• ポジションを切る!切る!切る!
  • 両建てするならこうします!
  • ナンピンは・・・・オススメはしません!

「借金大国、日本!」
よくニュースなどで言われますよね。
借金が増えると、財政破綻がおこり、日本という国はなくなってしまうのではないのか!?
そんな内容を取り上げているニュースも増えてきました。

財政破綻と聞くと、最近ではギリシャのイメージが強いのではないかな~と思いますが
ギリシャの財政破綻に関係する記事はこちら
実は1990年代にロシアも財政破綻していたんですね~!
今回はそんなロシアの財政破綻の歴史について振り返ってみたいと思います。

ロシアの財政破綻はソ連の崩壊から始まった?

ロシアの財政破綻の歴史の始まりは、ソ連の崩壊からだといわれています。
1991年12月25日、独立国家共同体であるソビエト連邦(ソ連)が崩壊しました。
同日、ソ連に比べると規模は小さいもののロシアという国が成立します。
このソ連の解体により、ロシアは成立した時から経済が混乱していたようです。

そもそもソ連は社会主義を目指していたわけです。
それが、解体と同時にロシアという国に変わり資本主義国家になってしまいました。
つまり、市場が中心となって物の価格などが決まってしまうようになったのです。

その結果、物の価値があがりインフレが起こりました。
ロシア成立の翌年である1992年にはインフレ率が2510%という恐ろしい状況になりました。
つまり物の価値が約25倍!
1個100円で買えていたりんごが、翌年には1個2500円になっていた!なんてこった!!(笑)
これが、ロシアの財政破綻のはじまりと考えられるのです。

ロシア成立後のインフレがもたらしたもの

このインフレは1995年まで続きました。
インフレというのは物の価値があがることによって相対的にお金の価値が下がってしまうことなので、
この間、ロシアのお金の価値というのは下がり続け、
札束を両腕いっぱい抱えても、日用品が一個しか買えない状況にまでなってしまったのです。

この事態にロシア政府は『デノミ政策』を行ないます。
デノミ政策とは通貨単位を切り上げ、旧1000ルーブルを新1ルーブルとして扱うというもの。
これにより、ルーブルの信用は地に落ちてしまい、
多くの人がお金ではなく、物で資産を持つようになってしまったり、
必要なものは買うのではなく物々交換、労働報酬も現物支給といった状況になってしまったのです。

ロシアのデフォルト宣言

さて、このインフレ以外にもIMF主導政策の影響や
アジア通貨危機(アジアの多くの国で通貨の価値が下がった)などから
ロシアの資本はどんどん流出してしまいます。

これをまずいと思ったIMF、世界銀行、日本政府は226億円の融資をするのですが、
それでも、ロシアの通貨であるルーブルの価値を守ることは出来ませんでした。
ロシア国債の大幅下落や株価の暴落など、ひどい状態になってしまったのです。

結果、1998年8月17日にロシアはデフォルト(債務不履行)宣言をし、
国営銀行の営業を停止=預金封鎖を行なったのです。
つまり、銀行にあった預金はすべて国が没収しちゃったってことですね!
「僕達の貯金を日本政府がもってっちゃった」ということが起こったんですね!怖いですね~!!

デフォルト時のロシアはこうだった!

デフォルト時のロシアの様子がどのようなものだったのかを簡単に紹介しますね。

通貨

インフレにより価値が暴落したルーブルというロシアの通貨。
この通貨の信用は完全に落ち、ロシア国民ですらこの通貨を信用しなくなってしまいました。
その結果、米ドルを求める動きが強くあったようです。

資産(不動産・金など)

どちらもあまり役に立たなかったようです。
食べていくためには手放さざるをえなかったり、金に関しては偽者なども大量に出回ったようです。

治安

治安はデフォルト時というよりはソ連崩壊時から急激に悪くなったようです。
強盗・窃盗・殺人などが増え「郊外に一軒家で済むのは危険だ!」とまで言われるほどに・・・
そのため、アパートに住む人が増えるようになりました。

出生率・死亡率

ソ連の頃は医療費というのが無料でした。
しかし、ロシアになり市場中心の経済になるとそうではなくなり、
年金生活者などは将来への絶望からか自殺者が増えてしまったようです。
こういった死亡率の上昇とは対象的に、出生率は低下してしまいました。

健康・平均寿命

皆さん、嫌なことがあるとお酒を飲んだりしませんか?
ロシア国民の多くも、ソ連からロシアへの移行で強いストレスを感じ、
国民酒であるウォッカを飲んでいたようです。
そのためか、1993年には平均寿命が60歳を下回りました。
その後、一時的に60代にもどった時期もありましたが、
結局、2006年まで平均寿命は60歳を下回っていました。

明日は我が身?

冒頭で取り上げたように、ニュースでは「借金大国、日本!」と騒がれています。
日本経済は、すぐには破綻しないとされていますが、
このまま国債の発行を続け借金を増やし続けたり、
外国に対して借金(外債)を増やしてしまえば、
ロシアのようにデフォルトする可能性は十分にあります。

その時、僕達はどうするのか。
今のうちから、資産防衛についてもしっかり考えておきたいですね!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.