• トレンドラインと水平ラインの使い分け方法は?
  • レンジ相場ではどうやってラインを引く?
  • エントリーポイントは要注意!そのワケとは?

さて、今日もはじめますよ~!チャートクイズ!
FX初心者の皆さん、ここまでのクイズに正解できていますか?
間違っていたという人も、しっかりと解答・解説を読んで理解していただければ、
まだまだ大丈夫なので、しっかりとクイズを通して、チャートについて学んでみてくださいね!

さて、5回目の今回も、前回に引き続き『トレンドライン』に関する問題です。
今回から、更に実践的な事も書いていくので、
しっかり頭に叩き込んでおいてくださいね!

それではチャートクイズです!

YUKAhiashi

まずは、前回の復習から!
こちらのチャートにトレンドラインを引いてください!

ここから更に展開してクイズ出します!

前回の復習なので、さくっと行きましょう!

YUKAhiashi

大体、このような感じになるのではないかなと思います!

自分が引いたものと違う?と思う方!
おそらく、そのラインも間違いではありません。
でも、今回注目していただきたいのが下の図の緑色の丸の部分です!

YUKAhiashi

おそらく、自分の物と違うと思われた方は
この緑の丸の中に斜めのラインを引いているのではないでしょうか?

この動き、いわゆる『レンジ』と呼ばれるもみ合っている相場です。
こういったレンジ相場では、斜めのトレンドフォローするタイプのラインの効果は非常に薄く
前回の記事で用いた言葉で言うならば『必要のないライン』になる可能性も高いのです!

ということで、もみ合い相場内での斜めのラインというのは間違いではありませんが
判断材料に使うのには慎重に使うほうが良いでしょう。

レンジ相場では水平ラインを使おう!

で、レンジ相場の時に斜めのラインの変わりに使いたいのが、
僕が実際に引いている水平のラインですね!
これで、もみ合っている値幅がはっきりとわかります。

レンジ相場かな?と思うことがあれば、とりあえず水平ラインを使って
レンジ相場なのか判断してみると良いですね!

発展チャートクイズ!

それでは、今回はここから発展クイズを出します!

YUKAhiashi

こちら、先ほど解答で出したチャート画像と同じものです。
この画像の『レンジ相場内』でのエントリータイミングを考えてみてください!

レンジ相場は水平のラインで挟まれて、相場がもみ合っているところのことですよ!
皆さんなら、レンジ相場のどこでエントリーしますか??

発展クイズ 解答・解説

さて、いくつかエントリーポイントを発見できましたか?
僕のものと答え合わせしてみましょう!

YUKAhiashi

大体、僕の見立てでは、青い丸をしているあたりがエントリーポイントになると思います。
・上の水平ライン付近の丸では、売りポジション
・下の水平ライン付近の丸では、買いポジション
をとることになりますね!

どうしてそうなるの?解説します!

レンジ相場でのエントリーというのは、
水平のラインに一度タッチしていたり、
それに近いところまで値が上がっているということが重要なポイントです。

タッチするだけではダメです。
そのあと、レンジ相場内に戻ろうとする動きがなければいけません。

『一度タッチして戻している』という動きがでたら、
まだレンジ相場内でもみ合う可能性が高く、
そのタイミングでエントリーできればうまく利益を獲得できるチャンスといえます!

なぜ、タッチの後に戻す動きが必要なのか

「レンジ相場で利益とるなら、ラインにタッチしたタイミングでエントリーしたらいいじゃない」
と考える人もいますが、これはダメです!
タッチしただけだと、レンジ相場を抜けてしまう可能性があるからです。

レンジ相場でのエントリーには、
『タッチのあとレンジ相場の方向へ値を戻す』という動きを見た上でエントリーすることが大切です!

戻す動きの判断材料は?

ここで、レンジ方向へ戻したという動きを判断する材料ですが、
それこそが、ローソク足なのです!

チャートクイズ前半でやったような、ローソク足の長いヒゲや十字線のようなローソク足、
それ以外にも組み合わせて使うローソク足などを参考にしながら、
戻す動きを判断してエントリーをします。

実際に、今回僕が青い丸をしているところは、
『一度ラインにタッチした後に、ローソク足から判断して戻す動きをしている』
というところに丸をつけています。
こういったタイミングでエントリーすることで、うまく利益をとることができるんですね。

実際にトレードに生かそう!

レンジ相場というのは、FX初心者には少し手を出しにくい相場ではありますが、
こういったラインを引いて、しっかりと分析さえすれば、利益を取りやすい相場ともいえます!

今回の問題で、エントリータイミングについてはわかっていただけたと思いますので、
最後に損切りラインと利益確定ラインについて書いておしまいにしようと思います。

損切りも利益確定もレンジ相場の場合は非常に簡単です!

※【2016年2月:誤字訂正致しました】

損切りは、水平ラインを超えたら

・買いポジションを持っている場合は、下の水平ラインを超えたあたりで損切り
・売りポジションを持っている場合は、上の水平ラインを超えたあたりで損切り

利益確定ラインは、反対側の水平ラインにタッチしたら

・買いポジションを持っている場合は、上の水平ラインにタッチしたら利益確定
・売りポジションを持っている場合は、下の水平ラインにタッチしたら利益確定

どちらも、レンジ相場はある値幅内でもみ合うことをうまく利用したものです。
レンジ相場にも『ダマシ』は存在しますが、
行ったり来たりする相場は利益を得やすい相場なので、
FX初心者の皆さんもトレードでレンジ相場をうまく活用してみてくださいね!

といったところで、第5回チャートクイズもそろそろおしまいです!
また、次回をお楽しみに~♪

【チャートクイズ6】トレンドラインの引き方~ブレイク編~

”本当に使える”FX業者を2社Pickup!
DMMFX
DMM.com証券はついにFX口座数国内第1位の会社になりました!※ファイナンス・マグネイト社調べ。2016年2月口座数調査報告書
FX課長としてはライバル的業者のGMOクリック証券よりおすすめ出来ます!
スペックはほぼGMOクリック証券と横並びなので、こうなるとどちらを選ぶかはもはや好みなのですが、その中でもチャートが使いやすい!!とFX課長は感じているのです。
これからテクニカル分析を覚える必要があるFX初心者にすごくおすすめな業者ですよ!
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパンは1000通貨から取引可能な会社です。 外為ジャパンは派手な宣伝はしていませんが、約定力&操作性、スプレッドといったそもそものスペックが非常に高いFX業者です。 考えてみれば、スペックが良くないと、そもそも取引を増やそうと思わないですから納得の高水準です!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.