• 株の配当とFXのスワップ金利収入どっちが得?
  • 1年間で4万円も差が出る!?
  • 年利10%の運用が狙えるのはどっち!?

僕がFXを始める前に、
「投資をするなら何がいいんだろう?」と悩んだ時期がありました。
今回はそんな風に悩んでいる人に特に読んでもらいたい記事です!

ということで、今回は
『株の配当収入とFXスワップ金利収入はどっちがお得?』
というのがテーマです。

株の配当収入って?

株の配当というのは、
簡単に言うと買った株数に応じて企業側がお金をくれることを言うんです。
銀行預金で言う利子に似ている感じですね。
配当は企業ごとに年に何回といった形で決められているので、その時に収入になる感じですね。

この配当ですが、1株当たり○○円という形で企業が出しているんですが、
1株10万円で500円の配当と1株15万円で1000円の配当といった感じで
企業ごとに1株あたりの株価も配当も違うために、どの企業がお得なのか分かりにくいんです。
そのため、株価に対しての年間配当割合というのを示した配当利回りというのがあるんです。

この配当利回りという言葉、あとで出てくるのでしっかり覚えておいてくださいね!

FXのスワップ金利収入って?

FXのスワップ金利収入というのは、外貨預金をイメージしてもらうと分かりやすいと思います。
外貨預金をしていて受け取れる利息収入に似ているんです。

FXは外国の為替を扱うので、その国の通貨を保有することになります。
するとその国の金利が適用されるので、
その国と日本の金利差を調整するためにスワップポイントというのが設定されており、
その分が毎日プラスされたりマイナスされたりするんですね。
例:米ドルの金利-円の金利=スワップポイント

株の配当収入とFXスワップ収入を詳しく調べてみた!

さて、まずは日本の誰でも知っているであろう有名企業の配当利回りを調べてみました!

SONY  1.29%  (株価 1,932)
NTT   2.97%  (株価 5,385)
トヨタ  1.62% (株価 5,564)
(2014年4月18日現在)

こんな感じですね!
配当の多い企業は配当利回りが5%あったりするところもあるんですが、
多くの企業が配当利回り1~2%です。
これはつまり株価が1%~2%以上下がってしまうと、配当金だけではまかなえない額が損になってしまうんですね。

対してFXのスワップ金利は・・・というと

スワップ金利が高い通貨である、
豪ドル(オーストラリア)を1万通貨分、円で買うと1日当たり60円~80円が収入になります!
1ヶ月だと1800円~2400円程度ですね。
ちなみに豪ドル円のレートは1豪ドル95.56円(4月18日現在)です。

同じくスワップ金利が高い通貨である、
南アフリカランドドルを1万通貨分、円で買うと1日あたり8~10円くらいが必要になります。
ちなみに南アフリカランドドル円のレートは1南アフリカランドドル9.74円です。

ではでは、株式配当の年利1~2%というのと、上記FX例の1日60円~80円というのを、同じものさしで比較していきましょう。

結局どっちがいいの?

僕がオススメするのは断然FXでスワップ運用なんです。

そもそも株の配当というのは配当確定日に株を持っていないと配当金がもらえないんです。
ということは、株手放したいときに手放せない!
株価が下がっているけれど、配当確定日まであと4日だしー・・・
みたいなことがありえてしまうんです。

それに対してFXは、いつでも買えていつでも売れる。
スワップ金利の支払い確定は毎朝あるので、その日の朝持ってさえいれば昼には手放してもよし!
そういったお手軽なところもあるんです!

更に更に、FXはスワップポイントがいくらついているのかがわかりやすい!
公式ホームページには必ずスワップポイントの情報が載っていて
口座では今もっているポジションに対して
どれだけのスワップポイントがついているかが一目でわかるんです!

対して株は、株主総会などで金額が決まるまで配当金がわからないものなんですね。

それで、だから結局どっちが良いの?

一番気になる『どっちのほうが儲かるの?』っていう点なんですが、
資金やリスク管理の問題など、いろんな問題が絡んで来ます。

株は信用取引を使えば元手資金に対するレバレッジは最大で3倍、
対してFXは最大25倍という風になってる点が大きく違います。
ただし、両方とも最大までレバレッジを上げて運用をしたら1年も持ちません。
証拠金が不足してしまい、追証やロスカットになってしまいます。

どのくらいのレバレッジが現実的か?

ここからは利息収入目的の長期運用例をあげてみます。

株式は信用取引をしても最低委託保証金率が20%という事を考えると
レバレッジはかけずに、1倍で取引するべきです。

トヨタの株価を1株5500円(4/18日株価)として、最低購入単位が100株なので、
5500円×100株で55万円必要になります。
55万円を年間配当利回り2%で計算すると、1万1千円になります。

対して、FXで55万円を元手に金利が高い人気通貨のオーストラリアドル(豪ドル)を購入すると、
2万通貨がレバレッジ4倍弱で買えます。(1豪ドル95円計算)
※必要証拠金1万豪ドルあたり38000円

1万豪ドルで1日あたり70円のスワップ金利があると想定すると、2万通貨で140円の収入になります。
1ヶ月で4200円也。
1年間で50400円。

同じ55万円という元手で運用したとして、
TOYOTAの株式配当利回りだと1万1千円程度、
FXで豪ドル円を買ったら50400円程度とこんなに差がある
んです。

ちなみにこの例でFXの方はレバレッジがかかっているので、ロスカットが気になる所ですが、
必要証拠金が2万通貨で76000円ですので、55万-7万6千円で47万4千円⇒47万4千円÷2万通貨=23.7円となります。
つまり、現在95円の豪ドル円が23円超下がる所までは耐えられる計算です。
FXでのレバレッジ4倍は十分に長期投資をする上で安全なレバレッジと言えます。

金利収入を狙う上で値動きによる損失の可能性は株でもFXでも同様にありますので、
年利10%近くを狙えるFXがおすすめですよ。

長期投資をするならば、株式の配当利回り狙いより、断然FXのスワップ金利運用がお得です!

FXをお得に始める会社2社を紹介!
DMMFX
FXトレードLABからDMMFXの口座開設&取引条件を満たして頂くと28000円もらえます。 通常は2万円なので8000円分お得になります! まだDMMFXの口座をお持ちでない方は是非!
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパンの口座開設&取引条件を満たして頂くと最大で23000円もらえます。 トレードでの利益目標以外にも、こういったキャッシュバック条件を満たす事を目標にやる気がUPする方は是非お試し下さい!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.