• 今回の円安相場の流れを整理しよう!
  • 今後のドル円相場の予想!
  • 衆議院解散と消費税増税について

皆さん!ついにドル円レートが1ドル117円まできましたよ!!
誰がこんなに円安に傾くことを予想したでしょうか!!!
110円を越えたら円安が続くと予想していた僕としても、
まさかここまで急激な円安が来るとは予想していませんでした!!!

今回は、これまで・これからのドル円について僕なりにいろいろと考えを書いてみたいと思います!

そもそも、この円安の流れのはじまりは?

ここまで円安が進行した背景に、
10月31日に黒田日銀総裁が追加の金融緩和を発表した影響が大きくあります。
「市場に円をジャンジャン流しますよ!」と日銀が発表したわけですから、
日本円の価値が他の通貨に比べると下がってしまうかも?という考えから円が売られたのでしょう。
もちろん、もっと細かい背景や状況がありますが、ざっくりといえば円安の原因はこれですね!
【お祭り騒ぎ】黒田バズーカ砲の異次元追加緩和をまとめてみた!

と、大きな影響はこの日銀の追加金融緩和なのですが、この発表の2日前にアメリカがそれまでやっていた量的緩和を終了することを発表しました。
この発表で、ドル円相場が円安へと流れたのです。
(ドルを市場に流してたの辞めます!といえば、ドルの価値が上がるので、自然とドル買いの動きになりますよね!)

僕としては、今回の円安進行のはじまりは、このアメリカの量的緩和終了の発表だと考えています!!

117円まできたわけだけどFX課長の読みはあたってた?

僕自身、流れは円安方向への流れだと思っていたし、過去記事でも一貫してそういった流れであるという事を書いて来ました。
とうとうドル円は109円台に。FX課長の円安予想は当たってる(笑)
空前の円安トレンドだが、もし102円ショートを持ってたらこうリカバリするって話。
ドル円が106円台まで来た訳だけど、これからの戦略をあらゆる角度から考えてみた。

ただ、冒頭にも書いたように、ここまで急な円安が来るとは思っていませんでした。
僕としては、『消費税増税の決定』で相場が多少動くのでは~と思っていましたが、『追加の金融緩和決定』で急激に動くとは本当に予想外でしたね。

急激な円安についてFX課長が思うこと

今回のような要人発言で急激に動く相場を見て僕が毎回思うのが、
『ストップ(損切り注文)だけは入れておこう』ということです。
今回は、利益が出る方向でポジションを持っていたのでウハウハなんですが(笑)
もしも反対にポジションを持っていたら…?と思うとゾッとしてしまいます。
勝つ為にはリスク管理をマスターすること

そんな時もストップさえいれておけば、損失は限定的になりますからね。
ストップを入れてなかったら、ロスカットをくらって一発退場の可能性だってあるわけです。
本当に「ストップを入れておくって大切だなあ」と感じますね。

FX課長が考える!今後のドル円相場!!

さて、最後に今後のドル円相場の予想を書いて今回の記事を終わりにしたいと思います。

基本的には、今後も円安傾向が続くのでは?と考えているのですが、
ちょっと雲行きが怪しくなってきた様子も見えてきています。
というのは、本日(11月17日)のGDP発表を受けて、
窓明けから順調に円安に動いていた流れが変わり、(一時は117円をつけましたよね!)
大きく円高にふれて2時間ほどで1ドル116円台前半をつけるました。
このまま勢いで円高へ触れていく可能性も捨てきれない状態になったと僕としては考えています。
(売り方向の勢いって速いですからね~!)

とはいうものの、週足や月足でみればまだまだ、円安方向の流れです!
週足や月足の側近の安値などが壁となり、そこを抜けられなければ
まだまだ1ドル120円になる可能性もあるのでは?と思いますね~。

注目ポイントは、衆議院解散と消費税増税の先送り?

さて、今後の値動きについて僕の考えを書きましたが、
今後の値動きを考える上で絶対に押さえておきたいポイントがあります。
『衆議院解散→選挙』と『消費税増税の先送り』の2つです!!

『衆議院解散→選挙』について

僕達のようなトレーダーが『選挙』と聞くと、
記憶に新しい前回の選挙でどんどん円安が加速したのを思い出すのではないでしょうか?
前回は自民党が圧勝し、アベノミクスへの期待などから、ドンドン円安が進みましたよね!

少しだけ、衆議院議員選挙とドル円の値動きを振り返ってみると、
前回の民主党が政権をとった選挙時には、まだまだリーマンショックの影響が残っており、市場全体が円買いの強い動きでしたので選挙自体が相場に及ぼした影響は少なかったとされています。

その前の小泉下元首相が行なった郵政選挙は解散時には、規制緩和や日本構造改革への期待から円買いの動きが見られたものの、実際に選挙が行なわれ結果が出た後には、円安へと動きました。
この動きは年末まで続き、選挙~年末のおよそ3ヶ月で10円も円安が進みました!

以上のことから考えてみると、今の状況というのは
リーマンショックのような市場に大きな影響を及ぼしているものはこれといってない上に、
先日の追加金融緩和などから、日本の政治は市場でも気になる存在なのではないかと思います。
つまり、日本の衆議院解散→選挙というのは、投資家の多くが注視しているものなのではないでしょうか。

消費税増税先送りも注目度大

衆議院解散と同時に騒がれている消費税増税の先送り。
これも市場に少なからず影響を及ぼすかと思います。

そもそも、消費税を10%へ増税するのは決定していることですよね。
当初予定されていた時期というのが2015年10月でしたが、
「景気判断によって、先延ばしにするかも~」と日本政府はこれまで言っていたわけです。
この発言を言い換えれば
「景気が悪かったら、増税はしばらくしないよ!10%に増税するのは景気がよくなってからね!」
ということになるわけです。

つまり、今騒がれている『消費税増税先送り』というのは
『景気があまりよろしくないから、増税はまだ先にしますね!』ということです。
この消費税増税先送りが決定した時に市場としては
「日本の景気がよくない?もう景気回復が止まったのでは?」
と判断されてしまう可能性があります。
そうなると、円以外のものへ資産を逃がすため円が売りの流れが出来るという考えられています。

安倍首相の発言では
「消費税増税を先送りにした場合には、国民に信を問う」とありましたし、
消費税増税先送りが発表された時には、衆議院解散も発表されるかと思います。
今後の値動きに直結するこれらの発表が同時にあるとすると市場は大きく動くことが予想されるので、近日中のトレードは慎重になったほうがよいかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.