• ドル円の戻り売りで断続的に損切りを強いられている?
  • 年後半は思いもよらぬリスクオンの可能性!?
  • 少額の戻り売りを継続されるほうが無難かも?


ひろぴーです。

今週から大きくドル円ショートカバーが入っております。
ドルを買う理由は見当たりませんがこの調整は強烈です。

市場参加者の多くはドル円の戻り売りで、
参戦しているものとみられ断続的に損切りを強いられているように思えます。

この値動きはもうしばし続くかもしれません。
膿を出し切って小動きになってから再度下落するのか、
再び上昇するのかを見極めなければいけない展開です。

北朝鮮リスクが後退をした場合

国連の安保理決議で妥協案が提出されました。
ひとまず軍事衝突は後退したでしょう。

先週の安値107.30前後から急進で109.50前後で推移をしております。
2円以上の上昇となっており、
多くの市場参加者のショートポジションが捕まっているでしょう。

また北朝鮮と米国はスイスにて非公式で接触していると見られ、
こちらで何かしらの妥協案が密会にて決まっていれば、
本当にこの争いは集結するかもしれません。

そうなりますと、ドル円は全戻しでしょう。
110円を超えて114円ぐらいまでは戻す展開が予想されます。

また今年は米ドル安が継続している状態です。
半年以上もドル安で推移をすれば、
再び経済指標も活発化されている可能性があります。

来月の米国経済指標はハリケーンの影響は、
限定的で予想を上回る好結果が多く出てきた場合、
さらに上値を伸ばす展開があるかもしれません。

リスクオフ要因ばかりで世界中がそちらに注目をしておりますが、
誰が見てもわかる内容どおりにはならないことが相場の常です。

もしかしたら年後半は、思いもよらぬリスクオンがあるのかもしれません。

ドル円日足分析

出所:GMOクリック証券 プラチナチャート

ドル円の日足分析です。
テクニカル形状的には底が入った形状です。

この下落トレンドも戻しの目処は110.25前後が38.2%戻しです。

そして半値戻しの50%が111円の手前となっております。
このあたりを目処に短期的なドル円ロング、
またはここをバックに再度ショートを積み上げていくと良いかもしれません。

ただし、テクニカル的にはRCIが3本とも上昇を示唆しております。
RCI26の日足ダイバージェンスは強烈にワークすることがあります。

そしてまだまだドル円ショートは捕まっている形ですから、
111円を抜けたらあっという間に上昇トレンド入りすると思われます。

こういったボトム圏で急激に上昇する相場というのは、
流れが変わりやすいことが経験上多いです。

通常の相場より多くのプレイヤーが捕まっている証拠ですから、
そのまま無理矢理トレンドが反転してしまうこともしばしばあります。

ファンダメンタルズ的にもどうしても戻り売りを選択しがちですが、
実は結構危険なポイントですから、少額の戻り売りを継続されるほうが無難かもしれません。

ぜひ、上記のドル円ポイントを今週はチェックしておいてくださいね!

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.