• 政策金利の変化による過去のドル円チャート検証!
  • アメリカが利上げした時にドル円は上がった!?
  • 過去3回分のチャート画像を照らし合わせてみた!

2015年最後のFOMCで、アメリカの政策金利を上げることが決定されました。
アメリカで政策金利が上げられるのは、2006年6月以来、実に9年半ぶりのことです。
これによってドル円がどう動いていくのか、気になりますよね。
今後の動きを予想する上で、過去のアメリカ利上げ時のドル円の動きは参考になるはずです。
今回はアメリカの利上げとドル円の関係について見ていきましょう!

政策金利が変わるとドル円は理論上どう動く?

チャートを見て行く前に、まずは政策金利が変わったら為替にどんな影響があるのか、理論的なところを押さえておきましょう。
アメリカと日本の金利の差がない状況から、アメリカが政策金利を上げてアメリカの金利のほうが高くなったとします。
もし、お金を運用をして利益を上げたいとすると、誰でも金利が高い国でお金を運用しですよね。

金利を上げると多くの人がその国の通貨でお金を運用しようとして、その国の通貨がたくさん買われるようになるんです。
アメリカが金利を上げれば、金利の低い円を売ってドルを買う人が増えてきます。
ドルはたくさん買われるので高くなり円はたくさん売られるので安くなっていき、その結果、ドル円は円安になるはずです。

もちろん為替はいろんな要因で動くので、現実的には金利だけを考えていればいいというものではありません。
ただ、他の要素に変化がない場合、金利が変われば為替に対してどういう変動圧力が加わるのかということは、覚えておいてください。
これをふまえて、過去のアメリカの利上げについて見ていきましょう。

過去のアメリカの利上げ時にドル円は上がったのか?

1990年以降のアメリカの利上げについて

実は、1990年以降だけでもアメリカは3回、利上げの局面を迎えたことがあります。
この3回の利上げですが、どれだけ金利をいつからいつまでの期間にわたって上げたのか以下にまとめてみます。

(1)3.00%→6.00%/1994年2月~1995年2月
(2)4.75%→6.50%/1999年6月~2000年5月
(3)1.00%→5.25%/2004年6月~2006年6月

細かな状況の違いはありますが、いずれも景気対策のために利下げを行ったあとの利上げです。
そういう意味では、状況的には今回の利上げと同じと考えていいでしょう。

ちなみに、ドル円を考えるうえでは、アメリカだけでなく日本の金利についても考慮しておく必要があります。
しかし、日本はバブル崩壊以降、長らく低金利になっており、特に上記の期間についてはアメリカの利上げと日米間の金利差の推移がほとんどイコールです。
そのため、アメリカの利上げを中心に考えてもあまり影響はありません。

ということで、実際にこれらの期間にドル円がどう動いたのか、チャートを使って見ていきましょう!

アメリカ利上げ時のドル円の推移

lab10920-1

上のチャートは1992年~2013年のドル円の月足です。
アメリカが利上げを行った期間をピンクの四角で囲ってあります。
特に重要なのが利上げをスタートしたタイミング、四角の左辺に注目しながら見ていきましょう。

(1)1994年2月スタートの利上げ時

1994年2月に108円前後であったドル円は利上げ後に上昇するどころか逆に下落しています。
節目の100円も割り込んでしまい、10月には96円後半になってしまっています。
そのまま下落の流れは止まらず、1995年4月には80円も割り込んでしまい、当時の市場最安値をつけることとなっています。
パニック的な動きもありましたが、ここが大底となってその後はドル円は上昇トレンドへと転換していっています。

(2)1999年6月スタートの利上げ時

1999年6月にはドル円は112円台でしたが、このときも上昇はしませんでした。
逆に大きく下落して、利上げの5ヶ月後には101円台にまで達しています。
ここがいったんの底となって、その後は再び上昇トレンドへと転換していきます。

(3)2004年6月スタートの利上げ時

2004年6月には109円台だったドル円は、利上げ後にいったん上昇する動きも見せますが長続きしません。
結局、年末には101円台にまで下落してしまいます。
この年末がいったんの底となって、その後は上昇トレンドへと転換していく流れとなります。

アメリカ利上げでもドル円は下落しているのはなぜ?

過去3回のアメリカ利上げ時のドル円の動きを見てみると、上昇するどころが下落する流れのほうが強いように見えますね。
理論的に考えると上昇するはずなのに、実際にはいったんは下落してしまっているというのが現実なんです。
これはいったいどうしてなんでしょうか?

1つ考えられるのが、市場が利上げをあらかじめ織り込んでしまっているということです。
利上げというのは突然行われるのではなく、「そろそろ利上げしてくるんじゃないか」は市場から予想されるものです。
今回の利上げのときもずいぶん長い間、利上げ観測がされてましたよね。

トレーダーの気持ちになって考えてみて欲しいんですが、「将来、アメリカ利上げが行われてドル円が上がるはず」ということが分かっていたら、どういう投資行動を行いますか?
利上げされる前にドル円でロングでエントリーをして、利上げが行われてドル円が上がってから利益を確定させるべくイグジットしたいですよね。

多くのトレーダーがこれと同じ考え方で行動するんです。
ということは、利上げ前にドル円を買って、実際に利上げが行われたらドル円を売るという動きが起こりそうですよね。
いわゆる材料出つくしという動きになるということです。
これを意識して、もう1度チャートを見てみましょう。

lab10920-2

過去3回のアメリカ利上げ時のドル円は、大きな流れでは下げトレンドが起こっている状況にありました。
この下げトレンドのなか、いずれの場合も利上げスタートの前には上昇の局面が起こっていることがわかります。
つまり、利上げを予想したトレーダーたちがドル円を買っていっていると推測することもできるわけです。

そして、いざ利上げ実施となったあとは下落していっています。
ドル円の買っていたトレーダーたちが利益確定をすすめていっていることが推測できますね。
そして、その下げの流れが一段落したあとは、金利差によるドル円の買い圧力によってドル円が上昇へと転じていっているとも見えます。

まとめると、あらかじめ予想されているような利上げの場合は、利上げ前にあらかじめその通貨が買われて、実際に利上げが行われると買われた通貨が売られやすいということです。
さらに、その後は金利差による為替の変動圧力がジワジワと加わっていくというイメージですね!

ただし、注意してほしいんですが、あくまで利上げというのは為替変動の1つの要因でしかありません。
これだけを盲信するのではなく、相場分析の1要素として見るようにしましょう。

今回の利上げでドル円はどう動く?

今回紹介した過去3回のアメリカ利上げと、今回のアメリカ利上げでは大きく違う点があります。
それは、今までののアメリカ利上げ時は下降トレンドの中にいたのに対して、今回はアベノミクスによる非常に強い上昇トレンド中に利上げが行われたということです。

アベノミクスもスタートしてから丸3年がたちました。
その間、強い上昇が続いてきたわけです。
その局面での材料出つくしなので、少々押しが長引いてしまう可能性には留意しておきたいところです。

今後はアメリカの利上げのペースが注目されていくことになります。
大きな流れは変わらないと思いますが、市場の予想ペースよりも早い利上げになれば、一時的にドル円に大きな動きが起こる可能性もあります。
こういった短期的な動きを判断するためには、市場が利上げに対してどういうスタンスを持っているか(どういうペースで利上げが行われると予想しているか)について、ニュースなどを通じて情報収集をしておくといいでしょう。

ぜひアメリカ利上げについてのニュースを意識して、トレードの参考にしてみてくださいね!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.