• 今週からショートカーバー相場になる
  • ドル円は再び108円がボトムに!
  • 今取るべきポジションは?


ひろぴーです。

朝鮮日報より、グアムへのミサイル発射を断念したと報道があったようです。

金正恩は米国への再度の挑発には釘を刺しているものの、この一連の騒動は一旦終息に向かいそうです。

リスクオフ相場が数週間続きましたが、ここからショートカバー相場が数日間〜1週間程度つづくでしょう。

NASDAQの先物指数をはじめ、米国株はすでに大きく戻し始めており、
そこでこのヘッドラインニュースですから、NASDAQ先物指数も今週中に史上最高値を更新しそうです。


出所:GMOクリック証券 CFD プラチナチャート

米国株式市場はこのような大陰線が出現後、全戻しを演出したときは決まって高値を更新してきます。
おそらく今回もそのパターンになるのではないでしょうか。

この米株式が悪材料に反応をいまいち見せず、都合の良い指標に反応を繰り返しておりますから、
今回もそのパターンが濃厚でしょう。

それ以上に反応し、リスクオンを演じます。

これが特に昨年から為替市場を難しくしている原因だと考えているのですが、
ドル円やクロス円が急激に戻す証拠です。

ドル円は再び108円台をボトムにレンジ相場に戻っていくこととなりそうです。
その特徴を今回はお伝えしようと思います。

日足ボトム圏での反転は一気に半値戻しになる!?


出所:GMOクリック証券 プラチナチャート

今年に入って3度目の下抜けトライに失敗をする?かもしれません。

再度下値を割り込めませんでした。

4月と6月にもあったように、ボトム圏で長めの陽線を連続させるとその後押し目もなく
上昇しているのがお分かり頂けると思います。

4時間足で過去の反転チャートを確認してみましたが、やはりなだらかな上昇相場が継続をしておりました。

実に入りづらい形状です。

過去に戻り売りで何度もやられた記憶がありましたので、
今回ばかりはこの初動を捉えて失敗しないようにしたいと考えております(笑)

おそらくですがAIが相場を手動しており、悪材料で反応をしなくなった→一早く市場の思惑とは逆のポジションを取る、
といった感じでインプットされているのでしょう。

これが昨今の急激な戻しにつながっているのだと考えております。

ですので、トリプルボトムやダブルボトムなど、きれいに決まるチャート形状が
最近ほとんどお目にかかれなくなったように感じます。

垂直落ちから日足の十字線や下ヒゲを残したローソク足から一直線に戻す機会も多く、
これが人間トレーダーを苦しめている証拠ではないでしょうか。

今回の一連のリスクオフ相場はこうでした。

夏秋に向けたリスクオフポジション(リスクオフ)→米国の経済指標が悪化気味になってきた。(リスクオフ)→北朝鮮問題で円買い相場勃発(リスクオフ)→北朝鮮ミサイル延期(リスクオフ否定)

リスクオフ材料が連続的に市場に投下され、誰もが売りに傾いたため、
このタイミングで非常に些細なリスクオン材料を投下するだけで、
市場は通常の2〜3倍の反応を大きく示します。

まさに今週がそのタイミングではないでしょうか。

素直にドル円やユーロ円のロングポジションを取るのが良いように感じます。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。
最新記事 by ひろぴー (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.