• 仮想通貨やビットコインの基本について!
  • ビットコインと電子マネーって何が違うの?
  • 仮想通貨の買い方は?

「仮想通貨」という言葉をニュースでよく耳にするようになりました。過去最高の価格を記録したと聞く一方、バブルと指摘する声も聞きます。バブルと聞くと日本人には1990年代の不動産バブルが崩壊した教訓もあり、仮想通貨もいつかそうなってしまうのではないかという危機感も覚えます。そもそも仮想通貨と「ビットコイン」はどのような違いがあるのでしょうか。今さら聞けない仮想通貨として、初歩的な部分からお伝えしていきます。

仮想通貨とビットコイン

まずは仮想通貨とビットコインの違いについて。仮想通貨とは全国で認められている通貨(法定通貨)のほかに世界中で生み出されている通貨のこと。法定通貨と交換のできるものが多く、その価値も取引所ごとに異なります。仮想通貨の定義は「管理者」を持たない通貨のこと。日本円でいうところの日本銀行、アメリカドルのFRB(連邦準備制度理事会)のような管理者を持ちません。

その仮想通貨の代表格がビットコインです。代表格と言っても、ビットコインは仮想通貨の「一種」でしかありません。仮想通貨のなかにはビットコインと特徴が似ているものもあれば、まったく異なる特徴を持つものもあります。そこまで理解したうえで、ビットコインの特徴を抑えていきましょう。

ビットコインの特徴

ビットコインは2008年に創出されました。より正確にいうと、サトシ・ナカモトという人物が暗号通貨に興味を持つ人が集まるメーリングリストに提出した論文によります。この論文によりビットコインと、ビットコインを運営するブロックチェーンのシステム構築が可能となりました。サトシ・ナカモトは、一見すると日本人のような名前を名乗っていますが、その正体は不明。どこの国籍を持つ人物かもわかっていません。

このシステムは、前項でお伝えした管理者を持たないという意味で、AからBへ対等な関係(peer)を持ってサービスを提供できます。このpeerを使って、「P2P(ピアツーピア)取引」といいます。

ビットコインは自由に売買のほか、無償で贈与することもできます。世の中にあるビットコインが無数の取引(トランザクション)することによって所有者を変えていきます。ただ、ビットコインの「管理者がいない」という特徴がここでも関わってきます。

ビットコインに管理者がいない以上、その取引が正当のものかどうかを「ほかのビットコインコミュニティの人たち」に認めてもらう必要があります。ただ、ボランティアで認めるようにしても積極的に参加しないことも多いでしょう。そこで、この承認を1番最初にした人にビットコインでの報酬を与える仕組みが生まれました。これを「マイニング」といいます。

2017年5月現在、約10分に1回のマイニングを行った人には報酬として12.5BTCが与えられます。ただ、ビットコインは上限があり、約2100万BTCに到達すると新規発行が出来ない仕組みとなっています。そこで、4年に一度夏のオリンピックと同じ年に、ビットコインの報酬額を半分にするというルールがあり、「半減期」と呼ばれています。

最新の半減期は2016年でした。この半減期にはビットコインの価格が高騰するといわれており、ビットコインコミュニティの人は集まってその時を待ちましたが、ビットコインがメジャーとなった今日、次の半減期である2020年にどのような動きをするか、不透明になっている部分もあります。

ビットコインは電子マネーと同じ?

このように独自の存在感を持つビットコインですが、見慣れない人はよく「Suicaと似ている?」という疑問を持ちます。ビットコインとSuicaに代表される電子マネーは、似ている部分と異なる部分があります。それぞれ比較してみましょう。

ビットコインと電子マネーが似ている部分

・法定通貨(日本の場合は円)の代わりに買い物ができる
・手には取って利用できないが、スマートフォンやクレジットカードを通して使用することができる

両者に共通した特徴は、法定通貨の代わりに買い物ができるという点です。電子マネーは今や全国に波及し、財布がなくても揃うものも増えてきました。一方のビットコインで買い物をできる場所も増えてきます。最新のデータでは、2016年9月末で全国約2500店。最近はあのビックカメラでビットコインの購入手続きが開始され、大きな話題になりました。

ビットコイン・電子マネーとも、手に取って利用をすることができないものの、スマートフォンやクレジットカードを通して使用することができます。特定の店舗では、ビットコインを紙媒体にして発行し、使用することもできます。

ビットコインと電子マネーが異なる部分

・ビットコインは変動するが電子マネーが変動しない
・ビットコインは管理者がいないが、電子マネーは管理者が存在する

一方、ビットコインと電子マネーの異なる点です。最大の相違点は「変動性」について。ビットコインは変動するものの、電子マネーに変動性はありません。ビットコインの持つ変動性(ボラティリティ)はとても高いもので、1-2週間などの短期間で数万円の値で上昇・下落をすることもあります。また、管理者の有無も大きな特徴です。

仮想通貨のメリットは、まだ登場してまもない商品のため、今後も高騰が期待できる点です。一方で下落も予想されるため、価格の変動性はデメリットといえるでしょう。

気になるのは、株式や投資信託、ETF(上場投資信託)と比較したとき、投資商品としてどうか、という点です。日本では2017年に法改正が行われ、取引会社が登録制となったため、今後は少しずつ「安心感」が生まれていくことでしょう。ただ、短期間で数万円価格が変わるところを見ると、一般の方が入り込むにはまだリスクが高すぎると言わざるを得ません。

仮想通貨はどこで買える

ビットコインを買うには、様々な取引所があります。代表的なcoincheckという取引所のホームページを見てみましょう。

coincheck

coincheckのホームページを見るとわかるように、ビットコイン以外にも様々な種類があります。いくつか見てみましょう。

イーサリアム

ビットコインの次に時価総額の大きい仮想通貨です。ビットコインの高い変動性を嫌い、イーサリアムで運用をする人も多いです。

リップル(リップルコイン)

外国為替・送金ネットワークのなかで使われている仲介通貨を仮想通貨として使用しています。SBIがコンソーシアムを組んだことでも知名度を上げ、高騰要因となりました。

XEM(NEM)

NEMというブロックチェーンのなかで動く仮想通貨がXEMです。日本国内では知名度の高い仮想通貨のひとつです。

ライトコイン

「第2のビットコイン」といわれるライトコイン。大きな違いは、ビットコインと異なり開発者が判明しているという点。運用コストがかからない仮想通貨として、流通や取引に利用しやすい特徴を有しています。

ビットコインのことを調べていると、「アルトコイン(オルトコイン)」という言葉を耳にする機会があると思います。アルトコインとは、いわば「ビットコイン以外のコイン」のことです。

このように、様々な仮想通貨が生まれています。注目すべきは、最近あたらしく誕生した仮想通貨は、発行主体がないビットコインとは異なり管理者がいるものもあります。これらのコインが「一般の方に売買ができる」状態となり、その売買を持って資金調達をすることをICOといいます。ICOは2017年の仮想通貨のホットワードとなる、という専門家も多く、注目されている言葉です。

取引所もcoincheckのほかに様々な取引所があります。

bitFryer

国内最大の取引所。ビックカメラと提携したことでも有名。

テックビューロ

ブロックチェーン基盤プラットフォーム「Zaif」を運営しています

coincheck

Facebookアカウントで気軽に口座を作ることができます(2017年法改正により法律による確認手続きが付加)。仮想通貨初心者にはお勧め。

まとめ

様々な角度から仮想通貨についての分析をまとめました。ビットコインを始めいまだ「怪しい」という人が多いものですが、それは実体が不明なことによることも大きいと思います。BitFlyerやcoincheckのホームページを覗くと、とても丁寧な仮想通貨のワード説明や法律の噛み砕いた説明が掲載されています。安心したうえで、自分にとって無理のない金額で試し購入をしてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
ユーミンパパ
FX課長の元職場の上司。2児の父で、20年ほど株式投資や投資信託などで資産運用をしている。家電好き。 また、奥さんがなかなかの節約家なので、そういった情報に関しても強いと自負している。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.