FXで必要となるお金って?初期の投資資金はいくら必要?

FXには自己資金がいくら必要なのか

FX取引をするためには、
自己資金をFX会社の口座に入金する必要があります。

でもこの自己資金いくらぐらい必要なのでしょうか。

FXにはレバレッジという仕組みがあり、
少額でも取引ができるのが大きな魅力です。

例えば5万円の入金であってもレバレッジを25倍にすれば、
100万円分の取引ができることになります。

しかし大きな取引ができるということは、大きな利益を得られる可能性もあれば、
初心者の方は必ず余裕資金で、大きく損をする可能性もあるということでもあります。


かつ少額からはじめるようにしましょう。

とはいっても「大体いくらぐらいが目安になるの?」と疑問に思うこともあると思います。
おすすめなのは10万円から始めてみることです。

自己資金があまりに少額だとなかなかポジションを持てず、
十分な取引ができないこともあります。


10万円ならレバレッジ5倍で50万円、
レバレッジ10倍で100万円分の取引ができることになりますから、
少額からでも十分な取引が可能です。

迷った方は、まずは10万円から始めてみてはいかがでしょうか。

FXを始める前に仕組みを再度おさらいしよう

FXの正式な名称は「外国為替証拠金取引」です。
英語のForeign Exchangeを略してFXと言います。

この名前から分かるように、FXとは、二つの通貨を交換する為替取引なのです。
ドル/円のように、AとBの通貨ペアがあって、
片方を買ったり売ったりして収益を得ることができます。

例えば120円でドル/円を1通貨買い、円安で122円になれば2円の利益が出ます。
逆に120円で1通貨売って、円高で118円になっても2円の利益が出ます。

もし1000通貨、1万通貨で取引すれば、利益もそれぞれ2000円、
20000円になりますが、そのための元手がそれぞれ12万円、120万円必要になります。

FXは必要な証拠金を業者に預けることで、
レバレッジを効かせて、元手の何倍もの取引ができるシステムです。

必要証拠金とは?

labo_11

「必要証拠金」とは取引に必要な金額のコト。
現在、日本国内のFX会社ではレバレッジは最大25倍。
つまりですね、取引金額の最低4%を証拠金として
預かるって言うコトなんですよ。

例えば1ドルが100円の時にドルを1万通貨買うとすると
通常(レバレッジ1倍)は100万円が必要。
でもレバレッジ25倍だとこの4%になるので、
必要証拠金はたった4万円でOK
というコトに。

昔はレバレッジ規制がなくて400倍というレバレッジで取引が可能でした。
「レバレッジが高い」ということは、「危険な取引だ」。と言うコトで、
投資家保護のためにレバレッジ規制したんですが、必要証拠金が少なくてOKというコトは
残りを新たな取引に使ったり現在の取引のより多くの損失を補えるというコトに。

資金を効率よく回転させることができるってコトでもあるんです!

自分のトレードを熟知してリスク管理がしっかりとできれば
多少高レバレッジでも問題ナシ!と言いたいところだけど、
プロの為替ディーラーでも何10倍もレバレッジをかけて
トレードをするということは稀だって覚えといてください!

具体的に例を用いて考えてみましょう。

例えばドル円が1ドル=100円の時に1万通貨のポジションを持ちたいとします。

1万通貨のポジションを持つには、
100万円が必要ということになります。

この時レバレッジを10倍にすれば必要証拠金は10万円、
25倍にすれば4万円で済むということになります。

大きなレバレッジは注意が必要ですが、
少額取引ができるのはうれしいですね。

有効証拠金とは?

証拠金はある程度余裕を持って入れておく必要アリ。
取引で利益が出ればそのまま口座に戻ってくるけど、
取引で損が出れば当然を証拠金(残高)から差し引かれるから。


「有効証拠金」とは、口座残高から現在の取引で出ている損益を差し引いたた金額。


そう覚えといてくださいな。


例えば証拠金総額が10万円の取引を行なった場合、
評価上の損失額が2万円出たとすれば、有効証拠金は10万円-2万円=8万円。


FXは口座に入金した金額によって取引できる規模が違ってくるので、
多くの資金を入金すればするほど、大きな取引が可能&大きな利益が狙える。

じゃあ最初に証拠金として口座に入金するお金はどれくらいが良いのか?


FX業者は大抵「当初最低入金額」といって入金する最低の金額が決められてますよ。

1万円~10万円が一般的。
でも1万円で買えるのはレバレッジをかけても数千通貨ぐらい。

例えばドル円が1ドル=100円の時に1万通貨単位での取引から始めるのであれば、
レバレッジ10倍で取引すると最低10万円が必要になります。

これに余裕を持たせて入金する必要がありますから、
15万円から20万円入金するのが望ましいでしょう。


1000通貨単位取引きでFX会社を徹底比較!少額資金から始められるFX口座はこちら!

維持証拠金・証拠金維持率・余剰証拠金ってなーに?

維持証拠金=現在の取引を維持するための最低限度額。
余剰証拠金=取引中のポジションの損益や必要証拠金を
全て加減した上で新たな取引に使用できる証拠金。


証拠金維持率って言うのは「マージンコール」や
「ロスカット(強制決済)」の基準となる数値のコト。


証拠金維持率は有効証拠金÷必要証拠金×100(%)で算出されますよ。

具体的に考えてみましょう。
ドル円が1ドル=100円の時にレバレッジ10倍で1万通貨のポジションを持つとします。
この時維持証拠金は10万円ということになります。

ではここから2万円の利益が出たとして、証拠金維持率はどれぐらいになるでしょうか。
計算は12万円÷10万円×100(%)=120
つまり120%ということになります。

証拠金維持率が各FX会社の基準を下回ると「決済するか、追証(追加の証拠金)を入金して下さい」

という旨の「マージンコール」が執行されちゃいます。。。


取引画面にメッセージが出たり登録しておいたメールアドレスにメールが来たり。
そして、いよいよ資金が底をつくというレベルに達すると「ロスカット(強制決済)」執行!


マージンコールやロスカットの基準レベルは
証拠金維持率が100%を切ったらマージンコール、
さらに50%を切ったらロスカットなど
FX会社によって基準は様々。


これにより自分の口座の状態を知ることができ、

口座に入金した金額以上の損失を被ることがないような
仕組みなんですが・・・


聞いてはいたけど、いざ取引を開始してマージンコールなどが来てしまうと超混乱。

はじめてマージンコールをもらったときのFX課長、
半ばパニック状態であわあわしてしまいました。
ここで話したコトは事前情報としてしっかり覚ておいてください!

高すぎるレバレッジは危険!リスク管理を徹底しよう

現在レバレッジは25倍まで使えるので、
用意できる必要証拠金が少ない人にとってはありがたいですよね。

でもレバレッジは諸刃の剣。
うまく使わないとヒドイ目にあいます。

例えばドル円が1ドル=100円で4万円を証拠金として取引を行うとします。

25倍のレバレッジを使った場合、
4×25で100万円の取引が可能になり1万通貨でトレードできることになります。

やや低めの10倍のレバレッジを使った場合は、
4×10で40万円の取引が可能になり4000通貨での取引が可能になります。

まず利益について考えてみましょう。
100pipsを取った場合1万通貨では10000円の利益になりますが、
4000通貨の場合は4000円の利益となり6000円の差が出ます。

次に損失を考えてみると、
100pipsの損失を出した場合1万通貨では10000円の損失、
4000通貨の場合は4000円の損失ということになり6000円の差が出るのです。

レバレッジは利益を大きくすることもできますが、
損失も大きくしてしまう可能性もあります。


大きな取引ができるからといってむやみやたらに、
大きなレバレッジを使わないようにしましょう。

まずは口座を開設して準備しよう!

FXをするには、まず業者に口座を開設する必要があります。

業者によって「約定力が高い」「1000通貨から取引できる」「デモトレードができる」などの違いがあるので、
ここできちんと比較して、自分に合った業者を見付けることが大切です。

いくつかポイントがあるので、FX口座開設の際には注目しましょう。

FXの取引には、手数料がかかりません。
代わりに売値と買値の差、つまり「スプレッド」がFX業者への手数料になります。
当然、スプレッドが狭いほど、コストが低くなるのでお得なんです。

約定力も注目!

ただしスプレッドが低くても、スリッページと言って、提示された価格よりもずれて注文が成立すると、ずれた価格分不利になってしまいます。
このような注文の成立力、つまり「約定力」を確認しましょう。
自信のある業者は自ら公表しています。

より少ない資金で始めたい方は1000通貨の業者選択を

初心者にとっては、最低取引量も注目すべきところです。
いきなり1万通貨からでは心細いもの。

せめて取引通貨単位が1000通貨から取引できる業者を選びましょう。
最低入金額の制限が無ければ、無理に多くの資金をつぎこむこともないですよね。

取引システムの使い勝手も重要なところです。

とてもわかりやすくて、
例えばチャートに表示できるテクニカルの数や経済指標の発表前に知らせてくれる機能があるなど、
その人のレベルに応じて自由にカスタマイズできると、
なお便利ですね。

PCやスマホなど、自分の取引する環境でシステムを提供していることも、
大事なポイントですよ。

慣れないうちは、いつでも相談できるサポート窓口も必要。
メールだけでなく、
電話で24時間サポートしてくれたら安心ですね。

おすすめの業者はSBIFXトレードと外為ドットコム

SBIFXトレードは、なんと1通貨単位で取引をはじめられる業者です。
小さな取引単位からはじめたいという方にはもってこいですね。

外為ドットコムは、1000通貨単位で取引ができる上に、
各種情報が充実しているのでぜひおすすめしたいFX業者です。

SBIFXトレード

・1通貨からFX取引ができる
・相場激変時も安定したスプレッド
・業界最狭レベルのスプレッド

SBIFXトレードのポイントは何といっても1通貨単位から取引ができること。

「1通貨なんて必要?」と思うかもしれませんが、
初めから1000通貨や1万通貨単位で取引するのは、
初心者の方にはなかなかハードルが高いもの。

1通貨単位から本番の取引に慣れていき、
徐々に取引単位を大きくしていくのがおすすめです。

またスプレッドはドル円0.27銭と最狭レベルですし、
相場の激変時にもかなりスプレッドが安定しているところもポイントです。

外為どっとコム

・1000通貨単位で取引ができる
・情報が充実している
・スワップポイントが高め

外為どっとコムは、1000通貨単位から取引ができ、
初心者向けの情報が充実していることでも有名なFX会社です。

またスワップポイントも高めなので、
スワップ派にもおすすめですよ。

申込はネットで簡単に出来ます!

以上のポイントをチェックして、ここだ!と思える業者が決まれば、いよいよ申込です。

昔は口座開設にあたり、紙の書類に必要事項を記入して、
印鑑を押して、身分証明書をコピーして、
郵送しなければいけなくて、
その分、時間もかかりましたが、今はネット上ですべてが完結します。

ネット上で申し込みをすれば、
他の方法よりも早く口座開設が終わることが多いので、
ネット申し込みがおすすめです!

フォームに必要事項を入力して、印鑑は不要。

身分証明書はスマホのカメラで撮るか、
スキャンして取り込んだものを添付して送信するだけ。

あとはFX業者から取引に必要なIDやパスワード、
約款などの書類が送られてくるのを待つだけです。

審査が速い業者であれば、その日のうちに口座が開設され、
最短で翌日には書類が届いて、取引できるようになります。

クイック入金って何??

FXは通貨を買うのでその購入代金が必要です。
口座が開設されたら、まずはFXの資金を、
申込時に指定した金融機関から業者の口座へ入金します。

ネットバンキングを利用しているのであれば「クイック入金」を使うのが簡単です。

クイック入金を使えば、年中無休で24時間いつでも入金が可能です。

通常の銀行振込だと手数料がかかりますが、
クイック入金は手数料が無料です。

業者によっては370以上の金融機関に対応しています。

手続きが完了すると、システム上で即時に反映されるので、これで準備完了です。

基本的な注文方法について

FXの注文方法は、大きく分けて3種類あります。
「ストリーミング注文」と「指値注文」「逆指値注文」です。

ストリーミング注文とは?

「ストリーミング注文」は画面上に表示されている価格をクリックするだけの注文です。

左側をクリックすれば売り注文になりますし、
右側なら買い注文になります。

見たままの価格で素早く注文できますが、業者の取引能力によって、
価格がずれるスリッページが発生したり、注文を拒否されることも。。。。。。

指値注文とは?

「指値注文」は、相場の価格よりも有利に注文したい時に使います。

必ず指定した価格で成立しますが、
相場のトレンドに逆らった注文になるため、
注文が成立しなかったり、
トレンドの転換に巻き込まれて、あっという間に損をする可能性があります。

逆指値注文とは?

「逆指値注文」は、相場の価格よりも不利な条件の注文になります。

トレンドに乗りやすいメリットもある反面、指定した価格以上(または以下)で
注文が執行されるため、頻繁にスリッページするのが難点です。

取引が成立して利益が出たら、
今度はポジションを手放すための反対売買を行います。

これも、瞬時に決済したいなら「ストリーミング注文」、
より有利な価格で決済するなら「指値注文」を使います。

「損切り」のように、必要以上の損失を防ぐためには、
不利な条件で注文できる「逆指値注文」を活用します。

注文方法応用編

最初から新規注文と決済注文を組み合わせると、もっと便利です。
たとえばIFD(IF Done order)注文は新規注文と決済注文を同時にできます。
新規注文が成立した時点で、決済注文が有効になります。

OCO(One Cancels the Other order)は、二つの注文を同時に出して、
どちらか片方が成立すれば、もう片方はキャンセルされます。

利益確定の指値注文と損切りの逆指値注文を同時に出したい時に使えます。

この二つを組み合わせたIF-OCOという注文方法を使えば、
新規注文と利益確定および損切りの注文が一度で完了します。

うまく活用すれば、ずっと相場を見てなくてもいいし、
決済時に惑わされることもありませんね。

もし相場の急変があったとしても損切り注文が自動で発動しているので、
リスクヘッジにもなるので安心です。

準備が整ったらいざ取引開始!

基礎的な用語や注文方法を理解したら、いよいよ取引開始です。
まずは、通貨ペアの中から、自分が取引したいものを選びます。

決まったら、取引システムの注文画面からポジションの数量を決めて注文します。

この時、売買の判断基準となるのが、
テクニカルやファンダメンタルの指標
です。

テクニカルとは?

テクニカルとは、
通貨の過去の価格や取引量などから未来の相場の動きを予測する分析方法のことです。

例えばチャートに線を引いたり、
移動平均線やボリンジャーバンドといったツールを表示することで分析が可能になります。

ただ経済指標の発表や要人の発言などによる、
急な相場の急変には対応できないので、注意が必要です。

ファンダメンタルとは?

テクニカルと合わせて用いられる分析方法にファンダメンタルがあります。

ファンダメンタルとは、直訳すると「経済の基礎的条件」となり、
経済成長率や失業率などを分析して、
未来の相場の動きを予測することを指します。

ただし反応はまちまちだし、
情報の速さで個人トレーダーはどうしても劣るので、
流れに乗れないこともしばしば。

テクニカルもファンダメンタルも参考程度にとどめるのが一番です。
むしろ取引の経験を積み重ねることが、FXでは重要ですよ。

狙い通りの利益が出たら、決済の注文を出します。
逆に損失が出たら、潔く損切りしましょう。


わざわざ自ら、損失を確定する注文を出すなんて、って思うでしょ?

でも、今後損失が広がって、ロスカットされたり、追証が発生する可能性も。
そうならないうちに、ポジションを手放して損失を確定する方が、よっぽど安全なんです。

取引に慣れてきたら、ポジションサイズやレバレッジを調整してみたり、
新しいテクニカル指標を取り入れてみたり。
トライ&エラーを重ねながら、着実に収益をあげられる方法を確立しましょう。

ヤフーグループのFX会社!
YJFX!
YJFX!は豪ドル円をはじめとしたスワップポイントが高い事で長期投資派の方に人気があります。短期トレードをする場合でも、最近のYJFX!は低コスト化の傾向があるので、分かりやすい取引ツール含め、一番合うな~と感じる方はいると思いますよ!是非最新情報のチェックを!
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2018 GV inc. All Rights Reserved.