値注文を入れて、損失を最小限で抑えられるようにしておきましょう。

損切りも逆指値注文が大活躍する(総資金額の1%~2%)

リスク管理で大切なのは損切り。逆指値注文は損切りの時に大活躍するツールです。

「でも損切りってどう決めたらいいの?」と悩まれている方も多いと思います。

損切りラインを決めるのは、経験のあるトレーダーでも難しいテクニック。

チャート分析に慣れていない初心者の方は特に難しいですよね。

テクニカル分析やトレンドラインを引くなどして損切りを決めるという方法もありますが、
初心者の方にオススメなのは、総資金額の1%~2%で決めるやり方です。

損切りにあったとしても総資金額の1%から2%にしておけば、大きな損失にはならず、
その後もトレードに再挑戦できる可能性が高まります。


トレードで大切なのは資金を減らさないこと。

損切りラインを決めることでその後もトレードができるように、
しっかりリスク管理をしておけば安心してトレードできますね。

損切りラインは以下の式で求めることができます。

【損切り幅(pip)=その時のレート÷レバレッジ】


その時点のレート 1ドル100円のとき
レバレッジの大きさ 25倍
損切り幅 ≦ 100 ÷ 25 = 4pips

逆指値注文を使うときに注意するポイント

うまく使えばリスク管理にぴったりの逆指値注文ですが、
使用するときには注意しておかなくてはならない点もあります。

逆指値注文は、相場の環境によってはきちんと約定するとは限らないため、
もしもの時のための対応が必要になるのです。

逆指値注文はいつも約定できるか?

便利な逆指値注文ですが、必ずしも指定した価格で取引が行われるとは限りません。

「100円で注文を出したはずなのに、注文が通ったときには100.1円になっていた」なんてこともよくあります。

これは市場の価格が常に変動しているからであり価格が表示され、
発注を行う一瞬でレートが変動してしまうためです。

このように思った価格で注文が通らないことを
「スリッページ」と言い「滑る」とも呼ばれています。

スリッページの発生は覚悟が必要!なぜすべるのか?

このスリッページ、どうして起きてしまうのでしょうか。

特に相場が大きく動いた時や経済指標の発表があったときなどは、
スリッページが起こりやすくなります。

原因はいろいろありますが、主にFX業者のサーバーが取引に対応できなくなってしまい、
指定したレート通りに約定できなくなってしまうからと言われています。

スリッページが起きると、思った通りのレートで約定しないため、
想定外の損失が出ることもあります。


FX業者を選ぶときにはスリッページについてもよく調べておくようにしましょう。

スリッページが起きにくいFX業者では、マネーパートナーズやSBI証券などがおすすめです。

GMOクリック証券やDMMFXでは、
取引ツールで「スリッページの許容値」を設定できるようになっています。


許容値を設定すると、希望しているレートと市場のレートの差が許容値以内であれば注文を成立させ、
許容値以外では取引は行われません。

おわりに

トレードをしていると、どうしても利益に目を向けがちですが、大切なのは損失を押さえ、
資金を減らさないようにすること。

そのためには逆指値注文をうまく利用することが大切です。

損失を抑えるためにもエントリーしたら、
必ず逆指値注文を入れる癖をつけておきたいですね。

損切りラインをきちんと決めておけば安心してトレードできますし、
その後も何回もトレードできるとわかっていれば安定感のあるトレードが行えます。

相場が変動しやすいときにはスリッページが起きることもありますが、
スリッページが起こりにくい業者を選んだり、
許容値を設定するなどすれば対応することも可能です。

最初は難しく感じられるかもしれませんが、ぜひ逆指値注文をうまく活用し、
安心してトレードにチャレンジしていきましょう。

仕事が忙しいあなたににオススメの業者はコレ!
DMMFX
DMM.com証券 はついにFX口座数国内第1位の会社になりました!※ファイナンス・マグネイト社調べ。 2016年2月口座数調査報告書
全20通過ペアで最狭水準スプレッド!さらに取引手数料はかかりません!
トレードできる時間の短い兼業トレーダーにとっては、 DMM-FXのクイック入金サービスは365日24時間取引口座にすぐ反映してくれて、トレードチャンスを逃さず便利です。
FX業界初、スマホアプリのLINEから、カスタマーサポートへの問い合わせも可能。
常にトップクラスのFX業者なので、口座をもっていないならすぐにでもオススメしたいFX業者です!
DMM FX
GMOクリック証券
GMOクリック証券は米ドル円のスプレッド0.3銭原則固定(例外あり)を始め、 取扱いのある19通貨ペアの多くが業界最狭水準のスプレッドになっています。
低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券をオススメします!
高水準のスワップポイントも見逃せません。兼業トレーダーとしては高水準のスワップポイントで利益を得られるのはオイシイですね!
GMOクリック証券は、チャートや分析ツールなどのFX取引に欠かせないツールも、高性能で使いやすさにこだわっています!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。
最新記事 by FX課長 (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.