• アメリカの株価は堅調に推移!
  • 欧州も順調!?ユーロドルのチャートを確認!
  • リスク要因についても考えよう!

ひろぴーです。
FOMCも市場予想通り利上げで終えました。

FRBメンバーもタカ派一色となってきており、強い信念を感じます。
まだ当局からこういった発言が続きそうです。
米国経済指標が現状を維持するだけでFRBは粛々と利上げとバランスシート縮小に向けた行動をとるでしょう。

それとは裏腹に、米国の経済指標、5月分がいくつか発表されております。
これが軒並み悪化してきているのも現状です。
住宅関連指標、小売り、消費者物価指数、どれも前月比ベースで悪化しました。

個人消費の指標に直結するものばかりです。
もう1~2か月間この経済状況が続きますと、四半期別のGDPに影響が出てくるでしょう。

夏ごろにかけて米国経済の経済指標に注目です。

世界最強の株式市場は尚堅調

■出所:GMOクリック証券 CFD

米国のNASDAQ指数先物です。
Google、Apple、Amazon、Facebook、Microsoft、この5社だけで時価総額の6~7割以上を占めると言われるNASDAQ市場ですが、この5強が永遠と上昇し続けるかのような値動きが続いております。

つい先日、ようやく急落したのですが、あっという間に底堅くなってきており、再び史上最高値を更新していくような様相です。

インターネット、スマホ・PC、小売り、SNS、ソフトウェア、これらの業界の全てのNo1がこのNASDAQ市場にいるということが堅調さを物語っているのかもしれません。

前述のような兆候が出てきていることから、米国経済を悲観的に見始めているプレイヤーも増えてきているはずです。
しかしここ数年はそれをことごとく打ち破って、これらの株価は高値を更新してきました。

今回も同じパターンとなるならば、6000ドルに到達するでしょう。

しかし、実体経済と株価の乖離が広がれば、やはりどこかで大きく弾けることとなるでしょう。

そのタイミングで大きなリスクオフ相場がやってくるかもしれません。
現在はその前段階なのかもしれませんね。

欧州のインフレ失速!ユーロドルは調整局面?

■出所:GMOクリック証券 ユーロドル

お次にユーロドルの日足チャートです。

何週間か前のコラムでユーロドルの上昇ポテンシャルについて言及をさせて頂きました。
上昇はしてきたのですが、現在ヘッドアンドショルダーの形状となってきておりまして、ユーロ高の勢いが失速してきております。

FRBからの強いタカ派トーンの影響を受けた影響でややドル高に推移を始めていることはもちろんなのですが、欧州の消費者物価指数が悪化してしまいました。

これでは市場が期待していたユーロ高に反する結果です。
一旦出し尽くしのパターンとなるかもしれません。
ユーロドルは調整局面となりそうです。1.10あたりまで調整をするかもしれません。

そして厄介なことに、原油価格の低迷が世界的なインフレ傾向に歯止めを掛けそうです。

最近のドル安相場は、各国の中央銀行がタカ派寄りになってきたものでした。
しかし、原油価格が軟調に推移を始めると、インフレ基調になりつつあった国々の経済にブレーキとなります。
これも欧州のインフレ率の重しとなるでしょう。
ユーロはしばし調整期間となりそうですね。

注:当コラムはあくまで執筆者の個人的な見解になります。当コンテンツ側からの売買取引を促す目的として提供している内容ではなく、あくまでもコラムニストの意見を掲載させて頂いております。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.