• 1から発注方法を勉強しよう!
  • 想定変動幅とは?
  • 注文の削除や修正はどうやるの?

今まで、サイクル注文の考え方等についてご案内してきました。今回は、具体的な発注方法について確認しましょう。リアル口座では公開トレードを実行中ですので、デモ口座で設定方法を確認します。

サイクル注文の発注方法

ログインしましたら、下の画像の1「新規注文」をクリックします。そして、一番下の「サイクル注文」をクリックします。

余談ですが、選択肢の一番上が「iサイクル注文」で、サイクル注文は一番下になっています。ユーザーが間違えてしまわないように配置しているのでしょう。

さて、次に「想定変動幅」と「対象資産」を選択します。

想定変動幅:

為替レートはこれくらいの範囲で動くと思うな!という数字を入力します。pips(銭)の単位で入力しますので、5円の範囲で動くと思えば「500」と入力します。

この数字を考えるのが難しい場合は、すぐ上にある「参考期間」で選んでも良いでしょう。参考期間の選択肢から選ぶと、その期間での値動きの大きさを想定変動幅に反映してくれます。

対象資産:

対象資産の欄に入力した資金量の範囲で、複数の注文が設定されます。

では、具体的に何本の注文が発注されるでしょうか。それは、この「対象資産」の数字次第です。この数字が大きければ、数多くの注文が設定されます。金額が小さければ、1本だけということもあるでしょう。

なお、この対象資産は、口座への入金額全額を指定することもできますし、それよりも小さな額にしても構いません。ここでは仮に100万円と入力しました。デモ口座ですし、大きく入力してもOKです。

入力したら、画面右下にある「計算」をクリックします。すると、下の画像が出てきます。

右側の1の四角に、注文の詳細が出てきます。確認してみましょう。

・注文数は13本(最大ポジション数は13)
・ポジション間隔(値幅)は38pips(銭)

すなわち、38銭ごとに発注していて、全部約定するときの最大ポジション数は13ということです。ちなみに、利食い幅は値幅と同じ38銭です。

そして、注文一つ一つの具体的な内容が表になって表示されます。左側の2の四角部分では、チャート内にイメージ画像が表示されます。どの位置で注文が出されるのか、とても理解しやすいです。

さて、この注文を見た結果、ちょっと発注数が多いから減らしたいな、と思ったとしましょう。注文を減らすのは簡単です。下の画像の通り、削除したい注文のレ点(オレンジ色のチェックボックス)をクリックして、チェックしていない状態にします。

すると、チャート画面上でも注文が削除されます。

注文を削除する場合の、売買レートの変化

さて、注文を削除して調整する場合、新規取引レートと利食いレートが変化します。うっかり見逃してしまうところかもしれませんので、少し詳しく確認しましょう。下の画像は、レ点を外していない初期設定状態です。

そして、上から2つ目と3つ目のチェックを外しました(下の画像)。すると、上から4番目の注文の「利食いレート」が変化しているのが分かります。

(チェックを外す前) 112.31
(チェックを外した後)113.07

この113.07が意味するものですが、最も上の新規注文のレートと同じになっています。もう一度、レ点を外す前の注文を見てみましょう(下の画像)。

一番下の注文は、111.55円で買って、111.93円で利食い決済します。そして、そのすぐ上の注文では、利食い決済レートである111.93円で買って、112.31円で利食い決済します。以下、同じようにして一番上まで続きます。

上の図では、一番上の新規買い注文(113.3円)と、一つ下の決済注文(113.3円)が同じ数字になっていることを示しています。

これは、想定変動幅で為替レートが動く限り、常にポジションを持てるように注文を敷き詰めていることを意味します。

設定した想定変動幅の範囲で為替レートが動くということは、為替予想が適切だということになります。そこで、予想通りに動いているうちはどんどん取引しましょうという意図でしょう。どんどん取引できれば、繰り返し利食いできます。

注文位置の修正

上では、注文を削除する方法を確認しました。次に、注文の削除ではなく、「注文の位置」を変更する方法を確認しましょう。

これはとても簡単です。上の画像では、買い注文を105円に変更した様子を描いています。「新規指定レート」欄をクリックして、希望の数字を入力します。すると、注文位置が変更されます。それに伴って、チャート上の発注位置も変更されます。

上のチャート画面を見ますと、一つだけ変な位置に発注されている様子が良く分かります。右側の注文一覧表だけしかなかったとしたら、このような変な発注をしてしまっても気づかないかもしれません。

しかし、チャート上に注文位置が表示されるので、発注ミスを未然に防いでくれます。

こうして発注位置を確認して決めたら、画像下にある「注文」をクリックしましょう。一気に発注されます。後は、為替レートが動いてくれるのを待つだけです。

この「注文」をクリックした後ですが、すぐに約定してくれないと不満に感じてしまうかもしれません。その気持ちはとても良く分かります。しかし、リピート系注文とは、特定の範囲に為替レートがやってくるのをじっと待つ取引です。

そこで、発注したら気長に待ちましょう。為替レートの動きによっては、気づいたら約定メールがいくつも届いていた!という嬉しい状態になります。

米政策金利引き上げでトレード成績はどうなった!?

The following two tabs change content below.
ゆったり為替
FXの専業トレーダー。リピート系注文を実践中。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.