初心者向けに普通の言葉で説明してます!【あ】初心者のためのFX用語集

FX用語集 【あ】

                                             

初心者のためのFX用語集 アイエスエム非製造業景況指数(ISM)


【読み方】あいえすえむひせいぞうぎょうけいきょうしすう
【重要度】★★★☆☆


ISM(供給管理会社)が発表している、
非製造業での景気が変わる時期を、前もって予測する指標のこと!
つまり、ISMはどのくらいで景気が変わるのかってことを示すデータです。
%の数値で表されていて、50%が景気の良し悪しの分岐点。
50%を超えて、数値が高いほど「景気が良くなりそうだ」と見ることができますよ。


景気が変わる時期を前もって予測する数値としては、
一番早くに発表される(毎月第3営業日)もの。


特に最近ではサービス産業(非製造業)が多くなってきてるなど
この指標は注目されてます!

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 相対取引


【読み方】あいたいとりひき
【重要度】★★★★☆


相対取引は経済の市場を通さずに行う業者と投資家の直接取引。
取引をする人同士だけ、1対1で通貨や数量とか
価格を決めて売買することで、FXはこの取引
になります。


相対取引のFXでは、投資家が損をすればするほど業者の儲け。
投資家が儲けるほど業者が損をすることに。
つまり、レバレッジなどをかけて投資家が何倍も儲ければ、
業者はその分お金を払わなければならない=業者が大損する可能性もある!


そのため、業者はスリッページというものをかけるんです。
注文の時と実際に買った時の金額が少し違うようにして、
投資家に不利な状況にするわけですね。


相場が激しく動く時など、はっきりと注文と成約のレートが違いますよね。
これは相対取引で業者が儲けて運営していくため
仕方ないと割り切るしかなさそう。

相対取引は相対売買とかOTC取引とも言います。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アウトライト


【読み方】あうとらいと
【重要度】★☆☆☆☆


FXで直物為替(スポットともいう)、
先物為替(フォワードともいう)の売買を単体で行うコト。


FXをする時ってその決済のために買い戻し、
売り戻しの条件をつけるけど、
そうした条件を付けずに、買い、売りの注文だけを出すコト。
FX取引ではアウトライトだけで注文を出すのは
それほど多くはされていませんね。


また、アウトライトの別の意味にはマーケットの動く方向を
予想してそれによって買い、売りをする。
売買の利益を得ようとする取引手法
という意味もあるんです。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 青天井


【読み方】あおてんじょう
【重要度】★★★★☆


FXや株式など投資の世界でよく使われている言葉の青天井


何かの会社や通貨に対して
好材料が出て相場が過去にないほどの値上がりを見せ、
さらに跳ね上がっていきそう!

そんな状況のことを言います。


青空のように遮るものが何もなくって、
天井がないような値上がりって
意味からつけられている言葉ですね。


ですが、そんなにうまい話ばかりでもないんで、
青天井がいつまでも続くこともなく、急激に値段が落ちる。
そんな落とし穴もありまして・・・。
青天井だからって調子に乗ってもいられませんよ!

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アク抜けとは?


【読み方】あくぬけ
【重要度】★★★★☆


料理で肉とか野菜とかを煮込んだ時に出る「アク」を取るのと同じ意味。
つまりFXの場合は通貨の悪材料が「アク」。


“アク”が出尽くしてしまったので為替レートの下落に歯止めがかかる。
これがアク抜けってコト。


最近はインターネットで企業の悪材料なんて、どんどん広まって
通貨の値段なんてガンガン下がっていってしまうけど、
やはりどこかで一段落します。


こういうときに、“アクが抜けたな~”とか言うんです。
アク抜けの後は穏やかに回復に向かう事が多い!

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アゲインスト


【読み方】あげいんすと
【重要度】★★★☆☆


保有している外国為替の持ち高、つまり
ポジションを市場のレートで評価した場合、損失になっているコト!
これがアゲインスト


逆の意味で利益になっていればフェイバー。


ただし、この用語を使う人はあ~んまりいないみたい。
みんな普通に日本語で「損失」とか「利益」って言ってます。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アスク(Ask)


【読み方】あすく
【重要度】★★★★★


FXを運営している証券会社側が提示してる
刻一刻と変化をする売り値がアスク


今、この値段で、この通貨を売買しているよって意味ですね。


その値段で購入すれば、買った側にとっては買値に。
同義語にオファーというものもありますよ。
でもオファーって言葉はあんまり使われるコトって
ないんですよ~。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アップトレンド


【読み方】あっぷとれんど
【重要度】★★★☆☆

為替相場全体の大きな流れ=トレンド。
アップトレンドは為替チャートの安値を
結んでみて右肩上がりになる、
つまり価格が上昇傾向にある相場のコト!


上昇トレンドとも言われてて、
この動きをしている通貨は買い!
とされてます。


逆に下落傾向にある場合はダウントレンドってコトです。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アナリスト


【読み方】あなりすと
【重要度】★★★☆☆


元々アナリストには分析する人といった意味があって
いろいろな分野で使われてる言葉ですね。


FXとか経済の世界では証券アナリストとか、
マーケットアナリストっていう人達がたっくさんいます。
つまりアナリストは企業や証券、経済などを調査して分析してくれる人ってコト!


投資する意味があるのかという価値や、市場全体の動きの分析をする、
色々なアナリストがいてコレで食べてるプロも多い!


その分析はや評価は、と~ても参考になる!
ですが、それも100%的中するってワケではないんですが。。。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アベノミクス


【読み方】あべのみくす
【重要度】★★★★☆


専門用語というよりも造語ですね、アベノミクスは。
第96代首相に選出された安部晋三首相とエコノミクスを合わせた
安倍政権が構想している経済政策のコト。


間違えて覚えちゃってる人もいるかもなので
注意しておきましょう!


アベノミクスがしたがっているコトはデフレ脱却と経済成長。
つまり狙っているのは不況からの脱出=景気回復!


本当に実現して不況から脱出できるかはまだわからないけど、
物価の安定や公共投資事業、輸出産業の復活など、
いろ~んな構想が練られてますよね。


アベノミクスがFXの日本円はもちろん、
外国為替にも影響をおよぼす可能性大!なのですっ。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アベレージコスト


【読み方】あべれーじこすと
【重要度】★★★★★


FXなど資産運用全体に使われている用語。
同一銘柄のポジションを継続的に取引したり、
保有したりしている時のその平均の持ち値のコト!


最初に損を出したとしても、それを上回る利益を後で出せば、
アベレージコストは上がることに。


ロングポジション(長期投資)の場合はアベレージ・コストが<低い>ほど、
ショートポジション(短期投資)の場合はアベレージ・コストが<高い>ほど、
相場が予想通りに動いた時に大きな利益をあげられますよ!

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アマウント


【読み方】あまうんと
【重要度】★★★★☆


マウントは英語で合計の意味。
経済の世界ではFXや株などをする時の
取引量、もしくは取引単位のコト!

その取引先によって変わってきますよ。


金融機関が参加するマーケットと、
個人が参加するマーケットでは異なるものに。


例えばFXでは金融機関が参加するのはインナーバンク市場で、
個人が参加するのは、店頭か取引所のFX取引なので、
実際に取引されるアマウントが違います。


つまり市場が違えば取引されている量、
アマウントもぜ~んぜん違うってコトですね!

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アメリカドル(USD)


【読み方】あめりかどる
【重要度】★★★★★


アメリカ合衆国の通貨。
プライスボードにUSDと表示されてるのがアメリカドル
アメリカ国内と一部の国で使われているものだけど、
経済の世界では流通している量は世界トップクラス。
供給量はなんと12兆ドル、実に約1,200兆円!


ここまで世界中に行き渡っている通貨ということは、
それだけアメリカドルがみんなに求められているというワケです。


ドルの値段が高い時は世の中がドルを欲しがっているということで、
基軸通貨、言ってみれば世界の中心の通貨ってコト。


影響力は当然ですけど日本円以上!


もしアメリカドルに何かがあれば、
世界中の経済が影響を受けるのはそのためなんですね~。

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 アラート


【読み方】あらーと
【重要度】★★★★★


英語では警告の意味のアラート
経済用語でももちろん「警告」だけど、これは、
『すぐに行動しなければ大きな損失をしてしまう』という警告。


といっても経済には様々なアラートがあるんですよね~。


FXでもアラートがあって、大きな損失になってしまう、
ロスカット寸前といった時にもロスカットアラートが
メールなどで届くコトも。


他にも重要指標などが発表される前にアラートをしてくれる
スマホ用アプリなどもあって、自分で好きにアラートを鳴らすタイミングを選べる!


そんなサービスもあってアラートは投資家の心強~い味方なのです。


基本的にはアラートが出たらすぐに行動しないと
大損害を被ってしまう場合がほとんど。
そういった意味でもFXでアラートの
設定サービスは必ず利用するようにしてくださいね~!

▲ページ上に戻る



初心者のためのFX用語集 RSI(アールエスアイ)


【読み方】あーるえすあい
【重要度】★★★☆☆


日本語では別名『相対力指数』と言われたりしてるRSI
正式表記を書いときますね。Relative Strength Index


RSIは変化の大きさを見るオシレータ系テクニカルチャートの代表格。
過去の為替相場から「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を判断するためのチャートで
J・W・ワイルダーって人が開発したそうです。


RSIは過去の値上がり幅と値下がり幅を合計して変動幅を計算してくれるんですよ。
その変動幅に対して値上がり幅の割合がどれくらいになるかを計算してくれるスグレモノ!


ふむふむ、何だかわかりにくいですか?


簡単に言ってしまうと過去の値動きに対して
上昇幅の割合をグラフ化したもの。


さらに簡単に言うですね、
ある期間の値段の上げ下げを全ての値動きの中で上げ幅はどのくらいなのか
ということを計算してくれちゃうのですよ。


RSIは「今ならどのくらい儲かるか」の予測ってコトですっ!

▲ページ上に戻る

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.