• 住宅ローン審査のチェック項目とは?
  • 本審査は保証会社がやるって本当??
  • クレジットカードの利用などで影響はあるの??

住宅の購入は、人生で一番高価な買い物と言えます。
一括払いで購入するには、資金を貯めるのに時間がかかりますし、最も住宅を必要とする子育ての時期に、間に合わない方がほとんどです。
そのため、ほとんどの人は「住宅ローン」を利用することになります。

住宅ローンを利用するには、金融機関に必要な書類を提出して、審査を受けなければいけません。
住宅ローンの審査は厳しいことで有名です。
1,000万円単位のお金を、長期にわたって融資するのですから、金融機関もそれだけの信頼に値する人なのかを、慎重に判断したいのです。

こんなにチェックされるの?住宅ローンの審査について

公開されている主な利用条件として、勤続年数や年収、勤務先、完済時の年齢があります。
これに加えて、借入時の年齢や購入する住宅の担保評価、年収に対する年間の返済率が重視されます。
もし、団体信用生命保険に加入するのであれば、健康状態も大事な要素となります。

例えば、勤続年数は最低でも1年以上、年収は150万円以上が目安とされています。
ただし、これに加えて安定した職業に就いていることも、判断材料にされることがあります。
いくら年収が高くても、フリーターや派遣社員、自営業者だと「収入が安定していない」という理由で審査に落ちる可能性があるのです。

また、完済時の年齢は定年前が望ましいですし、年間の返済率は年収の30~35%に設定している金融機関が多いので、借りられる金額もそれに合わせて決定されます。
健康状態は住宅ローンの利用にかかわらず、家族を持つなら日ごろから気を配りたいものですね。

本審査が通らない!保証会社について

けれども、これらの条件を満たしているにもかかわらず、審査に通らないケースがよくあります。
特に事前審査では通ったのに、本審査で落ちることがあるのです。

事前審査は金融機関で実施しますが、本審査は保証会社が実施します。
保証会社は万が一返済ができなくなった時に、代わって銀行に弁済してくれます。
債権は保証会社に移り、借主は物件売却後の残った債務を、保証会社に返済することになるのです。

審査するところが違うため、住宅ローンの窓口である金融機関に問い合わせても、落ちた理由は分かりません。
また、金融機関と保証会社では審査する内容も異なります。

延滞や他の借入に注意!保証会社の審査基準について

特に保証会社が重視するのは、過去のクレジットやローンの履歴です。
例えば、クレジットカードの支払を延滞したことがあると、確実に審査に落ちてしまいます。
住宅ローンの返済も滞る危険性があると、みなされるからです。

意外と見落とされがちなのが、携帯電話料金の未納です。
銀行の口座にお金が入っていなくて、引き落としできなかったというケースも、延滞として記録が残る可能性があります。
年金や健康保険料の未納、税金の滞納は「義務の怠慢」として、これらの延滞と同じくらい重く見られてしまいます。

また、クレジットカードの保有枚数が多いと、審査に落ちることがあります。
これは、将来的にカードの限度額まで借り入れてしまう可能性を、疑われてしまうからです。
使っていないカードは、これを機に解約した方が良いですね。

信用情報は自分で見られるの?情報開示請求について

表向きの条件はクリアしているのに、なかなか住宅ローンの審査に通らない時は、過去にこのような金融事故を起こしていないか、確認してみましょう。
信用情報を管理している「全国銀行個人情報センター」や「CIC」では、本人が請求すれば、有料で情報開示をしてくれます。

過去の金融事故は、取引が終了してから5年間は残りますので、記録が消えるのを待つしかありません。
現在の借入状況も記録されていますので、キャッシングなどの借金がある場合は、速やかに返済しましょう。

このように、住宅ローンを利用するには多くの審査が行われ、借りる人の信用度を慎重に判断しています。
多額のお金を借りるのですから、他の債務はクリアにして、万全の態勢で申し込みたいものですね。

The following two tabs change content below.
ユーミンパパ
FX課長の元職場の上司。2児の父で、20年ほど株式投資や投資信託などで資産運用をしている。家電好き。 また、奥さんがなかなかの節約家なので、そういった情報に関しても強いと自負している。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.