• フィボナッチの基本となる数値は?
  • フィボナッチリトレースメントとエクスパンションの使い方!
  • フィボナッチを使ったトレードの考え方とは!?

FXをやったことがないっていう人でも、
フィボナッチっていう名前を聞いたことがあるはずです。

数学で出てきたような?と覚えのある方もいるかもしれないフィボナッチ数列。
実はこれ、世界のいたるところで出てくる黄金比とかにも関係していて、
とにかく重要なんです。

FXトレードを行う中でも、
売り時と買い時を見極める重要なツールになるため、
実は世界中のトレーダーがチェックしているんです!

今回は、FXにおけるテクニカル分析でも重宝されるフィボナッチについて、見ていきましょう!

フィボナッチってめちゃくちゃすごいんです!

フィボナッチ数列が織りなす黄金比

FXにおけるフィボナッチを使った分析の前提として、
なぜ、このフィボナッチとやらが重要なのかということについて、知っておきましょう。

フィボナッチ数列は、
イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチにちなんで名づけられた数列のことです。

フィボナッチ数列は以下のようなものです。

1 1 2 3 5 8 13 21 34 55 89 144 233 ……
どういう数字の並びかと言うと、直前の2つの項の和が次の項の値になっています。

1+1=2、1+2=3、2+3=5、3+5=8 ……、といった具合ですね。
この数列、実はこんな特徴があるんです。

・任意の項で、その1つ前の項を割った値は0.618に収束していく
・任意の項で、その1つ後の項を割った値は1.618に収束していく
・任意の項で、その2つ前の項を割った値は0.382に収束していく
・任意の項で、その2つ後の項を割った値は2.618に収束していく
・任意の項で、その3つ前の項を割った値は0.236に収束していく
・任意の項で、その3つ後の項を割った値は4.236に収束していく

この比率がめちゃくちゃ重要なんですね。
なかでも1:1.618(0.618:1)は黄金比とも呼ばれる割合で、
FXに限らずいろんなところに使われたり、見られたりします。

例えば、実用的なところでいうと、昔からこの比率は美しいとされていて、
建築やらデザインなどの分野で使われています。

自然界の現象でいうと、松ぼっくりとか貝殻の巻き方なんかが、
フィボナッチ数列になっていたりします。
はたまた、宇宙を見ると星雲の渦巻きもフィボナッチが関係していたり…。

なんだか、話がでかすぎるので訳が分かんなくなってきそうですが、
とにかくすごいんだってことが分かればOKです!

相場とフィボナッチ比率

この重要な比率たちですが、
相場の世界ではどういった使われ方がするんでしょうか?

lab10559-1

上の図はフィボナッチ数列の考え方に従って、
最高値と最安値をそれぞれ0%と100%とし、線を引いたものです。

チャート画面でフィボナッチを選択して、
最高値と最安値をひけば、他の線も自動で引いてくれますよ。

ザックリしたイメージを図で書いてみましたが、1つのトレンドが発生して、
いったん天井を打ったとします。
天井となった後は落ちるわけですが、
その後の動きでフィボナッチ比率のラインが意識されやすくなるんです。

(図ではゴチャゴチャしないように0.382、0.618のラインしか書いていませんが、その他の比率も意識されますよ!)

これは、黄金比と言われる人間がもっとも自然に感じるようなバランスのところまで落ちたら、
買い支えたくなるという人間の性が原因なのかもしれません。

あるいは、そもそもそういうフィボナッチ比率が意識されるということ自体が市場に広まっているから、
というのが理由かもしれません。

何が真実かは分かりませんが、
事実としてこういったラインはチャート上で意識されています。

であるならば、チャートを分析する上では使わない手はありませんね!

今まで意識したことなかったという人は、この観点を付け加えることで、
今までより1つ、チャートを深く見られるようになりますよ!

フィボナッチ比率を使ったテクニカル

フィボナッチ・リトレースメントの使い方

フィボナッチ比率を使ったFXのテクニカル指標の基本となるのが、
フィボナッチ・リトレースメントです。

このテクニカルは、始点と終点を決めて、
その価格差をベースにして重要なフィボナッチ比率をチャート上に示してくれます。


つまり、一目でトレーダーたちに意識されやすいラインを表示してくれるんですね。

それではドル円の1時間足チャートに実際に引いてみましょう。

lab10559-2

0と1のところのグレーのラインが最高値と最安値を通っており、
その間に複数の線が引かれています。

これを引いて、このトレンドが止まったあと、
いったんどこまで押すのか、という観点で見るのが一般的です。

ちなみに、フィボナッチの比率ではないですが、
半値の50%ラインもFXでは重要なので、
フィボナッチ・リトレースメントを引けば普通は出てきます。


このチャートでは、終点の天井をつけたあとに戻しがありますが、
いったん61.8%ラインまで戻して(38.2%戻し)、反発しています。

そして、その後は上値を更新できずにズルズルと下がりますが、
38.2%ラインで何度も支えられ、上昇していっていますね。

このように、50%を含め、フィボナッチ・リトレースメントで示される節目のラインでは、
トレードの攻防が激しくなることが多いです。

トレーダーたちはみんなこのラインが分かったうえで取引をしているということですね。

フィボナッチ・エクスパンションの使い方

もう1つ、フィボナッチ関係のテクニカル指標を紹介しましょう。
フィボナッチ・エクスパンションです。

トレンドの波、波動という言葉を使ったほうがいいかもしれませんが、
この波の大きさもフィボナッチ比率となることがあります。

例えば、全体に上昇トレンドがでると、上げの波動がまず起こって、
次に調整の下げ波動がきて、さらに上げの波動が起こって…、という流れになります。

この1回目の上げの波動と、
2回目の上げの波動がフィボナッチ比率になる可能性が高いということです。

lab10559-3

これはエリオット波動理論のところでも少し出てきた話ですね。

エリオット波動とは、「相場にはサイクルがあり、
値動きには一定のリズムがある」とするもので、
「上昇5波、下降3波」のサイクルがあるというものでしたね。

エリオット波動論では、3波は1波の1.618倍や2.618倍といった長さになりやすいですが、これはフィボナッチ比率に由来するものだったんです!

そういう意味では、エリオット波動理論のなかでも非常に使いやすいテクニカルですね。

そして、何よりフィボナッチ・エクスパンションのいいところは、
目標値が分かるところ
です。

目標値があらかじめ分かっていれば、早めのイグジットができますからね!
それでは、実際にチャートで見てみましょう。

lab10559-4

オレンジと緑の2つのフィボナッチ・エクスパンションを入れています。

オレンジのほうが、エリオット波動理論で言うところの1波と2波を使って、
3波の終点の目標値を見つけにいっています。

3波の終点の手前ですが、きれいにFE161.8 のラインのところで一度押していますね。

これは「3波の長さが1波の1.618倍になりそうだ」と読んでいた筋が市場にいたということでしょう。

緑のほうは、3波と4波を使って、5波の終点の目標値を見つけにいっています。
これは見事にFE61.8のラインが終点になりました。

このように、フィボナッチ・エクスパンションを使えば、
目標値にアタリを付けることができるので、
特に利食いポイントを見定めるのに使いやすい
ですね!

フィボナッチを使った取引の考え方

フィボナッチ比率を使えば、チャート上の重要なラインを見つけることができます。

これらのラインではトレードの攻防が起こりやすく、
そこでトレンドが転換したり、あるいは、トレンドの波の終点
になったりします。

フィボナッチはこういったものを導き出すためのツールです。

ですが、いくら重要なラインを導きだすことができても、
全体のトレンドが分かっていなければ、FXで勝っていくことは難しいでしょう。

そして、フィボナッチはそのトレンドを見極めるためのツールではありません。

全体のトレンドは他のテクニカルを使って分析して、
その分析をベースにしてフィボナッチを使ってエントリー場所をより精緻に見極める。

こういった役割分担のイメージを持つといいでしょう。

フィボナッチを使えば、トレンド転換の先端や、
トレンドの波の終点をピンポイントで押さえることも可能になってきます。

そういう意味では、スイング、デイトレ、
スキャルピングといった取引スタイルに関わらず、あらゆる局面において役に立ちます。

フィボナッチを使いこなせるようになれば、
FX取引をやるうえでかなり強力なツールになることでしょう!

フィボナッチのデメリット

万能のように思えるフィボナッチリトレースメントですが、大きなデメリットがあります。

正確な高値と安値を見つけるのが難しい

あくまでフィボナッチリトレースメントは、
高値と安値を正確にとらえることで機能するツールです。

そのため高値と安値がきちんととらえられないFX初心者の段階で使ってしまうと、
うまく機能しないことが多いのです。

経済指標や要人発言などでは機能しない

これはほかのテクニカルでもいえることですが、
指標発表や要人発言といったアクシデントには対応できません。

あくまで取引を判断するツールとして使い、
損切りラインの見極め等も併せてしっかりしておきたいところですね。

他のテクニカルと組み合わせるのが〇

フィボナッチリトレースメントは、世界中の投資家から注目されているトレードツールですが、
初心者の方にとってはなかなか使いこなすのが難しい手法でもあります。

そのため複数のツールを組み合わせて精度を高める方がよいでしょう。

例えば移動平均線や一目均衡表などをトレンド系使って、
上昇トレンドか下降トレンドかトレンド相場を確かめましょう。


ローソク足にトレンドラインを引いてサポートラインやレジスタンスを確かめながら、
チャート分析を行うなど自分なりに試行錯誤してみることをおすすめします。

「チャート重視」でFX業者を選ぶなら!
テクニカル指標の種類、描写ツールを確認!
基本的なテクニカル指標を全て搭載しているFX会社を選ぶようにしましょう。
「描写ツール」や「操作性」もFX各社で差があるので、自分好みのFX業者を選択して取引をする事をおすすめします!
(スプレッド情報も一緒に掲載しています)
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • Copyright (C)2018 GV inc. All Rights Reserved.