• 外為どっとコムのチャートは何が良いの!?
  • 必要な機能があればそれで十分!って方におすすめ!
  • チャートにコメントが挿入出来る機能は是非お試しを!

外為どっとコムはFX業界のなかで歴史の長い、老舗とも言っていい業者です。
特に情報提供力に長けているんですが、取引ツールも使い勝手が良く、チャートもシンプルながら過不足のない機能が備わっています。
今回は、外為どっとコムのチャートについて細かく見ていきます。

外為どっとコムのチャートはシンプルイズベスト!

外為どっとコムの取引ツールは、パソコンにインストールして使用するリッチアプリ版と、インストール不要でWebブラウザから使用するWebブラウザ版があります。
このそれぞれにチャートがありますが、機能には違いがないので好きなほうを使って問題ないです。

ちなみに、ChromeとEdgeだとWebブラウザ版のチャートが使えないので注意しましょう。
この記事ではリッチアプリ版を使っていきますね。

lab11326-1

外為どっとコムのチャートはこんな感じです。
とってもシンプルでスッキリしたデザインですよね。

チャートを操作するボタンは、左上と左側にまとまっています。
左上にあるのが、時間足や通貨ペア、チャートの形状などを設定するボタンです。
左側にあるのが、テクニカルや描画ツール、コメント挿入などのボタンです。

基本的には機能はこんなところなので、本当にあっさりしたものです。
とはいえ、使ってみて機能的に不足するという印象はありません。
むしろ無駄な機能が削られているので、シンプルで使い勝手がいい、という印象のほうが強い感じ。

このバランス感は、「さすが老舗!」といったところですね。

チャートは6枚表示まで対応!タブ機能も使えば快適環境のできあがり

ツールの上方にある「チャート」というボタンをクリックすると、最大で6枚までチャートを追加することができます。
でも、パソコンの解像度によっては6枚表示だと、チャートの表示領域が狭くなりすぎるかもしれません。
特にノートPCでは4枚表示ぐらいがちょうどいい気がします。

複数のチャートを追加したら、自動整列させることができます。
手動で整列させるのって地味に大変なので、この機能って意外と大事です。
ちなみに、この機能は上のメニューの「表示>自動整列」と操作して使うことができます。
場所が少々分かりにくいので、覚えておいてくださいね。

lab11326-2

これだけでもいいんですが、知っておくと便利なタブ機能というのがあります。
下の方にタブがあるんですが、ここを右クリックするとタブを追加することができるんです。
タブを追加して、通貨ごとや目的ごとにチャートをセットしておくと便利です。
毎回毎回、通貨ペアや時間足を設定し直す手間が省けますからね!

ちなみに、FX課長は上の画像みたいな感じでタブを作っています。
トレード用タブ、照会用タブ、通貨ごとの複数時間足タブ、複数通貨をチェックするタブですね。
こんな感じでタブを作っておけば、ワンクリックでサクサク切り替えられるので、チャート分析を快適できるようになると思いますよ。
ちょっと個人的な趣味の部分もありますが、参考にしてみてください!

主要どころをしっかり押さえたテクニカルと描画ツール

lab11326-3

外為どっとコムのチャートのテクニカルの数は以下の合計17種類です。
少なくはありませんが、決して豊富という数ではありませんね。
ですが、主要どころはしっかり押さえられているので、不足感は感じないと思います。
また、それぞれのテクニカルのパラメータや色合いも、設定方法が分かりやすくてなかなかいいですよ。

トレンド系テクニカル(7種類)

単純移動平均線、指数平滑移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド、パラボリック、エンベロープ、平均足

オシレーター系テクニカル(10種類)

ストキャスティクス、RSI、乖離率、サイコロジカルライン、DMI、RCI、ROC、MACD、ウィリアムズ%R、アルティメット オシレーター

lab11326-4

また、描画ツールは以下の4種類です。
こちらもあまり豊富とはいえませんが、ラインとフィボナッチが引ければ、ひとまずは困らないと思います。

描画ツール(4種類)

直線、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチファン、コメント挿入

複数のチャートを開いていても、描画ツールで描いたものは、それぞれに同期されます。
例えば、日足で大事なラインを引くと、別で開いている1時間足上にも表示されるということです。
いちいち両方に引く必要が無いので、こういったところは使い勝手がいいですね。

ただ、水平線を描く機能がないのがちょっぴり痛いかもしれません。
水平線を書きたいときは、チャート上のマトリックス状に広がっているグリッドを見ながら直線を手動で水平に描く形になります。

lab11326-5

意外と便利なのが、コメント機能です。
FXをやっていくうえで大事なのは、間違いなく復習です。
ですが、この復習って意外とやりにくいものなんですよね。

先週の復習をしようと思っても、このときどういう予想をしたか、意外と覚えてないものなんです。
そんなときに、このコメント機能をうまく使えば、このときどういう目線をしてその結果どうなったか、これをチャート上に簡単に残せるんです。

外為どっとコムのコメント挿入機能は吹き出しがチャート上に残る形なので、けっこう使いやすいと思います。
また、テキストだけではなくて、アイコンで視覚的に記録を残すことも可能。
FX課長は何気にこの機能、気に入っちゃってます。
たかがコメント挿入なんですが、この機能はぜひ使うことをおすすめしますよ。

総合評価はGood!シンプルが好きな人におすすめしたい

そこまで高機能ではない外為どっとコムのチャートですが、総合評価は高いです。
その理由は、スッキリとまとまっていて、必要な機能が網羅されているから。

「無駄に使わない機能があるぐらいなら、シンプルで分かりやすいほうがいい!」っていう人にピッタリでしょう。
タブ機能やラインの同期機能など、このあたりの使い勝手の良さに慣れてしまうと、なかなか他に移れなくなっちゃうという弊害もあるかもしれませんね。(笑)

FX課長のイチオシは、プチ機能的についているコメント挿入です。
ちょっとした機能なんですが、本当に復習には役立ちますので。
騙されたと思って、コメントを入れてぜひチャートの復習をしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。
最新記事 by FX課長 (全て見る)

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.