• ポジション量は大きくポンド買いに傾いている?
  • ここ最近好調な経済指標がまた復活の兆し!?
  • 今のうちからドル円チャートを分析しとくべし!


ひろぴーです。
先週のBOEは政策金利据え置き採決が7対2で通常通りでしたが、
BOEからの声明がタカ派よりだったことを受けて、ポンドは急騰しました。

ポンド円の直近高値は151.50円前後をつける強さです。

現在も150円台で推移していることから相場が反転した可能性があります。
長期の時間足をみていきましょう。

ポンド円月足をチェック

出所:GMOクリック証券


月足は長期の下落トレンドでしたが、月足でもボトムを脱したように思えます。

ブレグジット後、長らく抑えられていた高値の148円を突破したことをうけて、
長期プレイヤーもポンドの買い戻しが大きく起きたようにも思えます。

まだIMMポジションに反映がされておりませんが、
今週のポジション量は大きくポンド買いに傾いているでしょう。
こちらは要注目です。


さて、ポンド円のターゲットなのですが、
現在、38.2%戻しラインが151.50〜152円で控えております。

ここはおそらく近々抜けていくでしょう。
既に成行きで買ってしまっても良いように思えます。

そしてここを抜けますと。160円の半値戻しポイントが見えてきます。
今月、来月のターゲットはひとまずここのラインでしょうか?

160円の手前では大きく利食いが入ると思いますが、
それまではひたすら押し目買いが良いように思えます。

ぜひポンドトレードにトライしてみてください。

FOMCもタカ派寄りになるか?

さて、今週はFOMCも控えております。
日本時間ですと木曜日の早朝です。

市場予想では、バランスシート縮小に着手と利上げはなしというのがコンセンサスです。

しかし、ここ最近米ドル売が非常に活発だったため、
メインのドルストレートに対して全て米ドルが下落をしておりました。

年初からドルインデックスの指数をみても明らかに弱く推移をしていたのです。

この半年以上のドル安が何をもたらしたかというと、
米経済の底上げです。


少し息切れ感があった年初から春先の米経済指標ですが、
ここ最近好調な経済指標がまた帰ってきております。

特にインフレ指標のCPIは事前予想を上回ってきております。
前年比では+1.9%と好結果です。

10月か11月ぐらいまでには2%を超えてくるでしょう。

となると、12月の利上げ確度が上がってくるのです。
これを踏まえてドル円チャートを分析しておきましょう。

出所:GMOクリック証券

現状、12月の利上げはまだ織り込んでおりませんので、
チャンスだと個人的には考えております。

そこまで米経済を悲観する内容にもなってきておりませんから、
もしかしたら今週のFOMCは年初コンセンサス通り、
利上げは年3回で正しいのかもしれません。

ドル円は114.50円を目指す展開となるでしょう。

こちらも日足レベルでは上昇トレンドになりつつありますので、
買いトレードを推奨したいと思います。
RCIは3本とも上向きです。

111円に強いサポートラインが引けますので、
ここをバックに押し目買い戦略を実施していくと良いのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
脱サラに成功したFX・仮想通貨トレーダー。 現在はラジオ日経パーソナリティやFXコラムニストとしても兼業して活動中! 主に短期スイングトレードが得意。
最新記事 by ひろぴー (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.