• FXに100戦100勝の必勝法なんてない!
  • いかに上手に負けるかが勝ち抜くためには大切!
  • 手法以外に勝つために大切な2つのポイントとは?

「FXは負けを認める事が大切」

こんにちは!
FX。勝ててますか?
いきなり負けを認める事って大切です。と書いたので、
弱気なやつだなって思われたかもしれませんが・・・・(笑)

FX。難しくないですか?

僕は今は少しばかり勝てるようになりましたが、
FXはじめたての初心者の頃には100万円ではじめた軍資金を
ほとんど溶かしてしまった経験があります(泣)
管理人について詳しくはこちら

あなたがどれほどの軍資金でやってるかわかりませんが、
僕は月5万円、10万円稼げたらいいな~って感じで始めたんです。
そしたら、ロスカットを何度も喰らい、瞬く間に80万くらいマイナスに・・・・・

ビギナーズ・ラック?
なにそれ?
美味しいの?
状態でした。

FXに100戦100勝の必勝法なんてない

経緯について詳しくは管理人紹介ページに書いてますが、
わかった事があります。
それは、FXに必勝法なんてないんです。
甘い言葉に乗せられてはいけません。


あるのは確率を少しでも高められる方法、手法って事です。
大切な事は、100%の勝率なんてない、負けを認める事が重要という事です。

極端な例をだしますが、
今まで勝率100%の手法があったとしても、次いつなんとかショックが来るかわかりません。
そして、為替相場には世界中の様々なプレーヤーが参加していて、
日々研究もされているので、これから先の動きを100%当てる事って無理です。

あくまでも過去のデータ上、勝てる確率が高かった、
だからその方法で取引しよう。
それでダメなら潔く損切りだ。
という事です。
この考えがしっかりと自分で理解出来ると、
一歩レベルアップした自分に出会えるはずです。

僕は出会いました(笑)

リスク管理、メンタル、手法・・・

そして、それと平行して、間違いなく覚えなければいけない事、
いま一度見なおさなければいけない事が、リスク管理とメンタル面についてです。
もちろん手法についても

勝ててないには原因があって、
その原因って理解不足の事が多いと僕は経験から学んだんです。

僕が全然勝てなかったダメダメFX初心者トレーダーから、
それなりの副収入がある兼業リーマントレーダーになれた過程、
やってきた事をどんどん紹介していきますので是非読んで見てくださいね!
※ちなみに現在僕がメインに使っているFX業者はDMMFX外為ジャパンです。
by アラサーリーマン管理人

【次の記事はコチラ】
FXで勝つ為にはリスク管理の術を身につけよう

【僕が10万円稼げるようになるまで】記事一覧

ほどほどの資金で挑むのがリスク管理の第一歩

FXで負けた体験談を見ていると、その損失額に驚かされますよね。
僕も100万円をほぼ溶かした経験がありますが、体験談では500万円なんてザラ、中には1000万円以上失ったケースも。

これらのトレーダーたちに共通しているのは、有り金を全部FXにつぎ込んでいるんですね。
確かにレバレッジをかけられるFXは、資金が多いほど大きく増やすチャンスがありますが、逆に大きく損をする可能性もあるわけで……。
FXをよく知らない初心者がハイレバレッジで高額取引をすると、あっという間に資金を失うことになるんですよ。

だから最初は少ない資金で、極端な話、無くなっても平気なお金で取引するのが一番です。
物足りなく感じるかもしれませんが、まずは日常生活にダメージを及ぼさないようにするのがリスク管理の第一歩です。

損切り注文が命綱

次に多い例が、損切り注文をしていないこと。
FXは資金が続きさえすれば「含み損」という形で耐えられます。
時には「含み益」に好転することもあるので、意外と損切りしないトレーダーが多いんですよ。

けれども、資金には限りがあるので、いつかは含み損に耐えられずロスカットされます。
特にハイレバレッジで取引しているなら、そのタイミングはもっと早いでしょう。

為替相場には株式のようなストップ安やストップ高というルールがないので、逆方向に動くと損失は無限に拡大します。
どんなにレバレッジを低くしても、相場の急変時には通貨ペアによって1日で50%以上動くものもあるので、レバレッジ3倍でさえ耐えられないことも。

だから損切りは大事なんです。
前もって損切り注文を出しておけば、リスクはある程度コントロールできますよ。

損切り貧乏を避ける為に

損切りは徹底しているものの、損切り注文にばかり引っかかってしまい、いつまでも利益が出せないケースもありますよね。
だからと言って、損切り注文しない方がいいのでは?と考えてはいけません。

最初のうちは取引のスタイルが定まっていないので、損切りのポイントを決める時も自分の都合で決めがちですよね。
何回か負けを経験するうちに、抵抗線のあたりに損切りの注文を入れようとか、損失できるのはいくらまでだから、ポジションサイズを小さくしようとか、適切な判断ができるようになるんです。

その中で自分の負けパターンを掴めるようになって、取引を精査できれば損切り注文を入れても、負けが少なくなってきますよ。
大事なのは、それだけの経験を積めるくらいに長く生き残ること。
例えば1か月の間、毎日1回は必ず取引するとして、すべて負けても大丈夫なくらいの資金で取り組むのが、本来は望ましいんです。

健全なメンタルで冷静な取引を

FXで負けてしまうトレーダーの共通点として、メンタルをうまくコントロールできないところがあります。
取引するのは自分自身ですからね。
メンタルをコントロールできないと、冷静さを欠いた取引になりがちです。

まずは負けたら、しばらく相場から離れること。
昂った精神状態を鎮めると共に、チャートを違った視点から見直せるきっかけになります。

損失を取り返そうと相場に張りついて、寝不足状態になるのも良くありません。
FXの取引は体力を使うものではありませんが、精神面で大きな負担をかけています。
特に含み損を抱えてダメージが大きくなると、脳が耐えられず、眠気という形で休むよう警告するのです。

そこで無理をすると体全体に不調をきたして、取り返しのつかないことになります。
体のサインには素直に従いましょう。
もちろん、寝ている間に含み損が含み益に代わることはまずありませんから、ポジションをすべて損切りすることを忘れずに。

相場状況によっては取引をしない判断も

悩みを抱えているなど、FX以外のことでメンタルの調子が良くない時は、取引しない方がいいです。
例えば上司に怒られた場合、そのトレーダーは「FXで儲かれば会社なんて辞められるのに」と考えるかもしれません。

そうすると冷静な判断ができないまま、無謀な取引に手を出してしまいます。
セオリーどおりの取引ではないので、まず負けるでしょう。
メンタルの調子が良くないから、さらに無謀な取引をして負けを繰り返すのです。
相場は、このような弱者を容赦なく飲み込んでしまいます。

プロのトレーダーは仕事ですから、いかなる状況でも取引しなければいけませんが、僕たち一般のトレーダーには取引しなくてもいい自由があります。
FXには万全の体勢で挑むよう心がけたいですね。

ルールの徹底で感情を排除する

メンタルをコントロールするのはもちろん、感情が入り込まない取引ができたらいいですよね。
そのためには勝つためのルールを確立することが一番の早道ですよ。

例えば、損失は資金の2%以内にとどめる、ボラティリティの大きい通貨ペアには手を出さない、連続して負けたら休む、とか、各トレーダーごとに独自のルールがあると思うんです。

大事なのは「勝てるためのルール」をできるだけ増やすこと。
そのルールを守って勝てるようになれば、そこに感情が入り込む余地は無くなります。
実際に勝てるトレーダーというのは、勝ち負け問わずルールをしっかりと守っているんですよ。

負けを減らして勝率を上げる

アメリカの数学者ナウザー・バルサラが考案した「バルサラの破産確率表」についてご存知ですか。

バルサラの破産確率表

「損益率」は平均利益÷平均損失で求められます。
1.0以上で利益が損失を上回っている状態です。

バルサラ曰く、長く相場で生き残るためには破産確率が5%以下、継続して利益を出すなら1%以下が望ましいとしています。
そうすると勝率は少なくとも40%以上、損益率は2.0以上必要です。

必ず勝てる手法というものは残念ながら存在しません。
そのため、勝つ回数を増やすよりも負ける回数を減らす方が簡単に勝率を上げられます。
また、大きめのpipsを狙うのも難しいので、損失額を減らして損益率を上げるようにしましょう。

負けを減らすためには、まず負けた時の取引を見直します。
無駄にポジションを持っていないか、もう少し待つべきだったのではないか、など、反省すべき点を洗い出し、同じ負けを繰り返さないようにすればいいんです。
取引を厳選するだけでも勝率は上がりますよ。

損益率2.0を目指すなら、損失できる金額は利益の半分まで。
目標金額を大きく設定すると、狙うpipsが大きくなってしまうので、ドル/円であれば1万通貨で20pipsを利益の目標にし、損失は10pipsにとどめる、のように現実的なボラティリティの範囲で決済や損切り注文をします。

一回の利益は小さいですが、負けが少なくなればコツコツと積み重なり、最終的には大きな利益につながります。
同時に損失も小さいので、そう簡単に破産することはありません。

地道な努力の積み重ねが成功へ

茶道や武道など日本の芸術に「守破離」という思想があります。
何事もルールやパターンを徹底し(守)、そこから勉強や経験を重ねて、より良いルールに改良していき(破)、最終的に自分なりのスタイルを確立する(離)過程です。

FXは基礎が身についていないうちから、自分流で取引する人が多いんですよ。
だから、トレーダーの8割以上が1年も経たないうちに、諦めたり資金が底をついたりして退場することになるんです。

けれども長い時間をかけて基礎をしっかりと身につければ、最初の1年は負け続きでも、2年目以降成功するかもしれないんです。
例えば仕事においても、入社当時は全然だったのに、気がついたら頭角を現していたなんてことありますよね。

FXには特別な才能なんて必要ないんです。
相場を正確に予測することは誰にもできませんから。
むしろ、地道な努力の積み重ねが、やがて成功に導いてくれるんです。
そのためにも、上手に負けて、長く相場に残れるよう心がけましょう!

【次の記事はコチラ】
FXで勝つ為にはリスク管理の術を身につけよう

”本当に使える”FX業者を2社Pickup!
DMMFX
DMM.com証券はついにFX口座数国内第1位の会社になりました!※ファイナンス・マグネイト社調べ。2016年2月口座数調査報告書
FX課長としてはライバル的業者のGMOクリック証券よりおすすめ出来ます!
スペックはほぼGMOクリック証券と横並びなので、こうなるとどちらを選ぶかはもはや好みなのですが、その中でもチャートが使いやすい!!とFX課長は感じているのです。
これからテクニカル分析を覚える必要があるFX初心者にすごくおすすめな業者ですよ!
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパンは1000通貨から取引可能な会社です。 外為ジャパンは派手な宣伝はしていませんが、約定力&操作性、スプレッドといったそもそものスペックが非常に高いFX業者です。 考えてみれば、スペックが良くないと、そもそも取引を増やそうと思わないですから納得の高水準です!
外為ジャパン

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.