• 搭載されているテクニカルは標準的!?
  • サクサクと使える点は高評価!
  • シンプルなチャートが好きな人におすすめ!

ヒロセ通商は、グルメキャンペーンやトレードバトルなど、ユニークなサービスが特徴のFX業者です。
そんなおもしろいサービスと同様、チャートにもユニークな機能もあって、なかなかおもしろいんです。
今回はヒロセ通商のチャートを紹介していきます。

クオリティの高いチャートが選べるヒロセ通商

ヒロセ通商が推奨しているインストール版の取引ツールからは、以下の3種類のチャートを使うことができます。

・チャート
・LIONチャート
・さきよみLIONチャート

“チャート”(そのままの名前ですが…)は、取引ツールのなかで使える高機能チャートです。
LIONチャートもとてもクオリティの高いチャートツールで、初心者が使いやすい優れたインターフェースを持っています。
さきよみLIONチャートは、簡単なロジックに従って未来予測をしてくれるようなチャートです。

さきよみLIONチャートは目的が少々違うので置いておきますが、”チャート”とLIONチャートはそれぞれ完成度が高いツールなので、どちらを使うか迷っちゃうかもしれませんね。

lab11380-1

今回は、(FX課長の予想ですが)立ち上げやすいので一番使ってる人が多いんじゃないかなと思われる”チャート”を紹介していきます。
ぜひ紹介したいユニークな機能もあって、ヒロセらしい気もしますので。

ツールバーに「チャート」というボタンがありますが、ここをクリックするだけで簡単にチャートが立ち上がります。
立ち上がったチャートウインドウの左上に通貨ペアや時間足などを設定するボタンが、左側にテクニカルや描画ツールなどのボタンがあります。
それと、右上にその他の機能や、デザインを細かく設定するボタンがあります。

ウインドウ整列機能あり!チャートは最大6枚表示可能

lab11380-2

まず気になるのが、チャートをいくつ表示できるかですが、最大で6枚まで追加することができるようになっています。
上では最大6枚立ち上げて、ウインドウ整列させてみました。

ちょっと分かりにくいですが、取引ツールの上にあるメニューの「表示>ウインドウ整列」と選ぶことで、ウインドウをきれいに整列させることができます。
これを知らないとけっこうめんどくさいので、覚えておきましょうね。
分かりにくいところにあるのは、ちょっとだけマイナス評価です。

ちなみに、下の方にはタブがいくつかありますよね。
このタブは最大で8つまで追加できるんですが、それぞれに好きなチャートレイアウトを作っておくと便利に使えると思います。

使い方は人それぞれだと思いますが、例えば、いろんな通貨ペアをチェックするタブ、1つの通貨ペアをいろんな時間足で分析するタブなんかを作っておくといいと思います。
用途に応じてタブを作っておくと、分析が効率的になると思いますよ。

ちなみに、このチャート自体をポップアップにして取引ツールの外に出しちゃうこともできます。
チャートをでっかく表示したいっていう人や、マルチディスプレイの人には便利な機能だと思います。
ただ、そうするとウインドウ整列が面倒なんですけどね。

テクニカルは22種類、描画ツールは標準的な5種類のみ

lab11380-3

このチャートですが、テクニカルは以下の22種類、描画ツールは以下の5種類と数はそれほど多くありませんが、基本的なところをしっかり押さえたかんじです。

トレンド系テクニカル(10種類)

単純移動平均線、指数平滑移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、GMMA、スパンモデル、スーパーボリンジャー、HLバンド

オシレーター系テクニカル(12種類)

ストキャスティクス、RSI、乖離率、サイコロジカルライン、DMI、RCI、ROC、MACD、ウィリアムズ%R、アルティメットオシレーター、RVI、平均足

描画ツール(5種類)

直線、水平線、垂直線、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチファン

どちらかというと、種類の豊富さよりも、サクサクと触れる操作性を重視しているような気がします。
ちなみに、LIONチャートだとテクニカルは29種類、描画ツールは8種類も使えるので、この点にこだわる人はLIONチャートを利用した方がいいかもしれませんね。

lab11380-4

描画ツールについて、少しだけ補足しておきます。
1つの通貨ペアを複数のチャートで開いた場合、描画ツールで描き込んだオブジェクトは、それぞれのチャートに同期される仕様になっています。

基本的に上位足で描くものの方が重要性が高くなりますが、上位足で描き込んだ重要なものを下位足でチェックするということがやりやすいですね。
一方で、下位足で細かく書いたものが、上位足で全部表示されてしまうというところもあるので、このあたりは一長一短かもしれません。

ユニークなクロスライン同期モード!

このチャートはめちゃくちゃ高機能というよりは、シンプルな機能を使い勝手良く提供しているタイプだと言えますね。
この使い勝手は、使いはじめるとけっこうハマってしまう可能性があるような気がしちゃいます。

その使い勝手の良さを支えている、1つのおもしろい機能を最後に紹介しておきますね。
特に、1つの通貨ペアを複数の時間足を表示して分析するという人におすすめの機能なんですが、クロスライン同期モードというやつです。

lab11380-5

例えば、1時間足を触っていて、「このラインって他の時間足ではどのあたりなんだろう」とか思ったことはありませんか?
1つの時間足に集中していると、全体の位置感覚がよく分からなくなるのってけっこうありがちなことだと思います。

クロスライン同期モードを使えば、クロスラインが各時間足のチャート上にリアルタイムで同時に表示されるので、かなりチャートが見やすくなるんです。
その時間足上でクロスラインを動かすと、別の時間足でも動いてくれるので、ちょっとおもしろいですよ。

こういった機能をつけてるところが、ヒロセらしいところだなあと思っています。
LIONチャートじゃなくて、あえてこちらを紹介した理由の1つがこんなところにもあったりします。(笑)

サクサクと分析を進めたい人におすすめできるチャート

ヒロセ通商のチャートはめちゃくちゃ高機能というわけではありませんが、シンプルに機能がまとまっていて、サクサクと分析を進めやすいチャートです。
特にクロスライン同期モードを使いながら、複数時間足をチェックしたいっていう人は一度触ってみてほしいと思います。

ちょっとピンポイントすぎるかもしれませんが。(笑)
そんなかんじでユニークな機能をつけてるところがいいんですけどね。

テクニカルや描画ツールの数は多いほうがいいという人には、向いてない面もあります。
ただ、その分だけシンプルに使いやすいというところもあります。
このあたりを天秤にかけつつ選んでみてくださいね!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.