• インフレが進むとどうなるの!?
  • ジンバブエドルがインフレした理由って何?
  • 最悪の場合は自国通貨の廃止も・・・・

最近、いろんな物が値上がりして、財布に大ダメージを食らっているFX課長です。
近々、いつもお世話になっているインスタントラーメンも値上がりすると発表されて
ますます財布がさびしくなってしまいそうです。

原材料の高騰や円安など値上げの理由はいろいろとありますが、
これって要は『物の価値が上がっている』ってことですよね!
ここで思い出してほしいのが、アベノミクス。
アベノミクスで「インフレ率2%上昇が目標!」と掲げられていたように、
体感は出来ませんが、少しずつ日本経済はインフレしているのかもしれません。

アベノミクスでスタグフレーションが始まっている!?

では、このままインフレが進みつづけるとどうなるのでしょう?
今回はインフレが進みすぎてしまい
ハイパーインフレ状態になったジンバブエについて、まとめてみたいと思います。

白人中心の政治から、黒人中心の政治への転換がインフレのきっかけ

元々ジンバブエというのは、ローデシアという国で、
その当時は少数の白人が政治の中心となり、実権を握っていました。
これが、紛争や民主選挙などの実現により、徐々に黒人の政治家が増え、
黒人を中心とした政治へと変わっていき、ついに初の黒人大統領が誕生します。
この黒人大統領誕生がきっかけとなり、「ジンバブエ共和国」という国が成立しました。

この黒人が中心となった政治で成立した様々な法案が
自国通貨を廃止せざるをえないほどのハイパーインフレの原因となってしまうのです。

白人の土地・資産を黒人へ無償かつ強制的に委譲せよ!法案

元々植民地だったジンバブエ。多くの土地を白人が所有していました。
この土地を黒人へ強制的に無料で譲渡しなさい!という法案が成立します。
これにより、黒人へ土地を譲らざるをえなくなった白人は、
安値で土地・資産を売り払って、国外へ出て行ってしまいます。

これにより、それまで地主として農場を仕切っていた白人たちの農業技術が
これから地主になる黒人達へ受け継がれず、
農業技術の低下・干ばつなどの影響から、食糧危機に陥ってしまいます。
食糧危機ということは、食料の価値が上がるわけですから、インフレに繋がりますよね!

保有株式の過半数をジンバブエ黒人に譲渡しないと逮捕!法案

更にインフレに追い討ちをかけたのが、
外資系企業に対して『保有株式の過半数をジンバブエ黒人に譲渡しないと逮捕しちゃうぞ!』という法案。
普通に考えて、「無条件で保有株式の過半数を人に譲る」っておかしな話だと思いますよね!?
でも、これがジンバブエでは法案として通ってしまったんです。
こんな法案、守ってられません!でも、守らないと逮捕です。
で、外資系企業が取った選択というのが、「ジンバブエからの撤退」なんですね~。
この法案が通ってしまったことにより、ジンバブエから外資系企業が消えてしまったのです。

外資系企業が撤退したことにより、
海外との流通経路がなくなってしまったジンバブエは経済制裁を受けていないのに、
経済制裁を受けているような状況になってしまったのです。
(ジンバブエ政府は、外資系企業がホイホイ保有株式を譲渡すると思っていたのかなあ…)

物資持ってる人は市場に売りなさい!法案

さて、ここまででもひどい状況なんですが、もっとひどい状態になります(笑)
市場に物資が流通しなくなって困ってしまったジンバブエ政府は、
『市場に物資がないから、物資持っている人は市場に売らなければいけません!』という法案をだします。

とはいうものの、元々物資がないんですよ。
鉛筆を10本市場に売ったとして、
その鉛筆をほしがっている人は何倍も何十倍も何百倍もいるような状況だったんです。
となると、鉛筆の価値も何倍も何十倍も何百倍も上がっていってしまうわけです。
1本10円だった鉛筆が、需要が高すぎるために1本数千円、数万円となってしまったんですね~。
この法案が成立したために需要と共有のバランスが崩れ、インフレが加速しました。

市場には安く物資を売らなければいけません!法案

先ほどの法案が成立したため、物の価値が上がり、以前と比べると物資が高く売れるようになりました。
物資が高くなるということは、お金を持っていない人はそれを購入できないということですよね。
そのような「物を購入できない人」が非常に増えてしまったのです。

ここで、ジンバブエ政府は
『市場には安く物資を売らなければいけません!』という法案を出します。
先ほどの法律とあわせると
『物資を持っている人は、市場に安値で物資を売らなければいけません』という状態になったということです。
物資が市場に安く出回れば、購入できる人が増えると考えたんでしょうね~。

ただ、この法案を通してしまったために、物資を持っているジンバブエ国内の企業は
市場に安値で物資を売らなければいけなくなってしまいました。
つまり、ジンバブエ国内の企業は安値で売ることにより利益がでなくなってしまったんです。
仕入れ値よりも安値で売らなければいけないケースもあり、
ジンバブエ国内の企業は赤字になる企業も多かったようです。

ハイパーインフレの訪れ。。

赤字になってしまった国内企業はどうするか・・・倒産するしかありません。
すると、失業者の増加に加え、更に物資が少なくなります。
インフレがますます進んでいきます。
物資が買えない人達は強奪をするなどしたため、治安も悪化します。
こうなってしまったら、政府もお手上げ状態。

インフレは加速し続け、2009年には年間インフレ率が2億3000万%という脅威の数字をたたき出しました。
(1個100円のりんごが、1年で230億円になったということです!おそろしい~!!)

自国通貨を廃止し、ハイパーインフレの収束を・・・

「物の価値が上がった」ということは、言い換えれば「お金の価値が下がった」ということですよね。
この時、ジンバブエでの『お金』というのは、『ジンバブエドル』が使われていました。
つまり、このハイパーインフレというのは『ジンバブエドルの価値が下がってしまった』ということです。

ジンバブエドルの価値が下がり、信用もなくなってしまったことで、
ジンバブエでは『ジンバブエドルを廃止する』という選択肢をとるしかなくなってしまいました。
これに変わって採用された通貨が「米国ドル」「南アフリカランド」を含む5つの通貨です。
これにより、ジンバブエ国内での流通紙幣が変わり、
物価の価値とお金の価値も落ち着きを取り戻し、経済自体も落ち着きを取り戻しつつあります。
2014年には、紙幣不足という理由から「中国人民元」や「日本円」も採用されました。

自国通貨の廃止で落ち着いたといっても、まだまだ沢山の課題はあるようです。
冒頭で挙げたようにアベノミクスはインフレさせようとしています。
もちろん、アベノミクスが目指しているのはジンバブエのようなインフレではありませんが、
ジンバブエのようなインフレのケースもあることをしっかり覚えておいていただきたいと思います。

アベノミクスで気になるスタグフレーションとは??

追記:2015年6月に公式に通貨として廃止が決定

以前より、通貨の発行が停止していたジンバブエドルですが、2015年6月に公式に廃止が決定されました。
銀行口座に預けられているジンバブエドルも米ドルに強制的に交換されます。
17.5京ジンバブエ・ドル以内の銀行口座預金は5米ドルに、それ以上は、3.5京ジンバブエ・ドルにつき1米ドルに交換となります。

桁が違いすぎて何が何だか分からないレベルですが・・・
日本で生まれ、生活して来たら日本円がなくなるなんて想像出来ませんからね。

でも、ヨーロッパの国でも2002年(1999年)からユーロに通貨が統一されたりしているので、インフレ以外の原因も考えると、意外とありえる話なのかも?なんて思っちゃったFX課長でした。
大陸が繋がっている国がないので、ヨーロッパと同じ理由ではまずありえませんけどね~。

FXをお得に始める会社2社を紹介!
DMMFX
FXトレードLABからDMMFXの口座開設&取引条件を満たして頂くと28000円もらえます。 通常は2万円なので8000円分お得になります! まだDMMFXの口座をお持ちでない方は是非!
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパンの口座開設&取引条件を満たして頂くと最大で23000円もらえます。 トレードでの利益目標以外にも、こういったキャッシュバック条件を満たす事を目標にやる気がUPする方は是非お試し下さい!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.