• またまた世界的な金融危機到来!?
  • 固かった116円を割れた!
  • 今後の米ドル円のトレード戦略は!?

2月8日の月曜日は、まさかの欧州から金融危機の可能性を思わせる出来事が発生しました。

ドイツ銀行のCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)が急上昇しております。
なんでも、ドイツ銀行のデリバティブ残高が54兆ユーロっという、桁はずれの金額になっている模様です。
こちらはグロスベースの金額であり、ネットベースでの金額はもっともっと低いはずなのですが、どんぶり勘定らしく、表には詳しく資料が見つからない状況です。

そして、この記事を書いている前日の晩に浮上したトピックスのため、もう少し情報を探りたいと思います。

いずれにしても、リーマンブラザーズよりも規模の大きいものになっておりますので、世界が警戒をしたのでしょう。
欧州株も暴落し、2月は欧州株までも乱高下しそうです。

先日、FRBがマイナス金利になった場合のストレステストを実施してみたり、日銀の秋のレポートで、日銀内部が円高105円前後の可能性についてと情報が洩れました。
もしかしたら、世界はそのリスクについて、あらかじめ試算していたのでしょうか?

チャイナリスク、石油リスク、そしてドイツ銀リスクと新たなリスクが出てきてしまいました。
米国も利上げどころではないかと思われます。

またこちらのコラムでも情報取得次第、更新を行っていきたいと思います。

日銀はなす術なしか!?

ドル円が下落続きです。週足チャートをアップします。

lab11021-1

ついに116.00円をブレイクしてきました。

長らく止められていたラインです。
関門の115.00円も抜ければ、一気に110円が見えてくるでしょう。

次のレジスタンスはそこまで何もありません。
日銀のマイナス金利はわずか4日間しか、円安をキープできませんでしたし、世界はリスクだらけです。
頼みの米国の政策金利引き上げも頓挫濃厚になってきました。

でもこれは日銀が悪いわけではございません。世界のマネーの流れが大き過ぎます。
致し方なく、素直にリスクオフポジションを今後も取り続けることをおすすめします。

株式は買ってはいけません。
買うなら債券とゴールドです。短期的にリスクオンになることも多々あると思いますが、上がったところは売られてしまうでしょう。

通貨もやはり、円しか買えない状況です。
ただ、逆の意味を言えば、リスクオフ相場でまだ日本の「円」が買われるのは大変良いことです。

本来なら売られてしまい、悪いインフレ方向に一直線ならば、より人々の生活も経済も厳しい状況に置かれるでしょう。

今後のドル円戦略

話がだいぶ逸れてしまいました。

ドル円戦略です。
素直に、116円手前ではショートで良いでしょう。

ここのレジスタンスラインは長らく有効かと思われます。
少し抜けたぐらいでも損切りは必要ないかもしれません。117円か118円ぐらいにストップを置いて、どっしり構えるぐらいで良いと思います。

欧州リスクは始まったばかりです。情報が錯綜すると思いますが、低レバレッジを心がけて、持っているだけ、のほうが結果的に良い収益が得られる相場になると思っております。

僕は当面、円買いしか考えておりませんし、債券やゴールドもたくさん買ってます。
株式は空売りで対応中。全てリスクオフポジションで2月も過ごす予定です。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.