• 今回はカナダに注目!
  • カナダの経済指標が悪い!ショートのチャンス!?
  • エントリータイミングを探ってみよう!

こんにちは。
先日のECB金融政策決定会合は皆さま、如何でしたでしょうか?

僕は非常に注意して臨みました。でも結果、大失敗でした(笑) 
ユーロドルをうまく戻り売りで入ろうと思っていたのですが、レバレッジコントロールが敗因でして、含み益を大きく減らして1か月以上持っていたポジションたちに別れを告げました。

手じまいって本当に難しいですね。まだまだ未熟だと感じました。でもこれも経験。損失をしたわけではなく、ある程度利益は残りましたので気を取り直していこうと思います。

トレードはポジティブが一番ですからね(笑)

カナダの景況感が悪め?

先日は米国雇用統計でした。
雇用者数はやや良好、その他の指標は予想通り。(失業率、労働参加率、賃金上昇率など。)
よって、ダウは反発しまして、高値引けとなっております。ちょっと過剰反応かな?っと思ったぐらいでした。

毎度、米国雇用統計と一緒に発表されている、カナダの雇用統計を皆さんご存知でしょうか?
大体、米国と同じ日であることが多く、どさくさに紛れて、カナダドルも結構な動きを演じます。

今回はカナダ指標に注目してみました。

【労働参加率】:予想:65.9%:結果:65.8%
【失業率】:予想:7.0%:結果:7.1%
【雇用者数】:予想:-1万人:結果:-3.57万人
【国際商品貿易】:予想:-17.0億CAD:結果:-27.6億CAD
※12月4日金曜22時30分発表

カナダの経済指標が非常に今悪い!

いかがでしょうか?
軒並み、予想を下回る悪い結果です。
正直ひどすぎです。
原因は原油安が最も影響を与えているでしょう。 

カナダの原油価格の経済への影響というものは、それほど高いというほどでもないのですが、為替はそれ以上に反応する傾向があります。
ですので、指標の悪化が著しいのであれば、為替はそれ以上に反応しやすいです。
もしかしたら、来年のドルカナダは1.40ドルを大きく超えてくる可能性があります。

今年のカナダは利下げをサプライズで1度行っております。
それが来年、もう一段利下げの可能性、として憶測が浮上してこれば、一段と下落する可能性が高いです。ここは注意してみておくと、グッドチャンスが巡ってくるかもしれません。

カナダ円を週足分析

lab10677-1

カナダ円の週足です。
8月以降、93円を上回ることなく、上値が重そうな形状になっております。

MACDは10月18日の週から反転しているのですが、価格帯は同じレンジで推移しております。
オシレーターが上昇方向を示唆しても価格が上昇しない場合は、大体そのプライスを超えることなく、垂れていくことが多いです。
今回もその類ではないかと思われます。このキャプチャは約92円で推移しております。
戻りの高値は93.30前後です。ここより上にストップを置く想定で、この通貨ペアがトレードできるかを考えていこうと思います。

では日足に落として詳細詰めてみましょう。

日足でエントリータイミングを模索する。

lab10677-2

さて、日足でショートするならどこか?一緒に探してみましょう。
僕はポイントとしているのは、リスクリワードの良し悪しです。
リスク1に対して、リワード2狙いにいくのが基本にしております。

トレンドを引いてみました。3点止めになっており、その後、真横に横横動きで、抜けてきております。
価格的には91.80~92.80ぐらいの100pipsの狭いレンジで推移しております。

ショートするタイミングを図る

移動平均線も3本とも束になってきておりますので、トレンド発生前の兆候です。上か、下かを当たれば、大きく利益を獲得するチャンスとなります。
ですので、現在の経済指標を考えて、売りで入る前提でタイミングを図ろうと思います。
ストップは高値の93.30以上で93.40や93.50ぐらいに置いておくのがよさそうです。
もし、成行で入るとしたら、損切はMAX150pipsとることになります。よって、リターンを300pips以上、得なければいけません。

もちろん、入ってもよいのですが、89円まではちょっと距離がありすぎです。心理的な節目である、90円ぐらいをターゲットに置きたいところです。

出来るだけ我慢してエントリー

ですので、もう少しだけひきつけてみましょう。
30~35pipsだけひきつけてみたらどうでしょうか?
92.35でショートエントリーするとします。
これならば、ストップ-115p(93.50)  リミット+230p(90.05)です。
わずか数十pipsひきつけるだけでこんなにも勝負が有利になります。

今日の紹介は、経済状況を模索(ファンダメンタル分析)し、それを考慮した上でテクニカル分析にて、エントリーポイントとリスクリワードに対する考え方を披露してみました。

このトレードでしたら、レバレッジ1倍でもある程度、資産を上下させてくれますし、トレード中もどっしり構えられると思います。
ぜひ参考にしてみてください。
以上、今回はカナダ円を用いて僕の日足スイングトレードを紹介させて頂きました。

The following two tabs change content below.
ひろぴー
昼間はサラリーマンの兼業FXトレーダー。 主にロングデイトレ~スイングトレード。 ZAIFX!など多数の雑誌に起稿経験あり。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.