• ウォレットって何?どんな機能があるの!?
  • ビットコインが盗まれる!?安全性について!
  • ビットコインウォレットにはどんな種類があるの?

最近、ビットコインってなんだろうと興味を待ち始めた人も多いのではないでしょうか。
ビットコインは、ブロックチェーンという技術を用いたセキュアなデジタル通貨のことを言います。暗号通貨、仮想通貨という言葉がよく使われますか、ビットコインはその一種です。

日本では、ビットコインは決済手段というより、投資目的で所有する人が多いです。最近その価値が上がっていることもあり、ビットコインを持ってみたいという方は非常に増えています。
それでは、ビットコインを持つにはどうすればいいのでしょうか。紙幣や貨幣を入れるお財布があるように、ビットコインにも管理するためのウォレットというものが存在します。この記事はビットコインウォレットについて紹介していきます。

ビットコインウォレットとは?どういう仕組み?

ビットコインを管理するウォレットはどのようなものなのでしょうか。先ほどから、ウォレットのことを「ビットコインを管理する」とお伝えしています。通常、紙幣や硬貨であれば「お金を財布に入れる」という表現をします。この「管理する」と「入れる」の違いが、私たちが普段なじみのある財布とビットコインウォレットを分けるポイントになります。

ビットコインウォレットは、どれだけのビットコインを持っているかわかるだけでなく、そこからビットコインを送金したり、製品を購入したり、サービスによっては投資して得た利益を受け取ることもできます。通常、お金を集金したり、受け取ったりするには、銀行口座を用いることが多いです。しかし、ビットコインウォレットは、この銀行口座の機能も持ち合わせているのです。これにより、今まで以上にお金を自由にやり取りできるようになるのです。

それでは、どのようにしてビットコインウォレットは送金したりお金を受け取ったりできるのでしょうか。イメージとしては、メールの送受信に極めて近いものになります。ビットコインウォレットには、各々にアドレスが付与されており、これを用いてお金をやり取りします。例えばAさんにお金を送りたいというときは、Aさんのアドレスを入力し、送金したい金額を入力します。後は送信ボタン押せば送金が完了するのです。この送金の履歴は、ご自身のウォレットで管理することができます。まさに銀行の預金通帳のような感覚です。また、仮想通貨の特徴ですが、Aさんに送金したという履歴は、世界中にあるコンピューターに記録され、その取引が確実に行われたことを証明されます。これにより、ビットコインを間違いなくやり取りすることができるのです。

ウォレットを使うとどうして安全なの?

仮想通貨を扱う際に必要となるとても大切なものがあります。それが、公開鍵と秘密鍵です。
仮想通貨はお金のやり取りになりますので、セキュアな環境でなければ情報が漏れたり、ハッキングされるリスクが発生してしまいます。

そこで、仮想通貨を安全に運用するために公開鍵と秘密鍵を用いた暗号化技術を適用しているのです。イメージとしては、銀行口座のパスワードをさらに複雑にしたものといえば良いでしょう。
仕組みの詳細については省きますが、ここではこれら2つがとても重要だということを理解していただければと思います。
しかし、この公開鍵と秘密鍵が漏洩してしまうと、持っているビットコインが盗まれてしまいます。
これを防ぐために、ウォレットが必要となります。ウォレットでは、公開鍵と秘密鍵が厳重に管理されています。これにより、安心してビットコインを利用できるようになるのです。

オンライン型とオフライン型の違いとは?

ビットコインを管理するウォレットにも、大きく分けて2つのタイプがあります。1つ目は、ホットウォレットとよばれるものです。これは、オンライン上でビットコインを管理することができ、いつでもビットコインの送金や引き出しができるのが大きな特徴です。このような利便性を備えている一方で、インターネット環境があればアクセスできるため、セキュリティーの面で不安があります。

もう一つは、コールドレットと呼ばれるものです。これは、ホットウォレットと対照的に、オフラインでビットコインを管理するものです。紙などに秘密鍵の情報などを書いて管理することで、ホットウォレットに比べてセキュリティ面で安心できるのが特徴です。一方で、秘密鍵が記載された紙などがないと、ホットウォレットのように送金や引き出しを随時行うことができません。また、秘密鍵を記載した媒体を紛失すると、再発行の手間がかかるというデメリットもあります。

おすすめのビットコインウォレットは?

それでは、ビットコインウォレットはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、利用されているケースが多い2つのサービスをご紹介します。

bitFlyer ウォレット

日本で一番利用されているビットコインの取引所・bitflyer が用意しているウォレットです。「Pay」機能を使うと、Facebook やLINEで簡単に送金できるなど、機能が充実しています。

Coincheck ビットコインウォレット

こちらはビットコイン国内取扱高2位の取引所・Coincheck が用意しているウォレットです。Coincheck は機能を絞っている分、操作が簡単なのが特徴です。そのため、初めての方が扱うには、Coincheck のウォレットがおすすめとも言われています。使い方で戸惑うことはほとんどないでしょう。

ウォレットの作り方を丁寧に解説!

ここでは、開設手続きも簡単な、Coincheck のウォレット作成について紹介します。

手順はとっても簡単です!まず、Coincheck のアプリをダウンロードします。
例えば、iPhone であれば、itunes からインストールします。

その後、アプリを立ち上げると、下の画面が出てきます。

(出典:https://coincheck.com/faq/696)

自分のメールアドレス、設定するパスワードを入力します。

その後、入力したメールアドレスに確認メールが届きます。そこに記載されているリンクをクリックすると、登録が完了になります。

(出典:https://coincheck.com/faq/696)

ウォレットが作成できたら、日本円を入金してビットコインを購入するか、どなたからかビットコインを送ってもらうことで、通貨を使えるようになります。

このように、スマホ一台あることで、簡単にウォレットが作れるのです。

まとめ:今回の記事のポイントをおさらい!

このように、ビットコインを利用する上で、ビットコインウォレットは必要不可欠なものになります。
また、ウォレットはオンライン型のホットウォレットとオフライン型のコールドウォレットがありますが、一般的にはホットウォレットで、コールドウォレットを使用した方がより安全という形です。
ウォレットはスマホで簡単に作成できますので、興味のある方は1度チャレンジしてみましょう。

The following two tabs change content below.
ユーミンパパ
FX課長の元職場の上司。2児の父で、20年ほど株式投資や投資信託などで資産運用をしている。家電好き。 また、奥さんがなかなかの節約家なので、そういった情報に関しても強いと自負している。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.