• 初心者は少額からFXをスタートすべき!
  • 10万円でFXを始めるために知るべき手法
  • 少額でも稼げる複利のマジックとは?



株と違って24時間取引できたり、レバレッジが使えたりと人気のある投資方法であるFX。

「興味はあるけどちょっと怖いなー、大損なんてしたら嫌だし…」
なんて思っている方も多いと思います。
僕もFXを始めた時には同じことを思っていました。

たまたまテレビで大損した人のニュースを見て、
「チャートが思った方向に動かなくて、きっと元に戻るはず、戻るはず…と思っていたら含み損がどんどん大きくなってきて…」
なんて言っているのを聞くとゾッとして「やっぱりFXって怖い!」って思ってしまい、
口座開設からも足が遠ざかっていました。

でもきちんと勉強し、極力リスクを取らないように心がけた取引ができれば、徐々に利益が増えていくのもFX。

そこで今回は、FX初心者の方が、10万円という少ない金額でリスク低くFXを始める方法を紹介していこうと思います!

FX初心者にオススメなのは10万円からスタートすることです!

「10万円でFXなんてできるの?」と思われるかもしれませんが、FXにはレバレッジがあります。
現在のところ25倍までのレバレッジが使えるので、
口座に10万円入金した場合25倍の250万円までの取引ができることになります。

さすがに最初からレバレッジ25倍で取引をする人はいないかもしれませんが、
レバレッジを10倍にすれば10×10万円で100万円、ドル円なら約1万通貨の取引が可能になります。

1万通貨で取引するとして、例えば1日10pipsの利益を目標に取引を行ったとします。
1万通貨で10pips取ると、1000円。

「え、それだけ?」と思うかもしれませんが、銀行の利子が0.01%以下と雀の涙にもならない程度なことを思い出してもらえれば、10万円の元手で1000円の利益って結構すごいことだと思いませんか?

「でもやっぱり損が出るのが怖い…」と思われるかもしれません。
もちろん取引をする中でチャート分析を間違えれば含み損は出てしまいます。

相場に絶対はありません。どれだけしっかりと分析したとしても、
思わぬ値動きが出てしまうことも確かにあります。

でも「ここまで来たら自動的に損切り」という注文である逆指値注文を、
注文したときに同時に出しておけば、思わぬ損失を出す可能性は少なくなります。

例えばドル円100円、1万通貨で取引した場合、
逆指値を10pipsにしておけば、どんな大きな変動があったとしても損失は1000円で済むわけです。


逆指値注文を入れておくのはトレードをする上で鉄則中の鉄則ですが、
「うっかり逆指値を入れるのを忘れてしまった!」という場合でも
FXにはロスカットという仕組みがあります。

ドル円100円とし、1万通貨での取引で必要証拠金が4万円だとしましょう。
(必要証拠金とはそのポジションを持つために口座に必ずなくてはならない金額のことですね。)

5万円を証拠金としてレバレッジ25倍をかけると1万通貨での取引が可能になります。
この時に100pips以上の損失を出してしまうと・・・
それは1万円以上の損失を出したことになりますよね?

証拠金は5万円でしたので、1万円以上の損失を出すと証拠金は4万円を下回ります。
必要証拠金が4万円なので、それを割り込んでしまうわけです。

このように必要証拠金が一定の水準を割り込んだ時点で、
FX会社では投資家に対して警告を発します。


この警告はポジションを維持するための追加証拠金を要請するものでもあり、
「マージンコール」と呼ばれているものです。

マージンコールを受けた投資家は追加の証拠金を入金すればポジションを維持できますが、
できない場合は取引業者によってポジションは強制的に決済されます。
この強制決済のことを「ロスカット」といいます。

このようにマージンコールやロスカットはポジションが強制決済されてしまうリスクを示すものですが、
実際は投資家の損失を最小限に食い止めるための安全装置だったりもするのです。

ロスカットがあるからこそ、口座の資金がすっからかんになるなんてことがないわけですね!

10万円で始めるために最適な通貨単位やトレード手法を知ろう!

ここでは、10万円でFXを始めるための具体的なポイントをご紹介しますね!

10万円という少額から始める場合重要になるのは
「1000通貨単位で取引できるFX業者を選ぶ」
「値動きの安定した通貨ペアで取引する」
ことです。

少し前までFX業者のほとんどが取引は1万通貨からとしていました。
でも1万通貨はドル円で言うと大体100万円。

10万円からでもレバレッジを10倍にすれば取引できますが、
負けが重なるとあっという間に取引できなくなってしまいます


「負けなきゃいいんでしょう」という声も聞こえてきそうですがww
FXではプロのトレーダーでも、常に勝てるなんてことはありません。

ましてや、FXを始めたばかりの人は、負けが重なることはザラです(涙)
ですから、レバレッジを低めにして取引をすることが、リスクヘッジになるわけです。

そこでおすすめしたいのが1000通貨で取引できるFX業者で取引することです。

1000通貨はドル円で言うと大体10万円ですから、証拠金が10万円でもレバレッジをかけなくても取引できます。

10万円スタートかつレバレッジをかけずに運用することで、
損失を抑えながらトレードに慣れることができるので初心者におすすめです。


1000通貨トレードでFXに慣れてきたら、レバレッジを調整したり、
1万通貨単位のトレードに移行して、さらなる利益を狙えばいいんです。

1000通貨で取引できるFX業者ではスプレッドの狭さがピカイチの外為ジャパン
初心者向けの動画などが豊富にそろっている外為どっとコムなどがおすすめです。

取引する通貨ペアはどれがいいかというと、FX課長的にはドル円やユーロドルがおすすめです。
この二つのペアはスプレッドも小さいですし、値動きも安定しているのが特徴なので初心者向きですからね!

次に取引方法について確認していきましょう。
FXトレードにはスキャルピング、デイトレード、スイングトレード、長期投資の4種類があります。

スキャルピング

スキャルピングはもともと「皮をはぐ」という言葉を語源としていて、数pips~10pips程度の利益を細かくとっていく方法です。利益は小さいものの損も少なくて済むので、人気のトレード方法です。
その分1分足や5分足などかなり短い時間の足を見ることになるので、ちょっと落ち着かないかもしれません。

デイトレード

デイトレードはトレードを1日で完結させるスタイルで、数十pipsの利益を目標にします。翌日に持ち越さないので失敗したとしても切り替えができますし、損もさほど大きくはならない手法です。
スキャルピングほどではありませんが、ある程度チャートを見ている必要があるので時間が取れない方は難しいかもしれません。

スイングトレード

スイングトレードは1日から数日にわたってポジションを持つトレード方法で、大体100pips以上の利益を目標にします。
一度ポジションを取ったらしばらくほったらかしなので時間がない方におすすめの手法ですが、相場の急変などに耐えられるように逆指値を大きめに取っておく必要があります。

長期投資

長期投資は数カ月から年単位でポジションを持つ方法で、100pips以上の利益に加えてスワップポイントも利益として受け取れる可能性がある方法です。
スイングトレード以上にほったらかしにしておける手法ですが、相場の急変に耐えられるように逆指値をかなり大きくとっておく必要がありますし、資金がある程度ないと難しい取引方法です。

この中で10万円FXにおすすめなのは・・・
ずばり、デイトレードです!!


スキャルピングは少ない資金でも大きくレバレッジをかけることで大きな利益が見込めますが短い時間軸で判断していかなくてはならないので初心者向きではありません。

スイングトレードや長期投資では逆指値を大きめにとる必要や利益を得るためにはある程度大きな枚数で取引する必要があるので、10万円FXには向かないんですね。

デイトレードなら1日でトレードが完結するので、損失が出たとしても気持ちを切り替えやすいですし、
損切りラインもスイングトレードほど取らなくてもよいので少ない資金でも始めやすいというわけです!

10万円でFXを始める人が勝ち組になるための具体的な手法とは?

では10万円からはじめるデイトレードの方法について具体的に確認していきましょう。

最初は1カ月1万円の利益を目標にして取引を始めるのが良いと思います。
1カ月1万円の利益ということは、1日当たり500円となります。

証拠金が10万円としてレバレッジを低めに5倍にすると5000通貨での取引が可能になります。

5000通貨で日に500円の利益を得るためには、10pips程度を取ればいいことになりますよね。

比較的値動きが小さいとされるドル円でも10pipsは十分に取れる利益ですから、
達成可能な目標になりますね。


徐々に取引に慣れてくると「月5万円から10万円の利益を出したい…」と思うようになってきますよね。
大きな利益を得るためにはレバレッジを大きくして枚数を増やすか、獲得pipsを増やすかの二択になりますが、どちらも初心者が行うには不向なんです。

そこでおすすめなのが、複利運用を利用することです。

利益が出たらすぐに出金せずに元金に加えて運用していくと、あら不思議!
ものすごい勢いで1度に出る利益の額が増えていくのです。

この方法を「複利運用」といいます。
その効果は、かの有名なアインシュタインが「人類最大の発明は複利」と言ったほど。

複利運用については、以下のページで詳しく説明しています!
お金持ちはみな知っている、複利運用の効果

10万円スタートでも複利を使っていけば、月5万円から10万円の利益は十分可能になります!

月10万円の利益となると1日あたり2000円の利益ということになりますよね。
1000通貨単位のFX会社を利用して、10万円スタートでレバレッジを低めの5倍、目標を10pipsで取引を行うとします。

複利運用をすると4カ月で1日900円、5カ月で1日1000円と利益が増えていき、
400日程度でレバレッジ5倍・2万通貨で取引し、1日2000円の利益が出るようになります。

レバレッジも目標pips数も変えずにコツコツと積み重ねていくだけで、
十分に利益を得ることは可能になるのです。


複利運用、恐るべしですね!

複利運用の計算については
【元本×(1+年利率)年数乗】
で求められますが、エクセルで計算するとより詳しくシュミレーションできます。

トレードプランを考えるうえでも、ぜひ一度計算してみることをおすすめしますよ。

ジャパニーズドリーム?10万円を数億した!?そんな事が可能なのか検証する

「10万円 FX」で検索すると、こうしたコツコツ型トレード方法とともに「10万円を億にした!」というような記事が目に留まったりしませんか?

この ようなことが本当に可能なんでしょうか?

実際に10万円を6億円まで増やした人物がいます。
2010年ごろに、10万円の資金を含み益6億円にまで伸ばしたGFF(グフフ)という人で、
FXトレードをニコ生で配信していました。

2008年にFXを始め最初の2年間こそ負けていたものの、
2010年に勝ち始め、わずか数ヶ月で10万を含み益6億円、利益を4億5300万円で確定したのです!

その後10億円を狙い大量のポンド円のショートポジションを持っていたものの、強制ロスカットで損失を出して1億円になってしまいました。

この時のポジションは実に16000枚だったそうです。
当時はレバレッジ規制がなく200倍が当たり前でしたが、それにしても驚異的な枚数ですよね(..;)

彼はまた10万円からトレードを始めるのですが、
数百万円の資金を入れることで数千万円の含み益を出すこともあったものの、
最後にはすべての財産を失ってしまったそうです。


怖いですね…。

FXで10万円を億にまですることは理論上可能ですが、相場は思わぬ動きをするもの。
GFFさんのように積み重ねた利益が一瞬でなくなってしまうなんていうことも十分にありえます。

10万円FXを始めるときにはしっかりリスク対策をして、コツコツトレードで利益を積み重ねていきましょう。

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.