• アメリカの住宅関連指数は過熱気味?
  • アメリカの株式を押し上げているのは5社のみ
  • 夏~秋のトレンドに備えよう!

 

こんにちはひろぴーです。

先週金曜日、米国の経済指標で住宅価格が前年同月比で+16.8%と非常に高い数字をたたき出しました。
非常に好景気な証拠かと思われます。

しかし、色々と調べてみると予想以上に米国の住宅関連指数が過熱状態だということがわかってきました。
おそらく利上げ前の駆け込み需要もあるのかもしれません。

新築住宅販売件数は過去最高クラス

■出所:http://www.traderswebfx.jp/ 米国経済指標

 

こちらはリーマンショック後の米国の新築住宅販売件数のグラフです。
非常に大きな伸び率を示していることになります。
7年前と比較しますと、およそ2倍の数値まで上昇をしておりました。

住宅バブルと言えるかどうかはわかりませんが、FRBの利上げも住宅市場の過熱感も多少警戒をして利上げに急いでいるのかもしれません。

またニューヨーク・グリーンストリートの商業用不動産価格は2007年9月ごろのピークよりも23%程度高い状態で推移をしているようです。

ある意味、こういった物価上昇が米国のインフレ率を押し上げているのですが、やはりあちらこちらで過熱感がみられるのが現在の米国経済状況のようです。

米国の株式を押し上げているのは5社のみ

今年のNASDAQやS&Pは好調です。
ひたすら上昇する状況になっております。
しかし、実は上昇しているのは5社のみだったようです。
Apple、Google、Microsoft、Facebook、Amazonの5社の上昇率は今年に入っておよそ25%と圧倒的です。
しかし、これら5社を差し引いたS&P500の指数にすると、なんと上昇率の割合は3.9%に留まってしまうようです。
非常に堅調に推移をしている米国株式市場と思われていたのですが、実はこの5社以外はほとんど上昇がみられていなかったのです。

それほど、偏ったマーケットだったということです。
この5社のうち1社が下落すればたちまち急落相場になるのではないでしょうか。

ドル円月足チャート

■出所:GMOクリック証券 プラチナチャート

 

ドル円の月足になります。
米国は今年に入って2回も利上げしているのですが下落をしております。
そしてまだ1度の利上げとFRBのバランスシート縮小も控えているのですが、市場は何故か米ドル売りになっております。

おそらく市場がそれを信じていない証拠なのではないでしょうか。
年初からこれだけわかりきった材料だったにも関わらず、米ドル買いにならないのは明らかに違う方向に向かっているからでしょう。

毎年夏~秋ごろはトレンドが発生しやすい時期になります。
これから米国の経済指標が好調をキープできるなら別ですが、どこかでひずみが生まれてくるでしょう。
そういった場合はそこまで悲観することもないのにも関わらず、過剰に反応するのかマーケットです。

その波を今から虎視眈々と狙うべきではないでしょうか。

 

注:当コラムはあくまで執筆者の個人的な見解になります。当コンテンツ側からの売買取引を促す目的として提供している内容ではなく、あくまでもコラムニストの意見を掲載させて頂いております。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.