チャネルラインを自分のものにしてトレードの武器に!!

チャネルラインというのはトレンドラインの外側にもう一本線を並行に引いたもの。


トレンドライン一本よりも見やすく、
戦略を立てやすいため使っているトレーダーが多いですね。


初心者のうちから使いこなせるようにすることで大きな武器になりますよ。

チャネルラインの引き方

長い足から短い足の順に見ていくのが基本です。


まず日足から見てみましょう。


image-133-01

上のチャートはEURJPY(ユーロ円)の日足です。


ずっと上昇トレンドでしたが、白丸の位置で下に抜けて来ました。


すぐに戻りますが赤丸の位置で再びラインを下回ってきていて
上昇トレンドが崩れてきていることが分かります。


次に4時間足を見てみましょう。


image-133-02

まずチャネルラインを白丸の高値を結んで引きました。


高値を切り下げてきていますので4時間足レベルで
下降トレンドになっていることが分かります。
更に赤丸の高値を結んだトレンドラインと安値を結んだトレンドラインを引きました。

【動画あり】5分でわかるトレンドラインの引き方

このようにトレンドラインが三角になって、
徐々にその三角が狭くなっている状態を三角保ち合いです。


大抵の場合三角の頂点に近づくに連れ
動きが小さくなっていきどちらかに放たれます。
一旦放たれるとその方向に走ることが多いですね。


この場合は下に抜けました。


その後少し戻しましたが、トレンドラインを上に抜けることはなく再び落ちています。


次に15分足に切り替えてみます。


image-133-03

今現在の動きに近づいて来ました。
赤丸の付いている安値を結んでトレンドラインを引きます。


その結果白の矢印が付いている所でトレンドラインを割り込んできました。


その後大きく下落しています。


その下落に合わせて引いた下降トレンドラインを現在少し上へ抜けて来ました。


このあと青い4時間足レベルのチャネルラインの内側に
再び入ってくるかそれともさらに下落を続けていくかというところです。

長い足から短い足へと順番に観察して、そしてラインを引いていきましょう!
毎回取引を始める前にラインを色々引いてみることを習慣にするようにしてくださいね!

チャネルラインを引くならおすすめはGMOクリック証券!

GMOクリック証券

GMOクリック証券のプレミアムチャートを立ち上げると専用のチャート画面&取引ツールが出てきます。
チャート画面が最初小さいので拡大して使いましょう。
そして、分かりやすいアイコンがあるので「チャネルライン」をクリックします。
そして、1本目の線を引くと、ビヨ~~ンと2本目の線が出てきます。
2本目の線は常に1本目に対して、平行になるようになっていますので、自由自在にチャネルラインが引けますよ~!



※参考画像 GMOクリック証券プレミアムチャート
image-133-03


【基礎からわかるテクニカル分析】記事一覧

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.