• 35歳経験8年のFXトレーダー!
  • トレードスタイル確率までの葛藤の日々とは?
  • テクニカルはMACDを愛用中!

FXを始めた経緯

はじめまして!
今回、FXで勝てている人達の考え方や勝ち方について書かせてもらう、ケンといいます。
年は35才で、昼間は普通に働いています。
FXを始めてから8年になりました。
FXを始めたきっかけは、始める当時は円キャリートレードが全盛の時代で、レバレッジを2~3倍かけて円売りをするだけで年利20~30%のリターンが可能だと考えていました。

簡単に儲けることができると思ったものの

最初の資金は30万円から始めましたが、やはり簡単に儲けられるほど甘くはなかったですね。
初めてすぐに、サブプライムローンの問題が起きてほとんどの資金を失うことになりました。
資金を失った時は落ち込みましたけど、勉強しなくてはいけないと思って、勉強するようになりました。
試行錯誤しながらも、リーマンショックやユーロ危機などを乗り越えて生き残ることができたので、今回は生き残れた手法や考え方について書いてみますね。

トレードスタイルの確立

僕の場合、昼間も仕事をしていることと、性格的にのんびりしているタイプのため、数日間~数週間の間ポジションを持つスイングトレードを基本的なスタイルとしています。
60分足などの短い時間軸でトレードをしたこともありますが、昼間はゆっくりチャートを見ることができませんし、夜は夜で忙しいので、パソコンの前に貼りついて見ることはできません。
パソコンの前で貼りついてデイトレードの練習はしたのですが、価格が上下するたびに狼狽して損切りが多くなったり利食いが早くなったりしたので、性格的にも向いていませんでした。
結局のところ、人それぞれのスタイルがありますので、自分にしっくりくる時間軸やスタイルでトレードしたらいいと思います。
僕のトレードのやり方は、マーケットでどんなことが話題になっているかを日々のニュースで確認しながら(ファンダメンタル分析)、どの通貨ペアでトレードするかチャートを見て(テクニカル分析)考えることから始めます。

まずはファンダメンタル分析を考える

有名な投資家やトレーダーの方の著書やセミナーを見ると、世の中がこういう理由でこっちの方向に動くのではないかというファンダメンタル分析をして、考えてからその方向にポジションを持つと話しています。
僕もポジションを持つ時は理由を考えてからポジションを持った方が気持ち的に楽なため、こういう理由があるからこっちに相場は動くだろうと考えてからポジションを持つようになりました。
例えば、円の低金利や量的緩和が長期化することが相場のテーマになっているなら、ドル買い円売りの方向でのポジションを持とうと考えますし、ユーロの量的緩和が相場のテーマになっているなら、ユーロ売りドル買いの方向でのポジションを持とうと考えます。
その時々によって話題はありますので、ニュースは暇な時に確認しておくような感じですかね。
でも、60分足のような短い時間足でトレードするなら、毎日のニュースなどをあまり気にしなくていいですよ。

通貨ペアの選び方をどうするか

ちなみに通貨ペアの選び方は、基本的には米ドルを中心に考えることを基本としています。
理由は、その方が分かりやすいからです。
2015年11月現在の相場のテーマは、アメリカの利上げが近いということ、ユーロ圏の量的緩和の拡大されること、日本の量的緩和の拡大される可能性があることがテーマです。
つまり、ドルは強くユーロと円は弱いという構図になっています。
現時点で分かりやすい通貨ペアの選ぶとすれば、ユーロドルのユーロ売りドル買い方向のポジションか、ドル円のドル買い円売り方向にポジションを持つのがいいと思います。

タイミングを計るためにMACDとラインを活用

ファンダメンタル分析だけではトレードできないので、テクニカル分析をどう生かすか考えて見ます。

こちらはユーロドルの日足チャートになります。

lab10410-1

ドラギ総裁の発言によりユーロが下がるのですが、ユーロを売りたい場合はどこから仕掛けるのかを考えてみると、MACDが売りサインを点灯した直後に、上昇トレンドラインを割りますので、その辺りのタイミングで売るのがいいのではないかと思います。
ちなみにMACDの設定は、短期中期長期を9.26.52で使っています。
この場合の損切りポイントは、トレンドラインより30~50ポイント上に設定しておくことで、損切りをせずにポジションを持てることが可能になってきます。
さらに、ある程度の戻り高値の目途が分かりますので、指値での売り注文を出すと同時に損切り注文も出せます。
ラインを引くということで、仕掛けと損切りの目途をつけるという意味においても大きいことです。

利食いは非常に難しい

利食いは非常に難しいです。
僕はFXを始めて8年になりますけど、これまで最高の利食いをしたと感じたことはほとんどありません。
言えることは、移動平均線がゴムバンドの役割を果たしているということで、移動平均線から離れてもそのうち戻ってきます。

こちらも同じくユーロドルの日足チャートです。
先ほどのチャートに移動平均線を加えました。
僕は好みで、11EMAと22EMAを使っています。

lab10410-2

チャートを見てもらうと分かるように、移動平均線から大きく離れるところが、利食いをする絶好のタイミングになっています。
僕の場合、日足チャートで利食いをするなら、22EMAから500ポイント以上または、11EMAから300ポイント以上離れたら利食うようにしています。
まだトレンドが続くと思っても、トレンドが続く保証はないからです。
これは日足チャートでも4時間足でも60分足でも理屈は同じです。
仮に4時間足なら22EMAから200ポイント、または11EMAから120ポイント離れたら利食うという感じでしょうか。

ファンダメンタルとテクニカルの両方を組み合わせる

結論は、ファンダメンタルで方向性を探して、テクニカルでタイミングを探るようにして相場に入るようにしています。
僕はこの8年、試行錯誤しながらこのスタイルに落ち着きました。

使用しているFX口座

僕がFXで使用している口座は、ヒロセ通商の口座です。
ヒロセ通商の口座を使っている大きな理由は3つあります。
1000通貨からポジションが持てますので、資金管理がしやすいということ。
通貨ペアが多いということで、ユーロクロスなどの通貨ペアを見ることができて勉強できること。
MACDを好んで使っていますので、チャートが見やすいこと。
以上の理由からヒロセ通商の口座を使っています。

LION FX(ヒロセ通商)

LION FX(ヒロセ通商)
約定率99.9%でスプレッドも狭い!
使いやすくてハイスペック!

初心者向けにヒロセ通商が立ち上げたLION FX。
1000通貨でも1万通貨と変わらないトレードができ、
1000通貨単位の取引にかかる取引手数料も無料!
主要通貨のスプレッドは文句なしの低さで、
さらに約定率は99.9%、約定スピード最速0.001秒!

すべらないFXを味わえる貴重なFX会社だと思います!
取引できる通貨ペアはなんと50通貨ペア。トルコリラ、
メキシコペソの取引きもできますよ。選べるチャートや
お知らせメールなど機能面も充実!


ライオンFX1000通貨単位取引
※現在は米ドル円のスプレッドは0.3銭に更に縮小しています

スプレッド情報

ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円
0.3銭(原則固定) 0.5銭(原則固定) 1.3銭(原則固定) 0.7銭(原則固定)
NZドル/円 カナダドル/円 スイスフラン/円 南ア・ランド/円
1.3銭(原則固定) 1.7銭(原則固定) 3~6銭 1.3銭(原則固定)

基本情報

取引手数料 取引単位 通貨ペア数 初回入金
無料 1000通貨 50 1万円
The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
GMOクリック証券
仮想通貨
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.