売られすぎ、買われすぎの判断となるRSI

RSIとはThe Relative Strength Index の略で日本語では相対力指数と言われます。
開発したのは米国のJ.W.ワイルダー氏で世界的に有名なオシレーター系指標。


基本的に買われすぎもしくは売られすぎのサインを出します。


RSIは0から100の間の数字で表示されます。


多くの場合70と30に先が引かれていて、
70を超えると買われすぎ、30以下になると売られすぎ
と判断されます。


RSIを求める公式は、100-(100/(1+RS)) になり、
RSには上昇幅のX日平均/下落幅のX日平均が入ります。


このXの値は14が使われていることが多いですが、9が使われることもあります。
9を使うと14より短い期間で計算されますので、感度が高くなります。

でも難しい公式は理解しなくてもチャートに自動で表示されますから心配はいりません。

※追記
RSIについての基本をもっと分かりやすく記事を書きました!
RSIの基本と使い方!シンプルで分かりやすいオシレーター系指標!

では実際にRSIを表示させたチャートを見てみましょう。



ロウソク足チャートの下部分にもう一つギザギザの青いラインで表示されているのがRSI。
2本の水平線が引いてありますが、上側にあるのが70%のラインで下側が30%のラインです。


白い丸で囲った上部の2ヶ所でRSIが70%ラインを上抜けして買われすぎサインが出ています。
もう一つの白丸の部分では30%ラインを下抜けして売られすぎサインが出ています。


では実際にその位置でエントリーすればどうなるでしょうか?


一番左側の白丸の位置では何度か70%ラインを超えていますが、
その後もレートが上がり続けています。


つまりここでは売ってもうまくいっていない可能性が高い。


次に2つ目の30%ラインを下回った場所ではどうでしょうか?
ここではその後順調に戻していっていますのでうまく機能していると言えます。


3つ目一番右の丸の位置はどうでしょうか?
ここでもその後レートが上がり続けてうまく機能してません。


このようにトレンドが続いた場合きれいにサインが出ないことがあります。


RSIはあまり使えないツールなのでしょうか?


そんなことはありませんよ。
もう一つRSIがよく使われる方法があります。

ダイバージェンス

RSIのもう一つの使い方、それはダイバージェンスを探すという方法。


まず下のチャートを見てください。



ロウソク足の高値にトレンドラインを引いていますが、右肩上がりで上昇トレンドです。
しかしRSIは逆にだんだんと高さが低くなってきています。


こういう逆行現象の事をダイバージェンスといいます。


ダイバージェンスが見られるということはトレンドの勢いが
衰えてきているということで、その後トレンドが転換することが多い。


しかし必ずトレンドが転換するというわけではありませんので注意が必要です。


このようにオシレーター系指標といっても色々な使い方があります。
FX初心者の時期にはそれぞれのテクニカル指標の特徴をまず把握し、
自分のスタイルにあったものを見つけましょう!

【基礎からわかるテクニカル分析】記事一覧

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.