• チャートを見ていなくても取引することができる?
  • トレンドラインを意識すれば楽勝の指値注文!
  • 指値注文には有効期限がある事を知っていますか?


最近はスマートフォンでの取引も便利になってきたので、
「ずっとチャートに張り付く日々…」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かにずっとチャートを見ることができれば、それだけチャンスも多くなりますが、
そんな生活を続けていると、目の疲れや頭痛など身体にも影響が出てきますよね。

僕は昼間会社員として働いているので、
短い時間足でのトレードをメインにしていたころはもっぱら夜がトレードタイム。

ついつい夢中になりすぎて寝不足…なんてこともよくありました(笑)。

「24時間チャートと戦います!」なんてトレードスタイルは、
とてもじゃないですが、続きません。


でもたまたまチャートを見ていない時に「あ、あの時エントリーしておけば…」
と思うようなチャンスがあったのを後から見ると、とても悔しくなりますよね。

特に日本の夜にあたるニューヨーク市場など大きく動くときは、チャンスタイム。

「でもちゃんと寝ておかないと、明日に影響があるし…」
と自分のトレードスタイルに悩まれている方も多いと思います。


そんな方におすすめなのが指値注文。

指値注文を利用すれば、
チャートを見ていなくても取引することができちゃうんです。


この記事では、そんな便利な指値注文について詳しく解説します。

使い方はとてもカンタン指値注文の活用術

為替相場は24時間動き続けています。
動きがあるということは、その分差額をゲットするチャンスも多く存在するということ。

でも24時間ずっとチャートを見張っているわけにはいきません。

指値注文は「売りたい価格」「買いたい価格」を指定して取引する方法です。

この指値注文をうまく利用することで、
パソコンの前でじっと待つことなく納得したレートで取引することができます。

初心者には難しいと思われがちですが、最安値どうし、
最高値どうしを結んでいくとできるトレンドライン をうまく使えば、簡単ですよ!

FXの指値注文(リミット注文)とは

指値注文は「売りたい価格」「買いたい価格」を指定して取引する方法と書きましたが、
実際はどのようなものなのかを見てみましょう。

例えば、1ドル100円の時に「1ドル101円になったら売りたい」と考えた場合、
「1ドル101円で売りの指値注文」を出します。

そうすると101円になったときに指値注文が有効になり売り注文が発動します。

逆に1ドル100円の時に「1ドル99円になったら買いたい」と考えた場合、
「1ドル99円で買いの指値注文」を出します。

そうすると99円になったときに指値注文が有効になり、買い注文が発動します。

このように指値注文は今よりも高い為替レート で売りたい、
あるいは今よりも低い為替レートで買いたいといった場合に、
チャートを見ていなくても取引ができるので、利益を確定するときにもよく利用されています。

指値注文を活用してみよう!

では具体的に指値注文について考えてみましょう。

現時点で99円のところにレートがあります。相場は円高に進んでいますが、
チャート分析の結果、99円のところに強いレジスタンスライン があると考えたとします。

レジスタンスラインとは、
そのラインで為替レートが反発すると考えられるラインのことです。


そこで「99円に達したら買い」の指値注文を出します。

分析通りに円高は進み、その後99円でレートは反発しました。
ここで指値注文が発動。

この指値注文が通ったことで、
かなり安い価格で買い注文を出すことができました。

その後円安に進み順調に利益が出ていますが、
101円のところに強いレジスタンスラインがあると考え、
「101円に達したら売り」の指値注文を出しました。

順調にレートが進み、101円に到達。2円分の利益を出すことができました。

このように指値注文は、
チャートを分析し「ここぞ!」という価格で売買ができる注文方法なのです。

初心者は指値注文の見極めは難しい?

「チャートを見なくても取引できる便利さは分かったけれど、
うまく指値注文を出せる自信がない…」という方も多くいらっしゃるかもしれません。

そんな時におすすめなのがトレンドラインです。

トレンドラインは、
ローソク足の高値どうしまたは安値どうしを結んで引く線のことを言います。


ローソクの安値を結んでいって右肩上がりの線ができれば上昇トレンド、
高値を結んでいって右肩下がりの線が引けたら下降トレンドであると判断します。

またトレンドラインは、世界中のトレーダーが注目している
「押し目」と「戻り目」を把握するのにも便利です。

図で考えてみましょう。


現時点でレートが矢印の位置にあるとします。

最高値を結んでいくと平行な線が引け、そのレートが意識されていることがわかります。

そこでこのレートは、レジスタンスラインとして機能していると考えます。

つまり赤い線で反発が起きる可能性が高いということですから、
「赤いラインのレートを割ったら売り」という指値注文を入れます。

すると徐々にレートは下がっていきました。

次に決済についても考えてみましょう。
まず直近最安値から平行にラインを引いてみます。

直近最安値はトレーダーが必ず注目するポイントなので、
この青のラインを突破するかどうかがポイントになります。

もしこの青いラインが強いレジスタンスラインだと考えれば、
このラインのレートで買い戻す指値注文を入れます。

結果として青いラインで反発。指値注文が執行され、
ちょうど赤のラインと青のラインの間分の利益を得ることができました。

このように難しそうに思える指値注文ですが、
トレンドラインを意識すればさほど難しくはありません。

最初のうちは何本もトレンドラインを引いていき、
チャートにぴったりとはまるトレンドラインがわかったら、
残りを消去していくという方法を取るとうまくいきますよ。

知らないと損するFXの便利な注文方法

上記で説明した指値注文を中心に、FXには便利な注文方法がたくさんあります。

以下では、成行注文、指値注文、逆指値注文について詳しく説明します。

成行注文と指値注文の違いは?

FX取引をする中で一番身近な注文というと「成行注文」かもしれません。

成行注文は読んで字のごとく「今買いたい!」「今すぐ売りたい!」という時に使える注文方法です。

レートを指定せずに「買い」か「売り」かのみを指定して注文するので、
「この為替レートで買いたい」「売りたい」と言った場合には合わない注文方法です。
FX業者 によってはストリーミング注文と呼ばれています。

上記で説明した通り、「指値注文」は、「値を指す」注文。
つまり為替レートを指定する注文方法のことです。
買いでも売りでも同じですが、いくらで売買したいのかその為替レートが重要になります。

指値注文とは逆の注文を出す逆指値注文とは

指値注文は価格を指定し、
「為替レートより上がったら売る」「為替レートが下がったら買う」という注文方法でしたが、
それとは真逆の「逆指値注文」という注文方法があります。

逆指値注文では、「現在の為替レート高くなったら買う」「現在の為替レートより下がったら売る」という注文方法です。

指値注文のように最安値、最高値で注文することはできませんが、
逆指値注文ならではのメリットが2つあります。

1つ目はトレンドに乗った注文ができるということです。
相場は一度動き出したら、その方向に向かって動く傾向があります。

その性質を利用して、上昇トレンドが来ているときには
今の為替レートより高くなったら買い逆に下降トレンドが続いている場合には、
今の為替レートよりも低くなったら売りの逆指値注文を出します。

図でいうとオレンジの点から見て、上昇トレンドになると判断すれば赤の点で買い注文、
下降トレンドになると判断すれば青の点で売り注文を出すことになります。

指値注文とは異なり、トレンドを確認したうえで注文を出せるので、
比較的安心して利益を出せる注文方法です。

2つ目は損失をあらかじめ限定することができるという点です。
相場は予想通りに動くとは限りません。

もし為替レートが反対に走った場合でもできるだけ損失を小さくしたい、
という場合に逆指値注文は有効です。

例えば現在のレートが1ドル100円だとします。

相場が上昇すると予想して買い注文を出しましたが、
円安の傾向が見られたため逆指値注文をだし、
損失を抑える保険を掛けながらポジションの様子を見ることにしました。

「損失は最大でも1円まで」と考えていたため、
「1ドル99円で売る」という逆指値注文を出しました。

その後予想と反して円高にレートは進んでしまいましたが、
逆指値注文を出していたおかげで損失は1円に抑えることができました。

もしこの場合逆指値注文を出していなければ、損失はみるみるうちに膨らみ、
とても1円で抑えることはできなかったかもしれません。

このようにリスクを抑える注文の仕方を一般に「ストップロス注文」と呼びます。

逆指値注文も使いこなすと有利に、
トレードを進めることができる注文方法なのです。

逆指値注文について詳しく知りたい方はこちら

指値注文を活用する時の注意するポイント

チャートを見ていなくても売買ができる便利な指値注文ですが、
指値注文ならではの注意点があります。

指値注文を使いこなすためにも必ずチェックしておきましょう!

必ずチェックしておきたい指値注文の注意点

指値注文は指定した価格で注文が出されます。

為替レートがその価格になるまでは約定することはありません。

そのためチャート分析をしっかりやっておかないと、
なかなか注文が出されない…なんてこともあるのです。

また指値注文には有効期限があります。業者によって違いますが、
「今日中・今週中・今月中・無制限・期間指定」などの有効期限があり、
注文を出しているつもりが、
いつの間にか取り消されているなんてこともあります。


一度注文を出したら基本は注文が通るのを待つだけですが、
指値注文にはこうした注意点もあります。

必ず指値注文をするときには確認をするようにしましょう。

指値注文が約定しない場合はどうなるか?

上記で説明した通り、
指値注文は指定した価格に達しなければ注文が通ることはありません。

もし指値注文がなかなか通らない場合には、チャート分析を見直してみましょう。

まずどの程度為替レートをずらせば注文が通っていたのかを考えることが大切です。

少しレートを外して予想していたのかもしれませんし、
そもそもトレンドラインの引き方がずれていた可能性もあります。

いろいろと試行錯誤していくと、
しっかり指値注文が通るレートが見えてくるので、
あきらめずにどんどんチャート分析するようにしましょう。

おわりに

FXの注文方法というと成行注文が一般的かもしれません。

でも上記でご紹介した通り、
成行注文を使うと24時間チャートを見ていなくても取引ができますし、
効率的なトレードができるようになります。

また逆指値注文もトレンドに乗った注文をしたり、
損失を抑えるなど様々なメリットがあります。

ぜひこうした注文方法をマスターして、ストレスフリーなFXを楽しんでくださいね。

仕事が忙しいあなたににオススメの業者はコレ!
DMMFX
DMM.com証券 はついにFX口座数国内第1位の会社になりました!※ファイナンス・マグネイト社調べ。 2016年2月口座数調査報告書
全20通過ペアで最狭水準スプレッド!さらに取引手数料はかかりません!
トレードできる時間の短い兼業トレーダーにとっては、 DMM-FXのクイック入金サービスは365日24時間取引口座にすぐ反映してくれて、トレードチャンスを逃さず便利です。
FX業界初、スマホアプリのLINEから、カスタマーサポートへの問い合わせも可能。
常にトップクラスのFX業者なので、口座をもっていないならすぐにでもオススメしたいFX業者です!
DMM FX
GMOクリック証券
GMOクリック証券は米ドル円のスプレッド0.3銭原則固定(例外あり)を始め、 取扱いのある19通貨ペアの多くが業界最狭水準のスプレッドになっています。
低コストでFXをしたい場合にはGMOクリック証券をオススメします!
高水準のスワップポイントも見逃せません。兼業トレーダーとしては高水準のスワップポイントで利益を得られるのはオイシイですね!
GMOクリック証券は、チャートや分析ツールなどのFX取引に欠かせないツールも、高性能で使いやすさにこだわっています!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。
最新記事 by FX課長 (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.