• デイトレーダーにおすすめのFX会社はどこ??
  • デイトレーダーを更にタイプ別に分けて考える!
  • スプレッド以外にも注目すべき点はある!!

FX課長のデイトレード企画もいよいよ大詰め6回目となりました。
デイトレードの基本的なこと、現役デイトレーダーへの取材、具体的な手法などなど、いろいろと見てきたわけですが、デイトレードに興味が持ってくれた人も多いと思います!
「よし、さっそくデイトレードをするぞ!」となっているかもしれませんが、しばしお待ちを。
もしデイトレードをやるんだったら、デイトレードが向いているFX業者を使わないともったいないですよ!
今回は、FX課長がすすめるデイトレードに強いFX業者を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

デイトレーダーにおすすめの2社はこれ!

デイトレードは1日に1回~複数回の取引をするわけですが、比較的短いトレードを繰り返しすることになります。
取引を繰り返すので、1回の取引にかかる取引コストは長いスパンで考えると意外と無視できません。
また、短いトレードを繰り返すので、細かなチャート分析が必要になってきますし、今現在のリアルタイムな相場情報がより重要です。

こういったことを踏まえると、以下のような点がFX業者選びの際の要チェック項目になってきます。

(1)スプレッド
(2)チャート分析ツールの操作性
(3)リアルタイムな情報提供力

これらを踏まえて考えると、FX課長的にはDMMFXと外為どっとコムがデイトレーダー的にはおすすめだと思っています。
それでは、なぜこの2社がおすすめなのかという点について、それぞれざっと説明していきます。

DMMFX

lab11997-1

DMMFXは初心者でも使いこなしやすい取引ツールで、特に優秀なFX業者です。
中でもチャート分析に特化したプレミアチャートというツールは秀逸で、直感的に操作できるインターフェースで操作性も抜群にいいです。
プレミアチャートを使えば臨機応変な素早い操作ができるので、リアルタイムの相場変動の中でも落ち着いたチャート分析が可能になるでしょう。
さらに、テクニカルも29種類も搭載していて細かい分析までできるので、こだわりのチャート分析をスピード感を持ってやりたいというデイトレーダーにピッタリですね。

また、取引コストの面でも優秀です。
例えば、ドル円はスプレッドが0.3銭ということでもちろん業界最狭水準ですし、スプレッドもあまり広がらず安定しているので、安心して取引をすることができます。
このあたりは、さすがは口座数国内1位(※)のDMM.com証券というところでしょうか。
※2017年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2017年1月口座数調査報告書)

特に取引ツールがいいんですが、デイトレーダーに必要な要素をしっかり満たしてきているDMMFXはおすすめFX業者の1つです!

DMMFXを徹底分析!

外為どっとコム

lab11997-2

外為どっとコムは情報提供力の面で、一歩他者をリードしているFX業者です。
会員が使える「外為情報ナビ」は、リアルタイムなニュースはもちろんのこと、経済指標の結果をスピーディーに教えてくれたり、注文情報についてもチェックすることができます。

FXに関するあらゆる情報をタイムリーに手に入れられる情報サービスなので、情報をしっかりと確認しながらデイトレードを進めることが出います。

デイトレードでは、情報のチェック漏れや情報遅れなんかで、もったいないことになってしまうということもありえるので、それを未然に防いでくれる外為どっとコムの情報提供力は魅力的です!

取引コストの面では、外為どっとコムについてはあまり良くない印象を持っている方もいるかもしれません。
FXの老舗業者ということもあって安定したサービスを持っているのに、ちょっと前まではスプレッドの面が弱点でしたからね。
ですが、2014年に業界最狭水準を取り入れて以降、この弱点は完全に解消しており、取引コストの面でも優秀なFX業者へと変身を遂げています。
情報提供に強くて取引コストが安い外為どっとコムは、今やデイトレーダーにとって盤石のFX業者になっているんです!

外為どっとコムを徹底分析!

DMMFXと外為どっとコム!タイプ別で比べるとおすすめなのは?

ここまで一括りにデイトレーダーと言ってきましたが、その中でもトレードスタイルによって、いくつかのタイプに分かれてくると思います。
それぞれのタイプごとにFX業者に対して求める条件は変わってくるので、当然ながらおすすめしたいFX業者も変わってきます。
そこで、DMMFXと外為どっとコムのどちらのほうがおすすめなのか、それぞれのタイプごとに理由とともに解説していきます!!

細かいチャート分析を重視するなら「DMMFX」!

デイトレーダーの中には、5分足といった短い時間足におけるテクニカル分析を細かくやるというタイプの人も多いと思います。
そういったタイプの人は、チャート分析ツールの操作性は重視しておきたい点になってきますよね。
この点で2社を比較すると、どちらも優秀ではあるんですが、FX課長的にはDMMFXに軍配を上げたいと思います!

DMMFXのプレミアチャートは操作性が良いので、細かくテクニカルやラインを修正していくことができるというのはもちろんなんですが、3パターン用意されている画面分割の機能が優秀なんです。
ワンクリックで切り替えられる3パターンの画面分割の機能を使うことによって、上位足の分析と下位足の分析を、うまく連動して行うことができます。
このあたりを踏まえると、細かいチャート分析の面ではDMMFXが一歩リードと判断しました!

DMMFXのチャートツールの見方・ポイントと評価!

マニアックなテクニカルを使う人も「DMMFX」!

lab11997-3

デイトレーダーはテクニカル分析にこだわりを持っている人が多いので、よりマニアックなテクニカルを使いたいという人も中にはいることでしょう。
これにスポットを当てて、テクニカルの種類の豊富さという点でこの2社を比べてみると、優秀なのはDMMFXですね。

外為どっとコムのチャート分析ツールは、どちらかというとシンプルな使いやすさを重視している印象で、テクニカルの数は17種類とあまり多くありません。

一方でDMMFXのプレミアチャートで使えるテクニカルの数は、29種類と充実しています。

例えば、5回目のデイトレード手法紹介に出ていたテクニカルでいうと、CCIなんかはDMMFXしか出てきませんね。
こういったことを踏まえると、マニアックなテクニカルという面ではDMMFXが文句なしで勝利です!

<デイトレ企画5回目リンク挿入>

市場の雰囲気を重視するなら「外為どっとコム」!

lab11997-4

デイトレーダーの中にも、市場のニュースなどを通じて市場の雰囲気を重視するタイプの人もいると思います。
また、相場では1つのニュースで雰囲気がガラリと変わることもあるので、リアルタイムに情報収集をすることで、そういった流れの変化を敏感にチェックしたいという人もいるでしょう。
このあたりの能力で2社を比べてみると、優秀なのは外為どっとコムのほうですね。

上のほうでも説明していますが、外為どっとコムの「外為情報ナビ」はFXに関する情報提供を総合的に行ってくれる情報サービスで、リアルタイムな情報を入手できるのはもちろん、レポートも充実しているので、市場の雰囲気を専門家の目線から正確に把握することができます。
DMMFXもニュース配信はしているのでリアルタイムな情報収集はできるんですが、どちらが総合的に優秀かというと、これは迷わず外為どっとコムということになりますね!

経済指標で取引する人も「外為どっとコム」!

1日の中で相場が大きく動く要因の1つとして、経済指標が挙げられます。
こういった一時的なボラティリティの高まりを利用して、トレードをしたいというタイプのデイトレーダーの人もいると思います。
そういった場合におすすめしたい業者はどちらになるかというと、外為どっとコムのほうになりますね。

経済指標に関してはいち早く結果を入手して、その結果を自分の中で消化して今後の動きを予測するというステップが必要になります。
外為どっとコムの「外為情報ナビ」にある「経済指標フラッシュ!」というツールを使えば、かなりスピーディーに経済指標の結果を入手することができます。
また、結果を消化するためには、その経済指標が発表されるまでの市場の雰囲気を、正しく理解しておく必要があります。
この面でも情報に強い外為どっとコムは強いですね。

スプレッドの面ではDMMFXも安定しているのでおすすめなんですが、情報面まで考慮するとやはり外為どっとコムに軍配が上がると思います。

FX業者によってデイトレードの成績が変わるかも?!

デイトレードは短いトレードを繰り返し行っていくことになります。
おそらく年間300回ぐらい、多い人なら500回以上取引しているかもしれません。
FX業者が変わっても1つ1つのトレードではそこまで顕著な差はでませんが、取引回数を重ねれば重ねるほど、徐々にその差は広がっていくわけです。

1回あたりの取引コストという意味では、スプレッドがイメージしやすいと思いますが、同じようなことがスプレッド以外の面でも言えるんですよね。

例えば、取引ツールの使い勝手の良さで、エントリーが微妙にズレてしまうことがあります。
また、入手する情報の違いによっては、回避できた損失もあるはずです。

こういったことが積み重なっていくと、年間通して見たときに成績が少なからず変わってしまっていたということは現実的にありえる話なんですよね。
デイトレードをやる場合は、できるだけデイトレードに合ったFX業者を選ぶようにしてくださいね!

DMMFXを徹底分析!
外為どっとコムを徹底分析!

ということで、6回にわたるデイトレード企画はいったんこれで終了となります!
今回の企画を通じて、デイトレードに興味を持ってくれたり、デイトレードについて新しい発見があれば、うれしいなと思います。
ぜひ今回の記事の中からいろいろと吸収して、デイトレードで多くの利益をあげられるようになってくださいね!!

【デイトレード入門】記事一覧

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.