• ダウ理論の6つの法則とは?
  • ダウ理論はトレンドフォローが基本!?
  • 他のテクニカル指標と一緒に使ってみよう!

ダウ理論は、19世紀後半の金融ジャーナリスト、チャールズ・ダウによるチャート分析に関する理論です。
かなり古いチャート分析手法ですが、今でも問題なく通用する理論です。
チャート分析をするうえでの基本となる理論なので、FXトレードをやるうえで欠かせない知識といえるでしょう。

ダウ理論とは?

6つの基本法則

ダウ理論は、以下の6つの法則によって構成されています。

1.平均はすべての事象を織り込む
2.トレンドには3種類ある
3.主要トレンドは3段階からなる
4.平均は相互に確認される必要がある
5.トレンドは出来高でも確認されなければならない
6.トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

この6つの法則は、ダウ理論を語るときに必ず出てくる文言なので、「あー、あのわかりにくいアレね…」って思った人もいるかもしれません。
「何言ってんのかわかんないよ!」ってかんじの文言ですからね。(笑)

ちなみに、この中の5番目の法則については、FXにおいては正確な出来高を確認するのが難しいので、ここでは省略しておきます。
残りの5つについて、ザッと説明していくのでついて来てくださいね!

平均はすべての事象を織り込む

FXの取引の対象になるのは為替レートですが、この為替レートは日々変動していますよね。
この変動は、世界中の経済の状況だとか、各国の金融政策のバランスだとか、それに対する市場参加者たちの思惑など、さまざま複雑な要素が絡まり合って起こっています。
なので、チャート以外のいろいろな状況などを分析することで、変動を読もうとすることもあると思います。
例えば、ファンダメンタルズ分析とかですよね。

だけど、ダウ理論によれば、為替レートはすべての状況を織り込んだうえで変動しているのだから、「チャートにすべての情報は現れている」と考えます。

あえて簡単に一言にしてしまえば、「チャートだけ見てればいい!」ということです。

トレンドには3種類ある

ダウ理論ではトレンドを重視しており、そのトレンドを以下の3つに分類して考えています。

・主要トレンド … 1年から数年にわたるトレンド
・二次トレンド … 数週間から数か月程度のトレンド
・小トレンド … 3週間にも満たない短期的なトレンド

この3つのトレンドが混ざり合って相場が形成されているというわけですね。
この観点で、今の主要トレンド、二次トレンド、小トレンドがそれぞれどっちに向いているのか?というのを意識しながら相場を見るというのが、ダウ理論の基本姿勢となります。

主要トレンドは3段階からなる

ダウ理論では、3種類のトレンドのうち主要トレンドは3段階からなるとしています。

lab10488-1

1段階目がピンク色の先行期。
このタイミングでは、うまいプロの投資家たちが買い集めています。
ほとんどの投資家はこのタイミングでは悲観的です。

2段階目が水色の追随期。
価格が急上昇しはじめ、多くの投資家が市場に参加し始めます。

3段階目が黄色の利食期。
一般投資家にも注目されはじめ、注目を集めます。
このタイミングでは、先行期に買った人たちは利食い始めています。

主要トレンドという大きなトレンドがどの段階にあるか、それを意識することで、どういったトレードを狙うべきかの姿勢が決まってくると思います。
これも取引をする前提となる基本姿勢ですね。

平均は相互に確認される必要がある

この相互というのは、工業株価と運輸株価のことを示しています。
FXに置き換えて考えると、「いろいろな方向から分析しても、同じようなトレンドのサインが確認できる必要がある」ということですね。

冒頭でも書きましたが、5番目の出来高に関してはFXでは分かりにくいので省きます。
続いて6番目へ。

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

最後に説明する法則ですが、取引を実践するうえで最も重要です。
もしかしたら、「ダウ理論というとこれのことだ」とイメージする人が多いかもしれません。

この法則を知るうえで、まずトレンドの定義を知っておく必要があります。
簡単な図を交えて説明しますね。

lab10488-2

上昇トレンドとは、上値、下値がともに切り上がっている状態のことです。
下降トレンドとは、上値、下値がともに切り下がっている状態のことです。

相場というのは、トレンドが発生している間でも、ずっと上がり続けたり、ずっと下がり続けたりということはありません。
必ず、上がった後は下がり、下がった後は上がり、ということを繰り返しています。
それを繰り返しながらも、上値、下値が切り上がったり、切り下がったりしている状態がトレンドが発生している状態というわけなんですね。

そして、このトレンドは明確な転換シグナルが出るまで続くというわけなんです。
その転換シグナルというのが次の図です。

lab10488-3

これは上昇トレンド中の図ですが、濃い緑色のところで上値の更新をできずに止まってしまいます。
そして、さらに前回の下値を更新してしまいます。
このように、上値下値切り上げ、または切り下げが終わり、逆の方向に上値下値を更新してしまった状態が、転換シグナルです。

トレンドが発生したときは、この転換シグナルが出るまではトレンドに沿った目線で取引をするというスタンスになるわけですね!

ダウ理論の取引の考え方の基本

トレンドフォローの目線が基本

ダウ理論を使った取引でまず始めにやることは、現在のトレンドの状況を把握することです。
上値と下値の位置関係を見ながら、トレンドが発生しているのかどうかを見ます。
そして、トレンドが発生しているのであれば、トレンドフォローの目線で取引タイミングをうかがいます。

lab10488-4

例えば、上昇トレンド中であれば、狙うべきは薄い緑の押し目のタイミングと、濃い緑の上値を更新したタイミングでのLエントリーを狙うイメージですね。

トレンド発生を狙った取引例

それではチャートを見ながら、ダウ理論を使った取引例を見てみましょう。

lab10488-5

赤色のところで、下げトレンドが発生していますね。
ここで、目線は売りとなります。
青の部分で戻りを売るイメージでの取引タイミングをみながらエントリー。
そして、トレンドが崩れる緑色を見てイグジットをする形になります。

ダウ理論がダマシになるケース

ダウ理論は6番目の法則が有名なので、それだけを使ってチャート分析をしているという人は多いかもしれません。
しかし、それだけで機械的に取引をしていると、ダマシに頻繁に会うと思います。

lab10488-6

赤色のところで上昇トレンドが発生しています。
なので、目線は買いとなりますが、緑の部分で押し目買いを狙っていくと、完全にやられてしまいますね。

複数時間足を見ておこう

このように、ダウ理論の6番目の法則だけでいくと、ダマシは頻繁に起きてしまいます。
それを回避するためには、6番目の法則以外の法則も意識しておくということが大事です。

例えば、2番目の法則では、トレンドはいろいろな長さが複合的に絡み合ったものだということが言われています。
なので、1つの時間足だけでトレンドを分析するのではなく、複数の時間足を使ってトレンドを分析する必要があります。

lab10488-7

ちなみに、さきほどのダマシのチャートを1つ上位の足で見るとこうなっていました。
緑色の四角が、さきほどのチャートで表示されていた範囲。
このうち、上昇トレンドとみなした部分が赤で囲んだ部分です。

全体は下げトレンドのなかの、戻りだったんですね。
このチャートを見ると押し目買いを狙うのではなく、戻り売りを狙うべき局面だったわけです。
こういったかんじで、複数の時間足を使った分析をするのも大事。

トレンドは基本的に大きな流れのトレンドのほうが強いので、特に1つ上位の足のトレンドを頭に入れておくことは、取引の戦略を立てるうえで非常に役に立つと思います。

他のテクニカルを併用することで、より有効な取引が可能に!

ダウ理論の4番目の法則では、トレンドは他のテクニカルなどでも同様に確認できるべき、としています。
ちょっと拡大解釈をしすぎかもしれませんが、ダウ理論自体が他のテクニカルの併用をすすめていると言ってもいいかもしれません。

特に、取引を実践をしていると感じると思うんですが、ダウ理論で買いか売りの目線が決まったとしても、それだけでは明確なエントリータイミングをつかみにくいところがあります。

前回上値、下値を更新したタイミングでエントリーするということは、ダウ理論だけでもできますが、それだとタイミングとして遅すぎるという問題が出てきます。
どちらかというと、ダウ理論で目線を決めたうえで、それに沿った他のテクニカルのサインが出るのを待つというスタンスがバランスがいいように思います。

逆に、同じ方向のサインが出ないと取引を回避するわけですね。
こうすることで、クサい局面ではエントリーしないことになるので、勝率を上げることにもつながります。

ダウ理論というのは、相場を見るうえでのベースとなるようなものなので、それをベースにして他のテクニカル分析をすることができます。
そういう意味では、他のテクニカルと併用はかなりやりやすいです。
もし、今までダウ理論を取り入れてなかったという人は、そういった目線を取り入れてみることで、チャートがより深く見えるようになると思います。

最後におまけ!MT4で使えるインジケーター

ダウ理論では上値と下値を見るのが非常に大事です。
これを見やすくするインジケーターとして、チャートツールのMT4にデフォルトで入っているインジケーターがあります。
「ZigZag」というインジケーターです。

実はこれまでに出てきていたチャートには、上値と下値を結んだオレンジ色のラインが入っていたと思います。
これは手で引いたのではなく、すべて「ZigZag」を使って自動で引いていました。

慣れてくれば、ダウ理論的にトレンドを見るのはそれほど苦労しませんが、初めのうちはちょっと苦労するかもしれません。
慣れるまでに使うと、非常に役に立つインジケーターです。
ぜひ試してみてくださいね!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.