• 改めてポンドのEU離脱問題について考えてみる!
  • EUから離れるメリットとデメリットは何か?
  • 今後のイギリス、ポンドの見通しはどうなりそう?

2016年6月に、イギリスでEU離脱をめぐる国民投票が行われました。
「まさかEU離脱なんてないでしょ」と思っていた人が大半だったと思いますが、結果はまさかのEU離脱支持派の勝利。
為替相場もポンドを中心に大混乱に陥りました。

この相場を揺るがした大事件からしばらく経ちましたが、ポンドは元の水準に戻ることなく大きく下落したままです。
今回は、このEU離脱問題の背景、これからの見通しについて解説するとともに、今後の取引戦略についてもコメントしていこうと思います。

なぜEU離脱という問題が起こったのか?

EUから距離を置いていたイギリス

EUというのは欧州連合の略称ですが、簡単に言ってしまえば、欧州の色んな国を1つにまとめるような仕組みです。
EUに参加している国同士の関税を撤廃したり、人の行き来を自由になるようにしたり、共通通貨ユーロを作ったり。
EU内で、ヒト、モノ、サービス、カネが自由に動けることを目指していて、大きな単一市場を作り出そうとする試みなんですね。

そのためには、EU内を取り仕切るためのルールというものも必要になり、それに加盟している国はこれに従う必要があります。
これは、ある意味、EUに参加する国の自由を奪う側面もあります。
主権意識の強いイギリスは、こういうことを嫌っていたところがありました。

例えば、イギリスはポンドという自国通貨を持っていて、ユーロに参加していません。
また、EU国家間を国境検査なしでヒトが自由に行き来できるシェンゲン協定というのがありますが、イギリスはこれにも加盟していません。
こんな感じで、イギリスはもともとEUから一歩距離を置いているところがありました。

EU域内からの労働者移民の流入、EUへの拠出金に対する不満

EUには、欧州のさまざまな国が加盟しており、その中の貧富の差というのは小さくありません。
イギリスは経済的に豊かな大国で、東欧の貧しい国と比べると賃金も高く、福祉も充実しています。

となると、貧しい国の人たちは「イギリスで働いて、今より高い賃金で働きたい」というふうに考えますよね。
こういった背景から、イギリスへの移民労働者が増えていたことは、かねてよりイギリス国内で問題になっていました。

安い労働力はイギリス国民が無職になる危険が!?

こういった移民労働者が増えるということは、安い労働力がどんどん入ってくるということです。
経営者にとっては大歓迎かもしれませんが、労働者にとっては自分の賃金を圧迫したり、仕事を奪われたりすることにもなるので、決してうれしい話ではありませんよね。
そういった意味での反感というのは、やはり大きかったようです。
ちなみに、当時のキャメロン首相は2015年の移民純増数を10万人未満に抑えることを公約として掲げていました。
しかし、結果はなんと33万人の増加と、公約からかけ離れた現状にありました。
これは不満が大きくなるのも頷いてしまいますね。

また、EUの予算は豊かな国が大きく負担する形になっています。
つまり、豊かな国がたくさんお金を出して、貧しい国を支えるようなイメージですね。
これについても、イギリス国内で不満の声は大きかったようです。
ドイツも同様に大きなお金を出しているんですが、ドイツはユーロに参加しているため、ユーロ安によるメリットを享受することができます。
一方で、イギリスはユーロに参加していないので、自分が出したお金に対する見返りが少なかったということなんですね。
「そんなものにお金を使うんだったら、国民のために使ってくれよ!」といったところでしょう。

こういった背景によって、イギリス国内ではEU離脱への機運が高まっていったわけです。

国民投票でまさかのEU離脱支持派が勝利

EU離脱の声はあったものの、さすがにEU離脱という大きな方向転換をすることに対して、それほど支持が集まらないだろうというのが大方の見方でした。
単純に考えれば、イギリスがEUから離脱してしまうと、EUに加盟しているその他の国との間でのビジネスは今まで通りできなくなるわけです。
EUという大きな市場に自由に参加できなくなるわけで、経済的に大きなデメリットを受けることは多くの人が予想していました。
「EU離脱派の気持ちも分かるけど、そこまでしていいものか」という感じだったのでしょう。

しかし、いざ蓋を開けてみると、僅差ではありましたがまさかのEU離脱派の勝利となります。
予想以上にEUへの不満が根深かったということなのでしょう。
もしかすると、シリアの難民問題でEUが混乱していたことも関係あったのかもしれません。
ただでさえ移民労働者の流入が問題になっている中、難民についてもEUから負担を押しつけられるのでは、という恐怖感のようなものが国民の中に漠然とあったのかな、とか思ったりしています。

EU離脱までの今後のステップ

さて、EU離脱という国民投票での結論が出たわけですが、実際にイギリスがEU離脱するためには、まだいくつかのステップを踏む必要があります。
簡単にザッとまとめてしまうと、以下のような流れです。

・イギリスによるEU理事会への通告
・離脱の中身について交渉開始
・EU議会での同意、EU理事会の承認

まず、EU離脱への最初のステップとなるのが、イギリスがEU理事会に対して「EU離脱します」と通告することです。
ここから、EU離脱への長い道のりがスタートします。

そして、どういう形で離脱をするのか、EUとイギリスとの交渉が始まっていきます。
簡単に言うと、EU離脱後にどういう形でEUとイギリスが付き合っていくのか、新たな協定を作るということですね。

イギリスとしては、EUを脱退しても、出来る限りEUの国々との貿易については、できるだけ今までに近い形で障壁なくできるようにしたいわけです。
要は、EUのおいしいところはできるだけ残した形で、新しい関係をEUと作っていきたいんですよね。
もちろん、イギリスにそんなおいしいとこ取りをさせるわけにはいかないので、EUとしては簡単に許すことはないでしょう。

この交渉は非常にシビアなものになるはずなので、長引く可能性が高いと予想している人が多いです。
ちなみに、交渉の期限は延長も可能なんですが、交渉が開始されてから2年という区切りもあります。
おそらく期限が近づいてくると、「延長するのか?」みたいな話題が出てきそうなので、このあたりは相場的に意識されやすそうな気がします。

これがEUとイギリスの間のやり取りになっていくんですが、現在、それ以前の問題として、イギリス国内の手続きでもちょっと揉めているようです。
「国民投票なんて効力はない!」という意見で、議会承認も得てからEUとの手続きを進めることを主張するもので、訴訟も行われています。(※執筆時点では結果はわかりません)
まだ、EU理事会への通告する前段階のところなわけですね。

とりあえず今の時点では、この訴訟の行方も含めて、イギリスがEU理事会に通告するのがいつになるのか、というところに意識しつつ見守っていく必要があります。

FXをやるうえでの注意点と取引戦略

それでは、ポンド/米ドルのチャートを見ながら、今後の注意点について見ていきます。

lab12391_1

国民投票の結果を受けて、それまでの安値を一気に下抜けして、1.28ドルという安値をつけています。
これは、直前の高値から見ると2000pips以上の下落ということで、すごいインパクトだったことがわかりますよね。
EU残留にかけてポジション持ってたら、ひとたまりもないですね。
いやー、本当におそろしい・・・

ポンドに限らずですけど、こういうどうなるかわからない大イベントでは、「絶対こうなるだろ!」という思い込みは危ないということを、改めて感じさせるチャートです。

そして、暴落後なんですが、3ヶ月ほど1.28ドル~1.35ドルあたりでヨコヨコしている形です。
下落幅から見ても、半値戻しにも届いてないことがひと目で分かりますね。
また、国民投票前の安値にもまったく届いていません。
このことからも、国民投票の結果を受けた下降トレンドが、依然として継続しているように見えますね。

10月に入って更に下落

しかも、10月に入ってからは、メイ首相のEU離脱への強硬な姿勢を示す演説をきっかけにして、国民投票直後の安値もさらに割り込んできています。
さらに、この割り込んで来た後には長い下ヒゲが出ていますが、ここではストップがストップを呼ぶプチ大暴落が起こっています。
現在は底なし沼状態で、チャートを見るかぎりどこまで行くか分からない、けっこう怖い状態ですね。

これからなんですが、やはりEU離脱という方向性が変わらない限りにおいて、下方向は見ておいたほうがいい気がします。
かなり下がっているんですが、反転のサインが明確に出ないかぎりは水準感での逆張りロングは危険ですよね。
また、逆に突っ込んでの順張りショートを入れるのも怖いところ。
これだけ下がってるので、ちょっとしたリバウンドもかなり大きい可能性がありますし、もしかしたら一生助からないポジションを持ってしまうこともあるかもしれません・・・(汗)
順張りは焦って入らず、しっかりと調整の戻りを待ってから入ったほうがいいんじゃないでしょうか。

最後に、今後の注目すべきイベントですが、EU理事会に対する通告がどうなるか、これに注意しておきましょう。
この通告は市場的には1つの目標として意識されていると思うので、通告がされるのを節目に流れが変わってくる可能性もあります。
このあたりは実際の反応を見ないとなんとも言えませんが、こういったEU離脱の節目となるイベントでの動きは大事なので、しっかりチェックしておくようにしましょう!

大チャンスもあるかも!今後のポンドの動きに要注目!

EU離脱の問題についておさらいするとともに、ポンドのこれからの注意点について解説してきました。

今までにEU離脱をした国はなく、トレーダーにとっても初めての経験となるこの問題、相場で予想外なことが起こる可能性も大いにあります。
今後のニュース(現時点では、通告と訴訟がどうなるかですね)を逐次チェックするとともに、チャートの動きを丁寧に見るようにしていきましょう。
また、「絶対こうなるはず」という先入観は大怪我のもとなので、狙い通りの動きをしなかった場合は、潔く負けを認めるのも大事になってくると思います。

勝率100%は目指さない、負けを認める事

大きく相場が動く可能性もあるので、大きく儲けるチャンスもあります。
これまでポンドを見たことがなかったという人も、これを機会にぜひポンドをチェックするようにしてくださいね!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.