FX初心者が勝つための10カ条⑤ロング?ショート?迷ったときには

ロングで入る? それともショートで入る?

取引する前にハッキリさせておくのは
買から入るのか、売りから入るのかというコト。
つまりロングかショートか。どっちのポジションを持つかというコトですね。


スキャル、デイトレ、スイングにしろ先ずはそこから考える。
利益が出た場合、損失が出た場合のシナリオを決めていくんです。


そのためには自分なりの相場分析が欠かせません!

経済情報をチェック!

相場の分析が初めての人や苦手な人は経済情報から目を通すとイイですよ。


FX会社のサイトを見れば、大抵、今日またはその週の
各国の経済指標発表の時間や内容などが書かれてます。


多くの指標発表があるように見えるけど、市場への影響が大きいものと
そうでもないものがあり、そういった意味での重要度や注目度も書いてある。


主要通貨に含まれる国の指標は、やはり影響力が大きい。
そのような指標がある場合、その時間帯はポジションを持たない投資家が多いもの。
レートが乱高下してスプレッドも広がってしまい、方向性が分からなくなるから。


発表が終わり、市場が落ち着いてから参加する人、市場の混乱を逆に利用してしまう人、
色々いるけど、最初は指標発表前後のチャートの動きを見ることからスタート!


詳しい情報や経済アナリストの意見なども見てみたい時は、
FX会社に口座開設をすれば専用サイトで大抵見られるようになりますよ。


専門家の意見は、初心者の人にとって大変勉強になりますからね。
メルマガなどを読んでみるのもいいと思います!


ただ、そういった意見をあまりにも参考にしすぎるために頭の中が混乱して、
逆に相場を素直に見られなくなるということも。あくまでも参考程度に。


具体的な予想をしている専門家もいるけど鵜呑みにしすぎるのはNG!


それらを参考にした上で、自分で予想をしてみるという方向でやってみるべき。
とりあえずトレード前にチェックすることは、この直後に指標発表などはないか、ということ。
それから、それ以前の指標の影響で相場が上昇基調にあるのか下落基調にあるのかを見ましょう!

テクニカル指標を利用する

最初のうちは難しいけどテクニカル指標を利用して予想する方法も。
チャートを表示させると1分足、5分足~4時間足、日足・・・という感じで
短い時間足から長い時間足まで見ることができますよ。


テクニカルについては画像とともに各種紹介してるのでチェックしてみてください!


この長い時間足でテクニカルを表示させると現在の相場の大きな流れを見ることが可能。
スキャル派はあまり長い時間足まで参考にしていると、トレードチャンスが少なくなるかも。

かと言って1分足のみチェック、というのも危険。
長くて1時間足、短くても5分足までのチェックは必要でしょう。


デイトレードの人は4時間~8時間足ぐらいまで。
スイングの人は週足~月足までチェックしてます。


自分のトレードスタイルに合わせ、流れをチェックして、
その流れに従って方向性を決めるようにしてください!

FX初心者が勝つための10カ条記事一覧

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2016 GV inc. All Rights Reserved.