• GMOクリック証券のチャートソフトのポイントは?
  • テクニカル指標はなんと38種類もある!!
  • 比較チャートで相関性、強弱をチェックしてみよう!

GMOクリック証券は年間取引高世界一(2012年~2015年)という、日本最大級のFX業者です。
その人気の秘密は充実した取引ツールにあって、もちろんチャートも使いやすくて高機能。
今回は、GMOクリック証券のチャートについて詳しく見ていきます!

GMOクリック証券自慢の高機能ツール!プラチナチャートプラス

GMOクリック証券では、高機能な最新鋭ツールのプラチナチャートプラスを使ってチャート分析を行っていきます。
プラチナチャートプラスは、これだけで経済指標のチェックから最新のニュースチェックまで、なんでもできちゃうFXベテランも大満足のツールです。

lab11302-1

プラチナチャートプラスのデフォルトの画面はこんな感じ。
4つのウインドウで構成されて、スッキリまとまって見やすいですね。
後でも解説しますが、このウインドウのレイアウトは自由自在に動かすことができます。
チャート分析をするときは、チャートだけに集中したほうがいいので、チャートを複数起動して使う形になると思います。

チャートの操作をするためのボタンは、プレミアチャートプラスの上方とチャートウインドウの上部にあります。
プレミアチャートプラスの上方には、テクニカルを入れたり、チャート上に描画をしたりといったボタンがあります。
チャートウインドウ上部のボタンは、通貨ペアや時間足などを設定するためのものですね。

ざっくりとした構成はこんな感じです。
けっこうシンプルそうに見えるんですが、実はこのチャートがかなりの高機能。
それでは、何が高機能なのか、具体的に説明していきますね!

これはすごい!38種類のテクニカルに、25種類の描画オブジェクト!

lab11302-2

プラチナチャートプラスの売りの1つが、豊富なテクニカルと描画オブジェクトです。
まずテクニカルは以下の合計38種類が使えます。
かなりマニアックなものあるので、「こだわりのテクニカル分析をしたい!」っていう人の期待にも、十分に応えられることでしょう。

トレンド系テクニカル20種類

単純移動平均線、指数平滑移動平均線、エンベロープ、ボリンジャーバンド、HLバンド、移動平均線/実線乖離率、ケルトナーチャネル、カオス アリゲーター、平均足、新値足、カギ足、陰陽足、ポイント&フィギュア、パラボリック、CCI、ジグザグチャート、線形回帰トレンド、アルーン、バランスオブパワー、一目均衡表

オシレーター系テクニカル18種類

MACD、モメンタム、A/Dライン、ACオシレーター、オーサムオシレーター、ブルパワー、ベアパワー、デマーカー、RVI、RSI、ストキャスティクス、ウィリアムズ%R、サイコロジカルライン、DMI、ADX、ADXR、RCI、ROC

lab11302-3

そして、もっとすごいのが描画オブジェクトの数です。
だいたいどのFX業者でもトレンドラインや水平ライン、フィボナッチあたりが用意されているぐらいなんですが、プラチナチャートプラスには、なんと以下の25種類も描画オブジェクトが用意されています。

描画オブジェクト25種類

ホリゾンタルライン、バーティカルライン、トレンドライン、チャネルライン、アングル、レクタングル、トライアングル、サークル、エリプス、五角形チャート、線形回帰チャネル、等距離幅チャネル、標準偏差チャネル、フィボナッチリトレースメント、フィボナッチチャネル、フィボナッチエクスパンション、フィボナッチタイムゾーン、フィボナッチアーク、フィボナッチファン、ギャンライン、ギャンファン、ギャングリッド、コメント挿入、方矢印

ペンタゴンチャートって何!?

ちなみに、先ほどのチャートに描き込んでいるのは、五角形チャート(ペンタゴンチャート)です。
めずらしい描画ツールなので、「なんだこりゃ?」と思う人もいるかもしれませんね。

簡単に解説をしておくと、五角形というのは辺や対角線などがすべて黄金比(1:1.618・・・)でできている、とても神秘的な形です。
黄金比と言えばフィボナッチが思い浮かぶと思いますが、それと同様で、五角形もチャート上で不思議と機能するん形なんです。

これをチャート上に描くいていくことで、例えば、抵抗ライン、支持ラインとして機能するライン候補なんかを見つけやすくなったりします。
そういったラインがあらかじめ見えていれば、値動きの予測も進めやすくなりますよね!

こういった専門的な分析ができる描画ツールをはじめ、他にもたくさんの種類の描画オブジェクトが用意されているのがプラチナチャートプラスのすごいところなんです!

描けないものはないというくらいなので、チャートにいろいろ描き込みたいっていう人は大満足でしょう。

ちょっと残念なポイントは?

ただ、ちょっとだけもったいないところも。
自由自在に描けるんですが、線の色の設定や太さの設定ができないんです。
基本的に細い黒い線のみ。
見にくいことはないんですが、色や太さで描いた線の区別をしたい人はちょっと困っちゃうかもしれませんね。

もう1つだけ、注意点。
描いた線などはレイアウトの上書き保存をしておかないと、閉じてしまったら消えてしまいます。
熱い分析をしたあとは、絶対に上書き保存を忘れなようにしましょうね!

こだわりのレイアウトも思い通り!自由度満点の画面分割機能

チャート分析に集中したいときは、余計な情報は消しちゃって、チャートだけを複数表示したりしたいですよね。
実はプラチナチャートプラスはレイアウトを自由自在に変えられるので、チャート分析用にレイアウトを作ることができるんです。
しかも、画面分割パターンが9種類も用意されているので、簡単に好きなレイアウトを実現できます。

lab11302-4

FX課長的には4分割が好みですが、最大でなんと16分割チャートにすることだってできちゃうんです。
そこまでの分割に需要があるのかどうか分かりませんが(笑)、とにかく十分な機能、これ以上を求める人は誰もいないでしょう。

自分好みに設定したチャートは、お気に入りのレイアウトとして保存しておきましょう。
お気に入りのレイアウトは10個まで保存できるので、目的別にレイアウトをあらかじめ用意しておくと便利ですよ。

lab11302-5

ちなみに、プラチナチャートプラスは複数起動することもできるので、目的別レイアウトを複数立ち上げておくこともできます。
これはマルチディスプレイの人にはうれしい機能ですね!

比較チャートはなかなか使える!

プラチナチャートプラスは、複数通貨ペアを同一チャート上で比較する、比較チャート機能もついています。
4つ同時に比較することができて、けっこう見やすくてFX課長はお気に入り。
ちなみに、通貨ペア同士であれば、1分足からの表示が可能なので細かい動きがチェックすることも可能。
スキャルピング用途でも、けっこう使える良機能です。

lab11302-6

FX課長の場合は、こんな感じで右下に表示して使うのが好きですね。
通常の通貨ペアと並べて表示して、比較チャートで連動性をチェックする感じです。

ちなみに、比較チャートには日経平均や原油、金、国債といった指標を比較対象にすることもできます。
ですが残念なことに、これらの指標を使うと日足以上の時間足しか使うことができません。
細かい連動性をチェックするのは、これだとちょっと難しいかんじですね。
こういった指標も普通にチャート表示できる用になると、さらにポイントアップなんですけどね。

総合評価!機能にこだわるならイチオシのチャート!

プラチナチャートプラスをざっと見てきましたが、かなり優秀なチャートと言っていいでしょう。
機能的に不満だという人はいないんじゃないでしょうか。

ただ、ツールを使うのが苦手という人だと、もしかすると戸惑う部分が出てくるかもしれません。
上で説明したレイアウト保存だけは、がんばって理解してください。
これで使い勝手がだいぶ変わります。

使い勝手の目では改善してほしい点がところどころにあるかんじはありますが、機能面では文句なしのプラチナチャートプラス。
高機能チャートを使いこなして、チャート分析にガンガン集中してみてはいかがでしょうか??

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.