• 投資信託を買うお金は余裕資金?それとも・・・?
  • 具体的な投資信託の選び方について!
  • 投資信託は結局どこで買うのがベストなの??

一口に「投資信託」と言っても、その種類は国内外合わせて5,000本近くあります。
その中から自分に合ったものを探すだけでも一苦労です。
投資目的や期間、コストや期待する利回りなど、様々な角度から検討して、ぴったりのファンドを探していきましょう。

いつまでに何のために?購入する目的を明確に!

まず、投資信託を購入する目的を明確にします。
運用する資産を何に使うのか、例えば子供の教育資金に使うのであれば、預け入れる期間は高校や大学に入学する時まで、必ず使うお金なのでリスクは大きく取れないといった具合です。

大きなリスクを取れないのであれば、基準価額のぶれを抑えるために、タイプが異なる複数のファンドを組み合わせたり、バランス型のファンドを選ぶことになるでしょう。
また、利子や分配金を再投資してファンドの保有量を増やすことで、基準価額が値下がりした時のリスクを軽減できるタイプの方が、資産を増やせる可能性が高くなります。

余裕資金の運用なら

逆に自動車の購入など、少し値が張るものを購入するための余裕資金を運用するなら、短期で投資効果が得られそうなファンドを選んでも良いでしょう。
ある程度リスクを取れるのであれば、アクティブ型や海外の株式投資信託も候補の一つになるかもしれません。

さらに資金を目標金額に増やすための利回りが計算できるのであれば、そのリターンを実現できるタイプが候補になります。

モーニングスターを活用しよう!ファンドを選ぶ

ある程度、目的に適う投資信託のタイプを絞ることができたら、次は具体的にファンドを選んでいきます。
日本経済新聞をはじめ、全国紙の経済欄にはファンドの基準価額が掲載されています。
また、マネー雑誌やムック本では各ファンドについて詳しく紹介しているものがあります。

インターネット上では「モーニングスター」を利用するのがお勧めです。
モーニングスターはアメリカを中心に、あらゆる金融商品を調査・分析し、情報を提供している機関です。
僕も投資信託を購入する際は、参考にしてますよ。

ファンド毎の特徴の違いが分かる

ファンドの検索では優良度を表すレーティングや、リスク、リターン、手数料や分配金など、様々な条件を設定できます。
また、あらかじめ保有しているファンドのタイプから、さらに保有するのに相性が良いファンドのタイプを調べることもできます。

投資信託の購入が初めてで、タイプまでは決めたけど、個別のファンドを絞りづらい場合は、ランキングやアナリストが勧めるファンドから選んでも良いでしょう。
個別のファンド情報では、基準価額や特長、コストや過去10年間のリターンやリスクなど、あらゆる情報が掲載されていますから、ファンドの性格をイメージしやすいですね。

また、モーニングスターには、資産を増やすための運用利回りを簡単に計算してくれる「金融計算」のページがあります。

どこで買う?コストや買い付け方法を考える

目当てのファンドが決まったら、どこで買い付けるかを決めます。
ファンドによっては取り扱っている証券会社が異なりますし、同じファンドでも証券会社によっては買い付け時の手数料がかからない「ノーロード」になる場合もあります。
特にネット証券は、人件費などのコストがかからない分だけ「ノーロード」で買い付けできるファンドを多く取り扱っています。

また、積立コースが利用できるなら、「ドルコスト平均法」によって基準価額の上下に一喜一憂することなく買い付けできますね。
株式投資信託のようにNISA口座での運用ができれば、値上がり益や分配金に税金がかかりません。

手間をかけた分だけ、大きな成果が期待できます!

このように様々な手順を踏んで検討することは時間がかかりますし、初めて遭遇する専門用語もたくさんあるでしょう。
また、ファンドの選択は運用の入り口に過ぎないので、保有している間も色々と考えなければいけないことがあります。

けれども、手間を惜しまないで投資信託を選ぶことで、今後の運用において大きな成果が期待できるとともに、リスクを可能な限り軽減することができます。
安易に妥協するのではなく、納得するまでじっくりと選びたいものですね。

The following two tabs change content below.
ユーミンパパ
FX課長の元職場の上司。2児の父で、20年ほど株式投資や投資信託などで資産運用をしている。家電好き。 また、奥さんがなかなかの節約家なので、そういった情報に関しても強いと自負している。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.