• スローストキャスティクスって何??
  • サインはどうやって判断すれば良いの??
  • 買いと売りの圧力を意識しながらトレードしよう!

やってきました!チャートクイズ!
今回は、スローストキャスティクスについてのクイズになります。
先日クイズにしましたストキャスティクスをもっとわかりやすくしたテクニカルであるスローストキャスティクス!

まずは、ストキャスティクスとスローストキャスティクスの違いを感じてもらうためにも、以前の復習のような形でスローストキャスティクスについての問題を出しますね!

それでは、チャートクイズです!

ストキャスティクス

こちらは、とあるドル円の日足チャートです。
スローストキャスティクスを表示しています。
エントリータイミングを答えなさい。

※テクニカルはストキャスティクスと表示されていますが、業者側の分類がスローストキャスティクスとストキャスティクスを一緒にしているためです。
設定上ではスローストキャスティクスを表示しています。

解答・解説

ストキャスティクス

いつもどおり、○の位置がエントリーポイントです。
ストキャスティクスの時と同じようにクロスの位置がエントリーポイントですね!

ストキャスティクス

以前出したように、80%と20%のあたりに搾ってエントリータイミングを考えるとこんな感じですね!
今回は、わかりやすく80と20のところにラインを引いてみました。

ストキャスティクスに比べるとなだらかなラインを描くのがスローストキャスティクスの特徴になります!
どちらの方が使いやすいかは個人によりますね!

スローストキャスティクスの使い方を考える

さて、ココまでだと以前とまったく同じような問題なので、今回は少しスローストキャスティクスの使い方を考えた問題をもう一問出してみますね!

ストキャスティクス

こちらもとあるドル円の日足チャートです。
先程と同様にスローストキャスティクスを表示しています。
ちょっと難しいですが、今回はスローストキャスティクスから、ドル円の値動きを考えてみて下さい!

解答・解説

まずは、実際の値動きがどうだったかというのを見てみましょう。

ストキャスティクス

値動きはこのような感じでした!
ローソク足の形はスローストキャスティクスと似たような形ですし、なんとなく想像できた方も多いのではないでしょうか?

FX課長が今回の問題から読み取ってもらいたい点

さて、今回の問題、今までと一風変わっているというか、モヤッとした問題だと感じたのではないでしょうか?
僕も、実は問題を作っていてモヤッとしてるな~と感じていました(笑)
というのは、僕自身、今回の問題からスローストキャスティクスの使い方を考えてもらいたかったからなんですね。

今回の問題を解説しやすくするために下の画像を用意しました。
3つの□とスローストキャスティクスの50のところにラインを引いてあります。

ストキャスティクス

そもそも、ストキャスティクスもスローストキャスティクスもオシレーター系のテクニカル分析ですよね。
つまり、買いの圧力・売りの圧力がどうなってるの?みたいな考え方が元になっています。

そういう点からスローストキャスティクスを見ると…

・緑の□→50を超えて80付近から下落を始める=買いの圧力が弱まり、売りの圧力が強まっている
・青の□→50付近でもたつきながらも徐々に上昇し80付近まで上がり、その場で横ばい=買いと売りの圧力が同程度だが、結果的に買いの方が優勢であった(その後、そこで横ばい)
・オレンジの□→先程と同様に50付近でももたついている=買いと売りの圧力が同程度

と、いった感じに読み取ることができるんです。
ローソク足の動きもなんとなくそんな感じですよね!

買いと売りの圧力について考える

ということで、スローストキャスから買いと売りの圧力について考えてみるクイズでした!
ローソク足が大きく動くのか小さく動くのかというのとは別に、「今、買いと売りの圧力どちらが強いのか」という点に注目して見るのも中々面白いものです。

「今、買い圧力が強いから順張りで買いで入ろう」
「そろそろ買われすぎで売りの圧力が出てきたから売りで入ろう」

そんな『買い』『売り』の圧力を意識しつつトレードするのも大切な事だと思います!
今回はスローストキャスティクスを取り上げてみましたが、MACDやRSIなどオシレーター系のテクニカルは沢山あるので、気になった方はそれらも見てみることをオススメします。

ということで、スローストキャスティクスのチャートクイズでした!
また次回をお楽しみに~。

”本当に使える”FX業者を2社Pickup!
DMMFX
DMM.com証券はついにFX口座数国内第1位の会社になりました!※ファイナンス・マグネイト社調べ。2016年2月口座数調査報告書
FX課長としてはライバル的業者のGMOクリック証券よりおすすめ出来ます!
スペックはほぼGMOクリック証券と横並びなので、こうなるとどちらを選ぶかはもはや好みなのですが、その中でもチャートが使いやすい!!とFX課長は感じているのです。
これからテクニカル分析を覚える必要があるFX初心者にすごくおすすめな業者ですよ!
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパンは1000通貨から取引可能な会社です。 外為ジャパンは派手な宣伝はしていませんが、約定力&操作性、スプレッドといったそもそものスペックが非常に高いFX業者です。 考えてみれば、スペックが良くないと、そもそも取引を増やそうと思わないですから納得の高水準です!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。
最新記事 by FX課長 (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.