• 外貨両替手数料が超高い事をご存知でしたか??
  • 銀行とFX会社の手数料差が凄い!
  • FX会社の中で最もお得に両替出来るのはどこ?

海外旅行に行くとなったら、必ず必要になってくるドルやユーロなど、現地の通貨への両替。
これを銀行や郵便局、空港の両替サービスで普通にやっちゃうと、けっこうな手数料がかかってしまっていることをご存知ですか?
実はちょっとした工夫をするだけで、この手数料を大きく抑えることが可能です。
手数料を抑えることができたら、その分をちょっとした贅沢のために使うことだってできますよね。
今回は、そんな外貨両替の手数料を安くする方法を紹介しますので、これから海外旅行に行く予定があるという方、ぜひチェックしてくださいね!

銀行の外貨両替はこんなに高かった!

では、さっそくなんとなく銀行に行って、外貨両替をして外貨現金を受け取った場合の手数料について考えてみましょう。

例えば日本円を米ドルに換える場合、大手銀行で両替を行うとだいたい1ドルあたり約3円の両替手数料がかかってきます。
ちょっと参考までに、みずほ銀行と三菱東京UFJ銀行の外貨両替相場のレート表をリンクしておきます。

みずほ銀行⇒http://www.mizuhobank.co.jp/rate/market/cash.html

lab12438-1

三菱東京UFJ銀行⇒http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/tvl_check.html

lab12438-2

ちなみに、日本円から米ドルへ換える際のレートと、米ドルから日本円へ換える際のレートが出ています。
その差額を2で割った値が両替手数料と考えてください。

それでは、日本円を米ドルに換えて、1000ドルまたは2000ドルを手に入れるとすると、どのくらいの手数料がかかってくるんでしょうか?

・1000ドル → 両替手数料:約3000円
・2000ドル → 両替手数料:約6000円

かなり多いですね!
これだけあれば、1回か2回は、旅行中のランチで豪華なメニューを選べちゃいそうですね・・・
たかが両替するだけなのに、こんなに払うのはもったいなく感じてしまいます。

ちなみに、ゆうちょ銀行(郵便局)でも、ほぼ同じぐらいの手数料がかかってきます。
また、空港の両替サービスとなると、さらに手数料は多くかかってしまいます。
うーん、世知辛い世の中・・・

銀行以外で安い方法はあるの?

それでは、銀行に行って外貨両替をする以外に、安くすませる方法はないんでしょうか?
いくつか方法を挙げてみますね。

・金券ショップを利用(まあまあお得)
・ネット両替サービスを利用(なかなかお得)
・FX会社を利用(かなりお得!)

それぞれ、米ドルに両替するケースで見ていきましょう。

金券ショップ

金券ショップで外貨を購入すると、大手銀行より少し安く手に入れることができます。
価格はお店によって違ってきますが、他のチケットのディスカウント具合と似たようなもんだと思えばいいんじゃないでしょうか。
だいたい、1ドルあたり約2円ぐらいのことが多いようですね。
ということで、両替手数料はこうなります。

・1000ドル → 両替手数料:約2000円 (大手銀行より約1000円お得)
・2000ドル → 両替手数料:約4000円 (大手銀行より約2000円お得)

まあまあ、いい感じですね。
お近くに金券ショップがあるという方は、試してみてもよさそう。
ただ、交通費をかけてまで金券ショップに買いに行くとなると、トータル微妙な感じですね。

ネット両替サービスを利用

これは、インターネット上で外貨を注文して、家に宅配してもらえるサービスです。
外貨両替ドルユーロというサイトが有名です。
外出する必要もなく、手軽に外貨が手に入るので、便利なサービスですよね。
手数料も安く、1ドルあたり1.5~2円というところですね。
ということで、両替手数料はこうなります。
(執筆時点では1.85円だったので、この数字で計算します。)

・1000ドル → 両替手数料:約1850円 (大手銀行より約1150円お得)
・2000ドル → 両替手数料:約3700円 (大手銀行より約2300円お得)

※日本円で10万円未満の注文の場合は、別途400円の郵送料がかかってきます。

手数料がお得なのに加えて何よりお手軽なのが魅力ですね!
現金を郵送するというところに抵抗がなければ、ぜひ利用してみたいところです。

FX会社を利用

最後に、FX会社を利用した場合のケースです。
そもそもFXというのは、外貨を買ったり売ったりしながら、為替の変動を利用して儲けるサービスです。
これをうまく活かして、安い手数料で両替をできるようにしてくれているFX会社があるんです。
代表的なところを挙げておきますね。

・マネーパートナーズ
・YJFX!
・マネースクウェア・ジャパン
・上田ハーロー
・セントラル短資FX

この中でも、マネーパートナーズの外貨両替・空港受取サービスというのが、圧倒的にお得です。
FX会社の場合、両替手数料自体はもともと安いんですが、FX会社の口座→銀行口座→引出という形で外貨を受け取ることになって、銀行送金にかかる手数料がけっこうバカにならなりませんでした。
ですが、マネーパートナーズのこのサービスは、銀行口座を介さないことで全体にかかる手数料がかなり低く抑えられています。
なんと1ドルあたり約0.2円(厳密には0.2025円)で、これに1回あたり事務手数料500円がかかってくる感じです!
ということで、全体の手数料はこうなります。

・1000ドル → 両替手数料:約200円+500円 (大手銀行より約2300円お得)
・2000ドル → 両替手数料:約400円+500円 (大手銀行より約5100円お得)

文句なしに、これが一番お得ですよね!
ただし、注意が1つだけあって、両替できる上限が決まってるんです。
このサービスを利用できるのは1ヶ月あたり2000ドルまで。
これが問題ないという方には、間違いのない方法だと思います!
FX会社の口座開設や口座維持費用は無料なので、ぜひ利用してみてくださいね。

マネーパートナーズを徹底分析

外貨両替をうまく使って充実した海外旅行を!

外貨両替を賢くやる方法について紹介してきました。
「おっ、こんな方法があったのか!」ということで興味を持った方も多いんじゃないでしょうか。
旅行前にちょっと工夫することで、実質コストなしでお食事なんかをグレードアップさせることもできるわけです。
より充実した旅行にするために、ぜひ上手に活用してくださいね!

”本当に使える”FX業者を2社Pickup!
DMMFX
DMM.com証券はついにFX口座数国内第1位の会社になりました!※ファイナンス・マグネイト社調べ。2016年2月口座数調査報告書
FX課長としてはライバル的業者のGMOクリック証券よりおすすめ出来ます!
スペックはほぼGMOクリック証券と横並びなので、こうなるとどちらを選ぶかはもはや好みなのですが、その中でもチャートが使いやすい!!とFX課長は感じているのです。
これからテクニカル分析を覚える必要があるFX初心者にすごくおすすめな業者ですよ!
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパンは1000通貨から取引可能な会社です。 外為ジャパンは派手な宣伝はしていませんが、約定力&操作性、スプレッドといったそもそものスペックが非常に高いFX業者です。 考えてみれば、スペックが良くないと、そもそも取引を増やそうと思わないですから納得の高水準です!
外為ジャパン
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.