• FXに希望的観測は厳禁!FXの最大の鉄則とは?
  • プロトレーダーが利益をだしてる3つのポイント
  • 損失をストップ!損切りを徹底する手法!?

FXというとレバレッジやテクニカル分析など、どうしても利益を出すための技術に目が向きがちです。
僕も最初はテクニカルをたくさん組み合わせて、必勝法を探し続けていました。

でも「これなら必ず勝てる!」と思っても、相場は日々変わるもの。
手法が相場に合わなくなってくるとどんどん負けがかさんで、ロスカット寸前…なんてことも何回も経験しました(涙)。

そんな中で気が付いたのが「損をできるだけ小さくすることは、利益を大きくすることよりも大切」ということでした。

FXの経験が豊富な方からしたら「何を当たり前なことを…」と言われてしまうかもしれませんが、初心者のころはその大切さがなかなか実感できないんですよね。

この記事ではFXをはじめた方こそ最初にチェックしていただきたい、「損切り」についてご紹介します。

【損が出た(泣)、その時あなたは「いつかは戻るさ」と考えていませんか?】

チャートを分析して、これなら間違いないと注文を出した後、含み益が出ているうちは気分がいいものです。自分の予想が当たったのもうれしいですし、何よりも利益がどんどん増えていくのは見ていて快感です。

そのうちレートが予想した方向とは逆に動いてきて、あれよあれよという間に含み損が…
なんてことよくありますよね。
こんな時「さっきまで順調に含み益が出ていたし、ちょっと待てばいつかは戻るさ」と考えがち。

どんどん為替レートが動いていき、気が付いたら取り返しが効かないような含み損になってしまった、というのはよくあるパターンです。

基本的に含み損が出ていても、決済するまで損失が発生することはありません。

「絶対に損をしたくない」という気持ちから、「決済せずに我慢して利益が出るまで待つ」というパターンにはまってしまい、結果的に大きな損失を出してしまうのです。

こうしたトレンドの逆行に対応しないままトレードを繰り返してしまうと、同じような間違いを繰り返してしまいます。

また一度トレンドが生まれると、そのトレンドはしばらく継続します。
つまりその後レートが戻ってきたとしても、含み損が出ているポジションが元に戻り、含み益がでるまでかなりの時間必要になるということです。

その時間耐えるのはなかなか大変ですよね…。
そもそも含み益が出るまでレートが戻るという保証はどこにもありません。

FXに希望的観測は厳禁。常に現在の状況から判断していかなくてはならないのです。

FXの最大の鉄則は「損失を限定する」ことなんです。

FXを始めるとどうしても「勝つこと」「利益を出すこと」に関心が行きがちです。そのため勝率を上げるためにテクニカルの研究に没頭する人もいますよね。

でも有名なトレーダーでも必ず勝っているというわけではありません。そもそも相場には「絶対」はありません。
どれほど力のあるトレーダーだとしても、その相場ごとで一番的確な判断をし、利益を上げるというのは神業に近いのです

プロのトレーダーはこうして利益を出している!3つのポイント

ではプロトレーダーたちはどうやって利益をプラスにしているのでしょうか。ここでキーワードになるのは「相場分析」「ポジションの大きさ」「小さく負ける」の3つです。

まず「相場分析」については、テクニカルやファンダメンタル分析でおなじみですよね。
分析方法は数多くありますが、その中から自分のトレードスタイルに合った分析方法を見つけることが大切です。
トレードを重ねていと自分に合った時間軸や通貨ペアがわかってくるので、経験を積むことも重要ですね

次に大切なのは「ポジションの大きさ」です。
証拠金にレバレッジを最大にかけると大きな取引ができるようになります。勝っているときはいいのですが、負けた場合は大きな損失になってしまいます。

もし大きくレートが逆に動いたとしても許容できる大きさのポジションなら、トレードを繰り返しても想定以上に損失が膨らむということはありませんし、何よりも安心してトレードできます。

最後に一番大切なのが「小さく負けること」。相場に絶対はありませんから、どれだけしっかりと相場分析をしていたとしても、負けることはもちろんあります。
そうした想定外の場合でも「ここまでは許容できる」という損切りラインを決めておけば、損失を限りなく小さく抑えることができます。

「損切りができる人」と「損切りができない人」で利益に大きな差が!

「小さく負ける」ということは損失を抑えると同時に、次のトレードのための証拠金を守ることにもなります。「損切りができる人」と「損切りができない人」を対比しながら考えてみましょう。

Aさんは証拠金10万円でデイトレードをメインとしています。
レバレッジは10倍ほどで、しっかり相場分析もしています。
「損切りが大切」と本で学んだので、証拠金の1%、つまり1000円以上の損失は出さないようにポジションを調整しています。

Bさんも証拠金10万円でデイトレードをメインとしています。
同じくレバレッジも10倍ほどで、相場分析もしっかり行っていますが、
「決済すると損失が確定してしまうから…」と損切りはせず、利益が出るまで我慢するスタイルです。

AさんもBさんもトレードをはじめ、1ドル100円の時にポジションを取りました。証拠金10万円で10倍のレバレッジを使っているため、双方1万通貨のポジションです。

この時Aさんは10万円の1%である1000円を損切りラインとし、-10pipsで逆指値注文を出すことにしました。Bさんは損切りを特に設定していません。

相場が動き、1ドル100円から99円にレートが動きました。この途中で逆指値注文にかかったため、Aさんは1000円の損失を出しました。Bさんは99円までレートが戻ると我慢してしまい、結果10000円の損失になってしまいました。現在の証拠金はAさんが99000円、Bさんは90000円となっています。

もしAさんとBさんのトレードを続けていたら、どちらが損失を大きくしてしまうかは明らかです。勝って利益が出るうちはいいのですが、負けのパターンにはまってしまうとどうしても負けがかさんでしまい強制ロスカット、ということにもなりかねません。

相場分析やポジション調整で「利を伸ばし」、損切りラインを必ず設定することで「損を小さくする」の両方でプラスに持っていくのが正攻法。

損失というのはどうしても目を背けたくなってしまうものなので、損切りはどうしてもおろそかになってしまいがちです。相場分析はもちろんですが、損切りについてもしっかり対策しておきたいですね。

損切りを徹底するために使うべき手法はこれ!

そんな大切な損切りですが、具体的にどうすればいいのでしょうか。

損切り対策に一番おすすめ!逆指値注文

一番におすすめするのは「逆指値注文」です。逆指値注文とは現在のレートより「価格が上がったら買う」「価格が下がったら売る」というように、指値とは逆の注文を出す方法です。「自分より不利なレートで指値を入れることになりますが、」損失を確実に止められるという特徴があります。

「逆指値注文」は損切りによく用いられるため、「ストップ注文」または「ストップオーダー」とも呼ばれています。

例えば現在のレートが1ドル100円とします。相場が上昇すると予想して買いポジションを持った場合、予想通りに上昇すれば利益がでます。
予想が外れて下落すると損失になってしまいます。

そこで「もし下落した場合、損失は最大でも1円までに抑えたい」という場合は、逆指値注文として「1ドル99円になったら売り」という注文を出します。逆指値注文を出しておけば、もしレートが下落したとしても、損失は1円に抑えることができるのです。

ちなみにこの逆指値注文は利益を確定するためにも有効です。
1ドル100円で、相場が上昇すると考えて買いポジションを取ったとします。その後予想通りに上昇し、1ドル110円になったところで、「1ドル105円になったら売り」という逆指値注文を入れます。

その後相場が110円から上昇し続ければ利益を伸ばすことができますし、もし110円から下降したとしても逆指値注文が保険となって105円で5円分の利益を確定できるので、安心してトレードできます。

状況に合わせて使い分けたい!そのほかの損切り方法

そのほかにもIFD注文、OCO注文、IFO注文など様々な注文方法があります。


「IFD注文」とは一度に二つの注文を出して、最初の注文が約定したら二つ目の注文が自動的発動される注文方法です。

例えば、1ドル100円でその後上昇トレンドになると予想し、「101円になったら買い、99円になったら売り」というIFD注文を出すとします。
101円になったら買い注文が制約し、同時に99円になった場合の売り注文も有効になります。予想とは反対の相場の動きがあった場合でも1ドル99円になった時点でストップ注文が発動するので、損失は2円で確定できるということになります。

「OCO」注文は一度に二つの注文を出して、どちらかの注文が約定したら別の注文が取り消しになるという注文方法です。相場がどちらに触れるかわからない時におすすめの注文方法です。

例えば1ドル100円で上昇トレンドに乗ったと予想して、1ドル101円になったら買いという注文を出します。その後「1ドル102円になったら決済注文、1ドル100円になったらストップ注文」というOCO注文を出します。
すると予想通り102円になったら1円分の利益が確定、100円になった場合は1円の損失が確定します。

このようにOCO注文ではすでに持っているポジションについて、決済注文とストップ注文を同時に出すことで、ポジションをずっと監視していなくても予想ラインまで利益を伸ばし、また損失を抑えることができます。

「IFO」注文は上記のIFO注文とOCO注文を組み合わせた注文方法です。
最初にIFD注文が約定した後に、自動的にOCO注文が発動されます。IFD注文では決済注文は一つしか発注できませんが、OCO注文では二つの決済注文が可能です。この両者を組み合わせることによって1度に3つの注文をだし、決済注文も2つ出せるようになります。

たとえば、1ドル100円とします。1ドル101円になったら買いの指値注文を発注するとします。
一定の利益を確保するため、「1ドル102円になったら決済注文、1ドル100円になったらストップ注文」という注文を同時に出します。
この場合予想通りに101円になったら1円の利益、100円になったら1円の損ということになります。

IFO注文は新規注文から決済まで自動でできる便利な方法です。仕事などで為替レートをチェックできない方には特におすすめです。

逆指値やIFD、OCO、IFOと4つの注文の仕方について説明しましたが、どれもチャート分析と組み合わせれば「利を伸ばし、損失を少なくする」トレードができる注文方法です。損切りを考える場合は、ぜひ参考にしてみてください。

あなたなりの損切りルールを決めて、勝ち組FXトレーダーを目指すべし

「損切りを考える上での注文方法は分かったけど、そもそも損切りってどうやって決めるの?」と疑問に思う方も多いと思います。
そんな時にポイントになるのが「リスクリワード」です。

リスクリワードとは?

「リスクリワード」とはそのトレードにおいて、損切りまでのpipsと利益確定までのpipsの割合のことを言います。例えば損切りが30pips、利益確定が60pipsの場合リスクリワードは1:2ということになります。

相場分析を行い、トレード回数を重ねていくと、自分のトレードスタイルのリスクリワードがわかるようになります。
そこでさらに研究を重ね「どうなった場合利確するのか、どういう動きをしたら損切りするのか」と自分なりのルールを決めていくと、よりリスクリワードを高められるようになります。

損失を抑えられれば抑えられるほどリスクリワードの比率は高まります。
つまり、利益は伸ばすか、そのままにするかのどちらかにし、損失を抑えることを重要視するのがリスクリワードの考え方です。


そうはいっても、最初から損失を抑えたトレードをするのは難しいので、初心者の方はまず1:1や1:2を目安にするようにしましょう。

損切りの要!ストップロスの決め方

自分のトレードスタイルにおけるリスクリワード比が決まったら、損切りのポイント、ストップロスを決めることになります。

ストップロスは各自自由に決めてよいのですが、「証拠金の1%を目安にpipsで決める」「直近の安値・高値に置く」「テクニカルポイントに置く」「エントリーポイントにストップを置く」といった方法があります。

「証拠金の1%を目安にpipsで決める」という場合、損切りになったとしてもその後も十分にトレードできる証拠金が残っていることになるので、安心できます。

例えば証拠金が10万円の場合、10万円×1%=1000円ということになります。1万通貨で取引している場合、10pipsで1000円の損失になるので、10pipsを損切りとして設定します。
10pipsで損切りになったとしても9万9000円が残っているので、十分にトレードできる証拠金が残っていることになります。

また直近の安値や高値も損切りポイントとしておすすめです。
直近の安値や高値は、トレンドを見る上で重要なポイントとして意識されており、実際に直近の安値や高値を超えるとトレンドががらりと変わってしまうこともあります。
つまりこれまで考えていたシナリオとは変わってしまう=損切りのポイントとして考えることができるのです。

直近安値や高値を損切りポイントとする場合は、チャート上に安値や高値を通る平行線を引いたりするなどして、意識されている為替レートを探ってみましょう。

他にもよく意識される20日移動平均線を割ったら損切り、などテクニカルを利用する方法もあります。この場合は自分の手法を研究する中で、反転のポイントをつかむことが大切ですね。

また為替レートが予想通りに動き、利益が十分に出た場合「エントリーポイントにストップを置く」という方法もおすすめです。

今後エントリーポイントを下回ることはないと判断して、エントリーポイントにストップを置くと、もし急な変動があったとしても損失は0になります。損切りの応用ともいえる考え方ですが、順調にトレードができるようになったらぜひ取り入れたいですね。

損切りの大切さや具体的な方法について解説してきました。FXというとどうしても利益に目が向きがちですが、大切なのはどれだけ損失を抑えられるか。

ぜひ自分なりの損切りルールを決めて、安定したトレードを楽しんでくださいね。

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.