• 米国はこの夏、利上げ濃厚に!
  • 週足チャートを分析!
  • ポンド円もロングが美味しい!?

こんにちは。ひろぴーです。

先日、米国、FRBのイエレン議長が利上げを示唆したスピーチを実施しました。
それにより、ドル円は大きく反応。先月、105円台まで落ち込んだドル円が111円に乗せてきました。

しばし、リスクオン相場で推移しそうです。

ドル円の戻り売りが危険になってまいりました。
現に5月は週足ベース全て陽線で終えそうです。
あれだけ日銀の金融緩和がなく失望売りを誘ったのですが、ほぼ全戻しで現在推移しております。

これはもう、出し尽くしでしょう。
市場のテーマは米国利上げに再移行していきそうです。
よって、また当面、ドル円の押し目買いがワークする相場かと思われます。
まだまだ、国内のアナリストやプロたちもリスクオフ目線継続の声も多いことから、上値の余地が大きいと思われます。

人の損切り蜜の味

個人的には、簡単に113円、114円ぐらいまでは伸びていくのではないかと考えております。
雇用統計も先月悪化傾向にありましたから、今月は良い数字が出るかもしれません。

先月の上方修正分がある可能性のほうが高いと思いますので、もし市場予想に届かなくても、先月の修正分や何かしらポジティブなほうに反応すると思われます。

ドル円は買いでよいと思います。
下記がその週足チャートです。

ドル円週足チャート 分析

lab11893-1

週足のMACDまでもがゴールデンクロスしてきました。
レジスタンスラインは111円に引けますが、すんなり超えてきております。今度はここがサポートラインとなるでしょう。

今週の雇用統計前にここをクリアしておりますと、次に意識されそうなターゲットは115円と116円です。結構距離が遠い位置になります。

ここまで上昇すれば、かなりの不意打ちでしょう。

国内からも選挙に向けて何かしら景気対策のニュースも浮上しやすくなってきます。

おそらくこの地合いですと大した内容でなくても、ヘッドラインニュースに大きく反応します。市場のポジションはまだまだドル円ショートに傾いているからです。

おそらくチャンスでしょう。狙えると思います。

ポンド円も上値の余地が大きい!

さらに、今年ポンド円は大きく売られました。180円台からの下落です。
英国がEUを離脱してしまうかも、という懸念から売られておりましたが、もうそのリスクはかなり少なくなってきました。

ここ最近、徐々に買い戻しが増えてきており、ポンド円はさらに加速しそうな形状になっております。

lab11893-2

こちらがそのチャートですが、逆ヘッド&ショルダーの形状になってきております。
もう間もなく、162円後半を超えてきますと、加速するでしょう。
移動平均線SMAも7,25,50と順序に並んできました。
そしてMACDもプラス圏内に突入です。

おおよそ180円から155円の下落です。半値ぐらいは戻すパワーを秘めているでしょう。
よって、172~174円ぐらいは戻す可能性もあるのではないかと考えております。

日足ベースの反転ですので、数週間トレンドが狙えるはずです。このチャンスも僕はロングしておりますし、170円ぐらいはポジションを引っ張ってみようかと考えております。

FOMCまで右往左往すると思いますが、徐々に上値と下値を切り上げていく相場になるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.