• FXを始めたきっかけは何だった?
  • トレンドフォローの具体的な手法とは?
  • 利用しているFX業者は予想外のあの会社!

どうも。トレード歴3年のタカシといいます。
現在は、知り合いのホームページ製作会社を手伝うかたわら、トレードも兼業でやっています。
いや、正確に言うとお手伝い2のトレード8で専業に近いですかね。
それはともかく、この記事では、大きく分けて3つのことについてお伝えしたいと思っています。

まず、一つ目は僕がトレードを始めた経緯について。
2つ目は、これが今回の記事のメインなんですけど、僕が普段使っている手法の一つを紹介しようと思っています。
そして3つ目が現在使っているFX口座について。

FXを始めている人は、きっともう自分で口座を開いていると思いますけど、もし、まだ口座を開いていない、もしくはこれからFXを始めようと思っているという人がいたら、参考になれば嬉しいです。

トレードをはじめたきっかけ

それでは、早速一つ目のトレードを始めた経緯から始めたいと思います。
僕がトレードと出会ったのは3年前の28歳のとき。
当時は、仕事(といってもアルバイトなんですけど)が忙しくてなかなか休みが取れませんでした。
その頃から、自分のペースで自由に働ける生き方に憧れはあって、アフィリエイトなんかもやってみたけれどまるで成果があがらず。
そんなときに、偶然立ち寄った本屋で「FXトレーダーの大冒険」という1冊の本と出会いました。
当時は「FX?何それ?」という感じだったけれど、何となく目に留まってパラパラとページをめくってみると、そこには僕と同じように経済的自由を手にするために奮闘する主人公の姿がいきいきと描かれていました。

(へえ~。
FXで成功すると僕が望むような自由が手に入るんだ・・。)

当時はそんな予感にわくわくしていたのを思い出します。
実際はそんな甘い世界ではなかったんだけれど・・。

でも、今思うと、最初にこの本に出会えて幸運でした。
なぜって、そこには資金管理の大切さや、バックテストの必要性など、普通は初心者が痛い思いをして(お金をたくさん失って)学ぶ教訓について口すっぱく書かれていたから。
おかげで、初心者にありがちな資金の50パーセントをリスクにさらすような無謀なトレードをせずに済みました。

そこからは、いろんな本や商材、ブログなどを参考にしながらひたすら手法を検証する日々。
最初はなかなか利益が上がらなかったけれど、一年位前からようやく毎月安定して利益が出せるようになり、今に至る感じです。

トレード手法について

僕の手法は基本的にトレンドフォローを主軸にしています。
レンジでのトレードやブレイクアウトを狙うトレードにも挑戦したけれど、高値つかみや追っかけなどあまりいいことがなく、結局シンプルに押し目買いと戻り売りを狙うスタイルに落ち着きました。

僕の座右の書である「デイトレード」という本の中に、
『最高のトレーダはミニマリストである。彼らは、安定的に機能する2つか3つの手法に気づき、そして、それを繰り返し使用するのである。反復には価値がある。」
という一節があって、この一節に出会うまでは、勝てるトレーダーというと、あらゆるチャートに対応して自在に儲けることができるものだと勝手にイメージしていたけど、でも、実は、そうじゃなくて、一つか二つの手法に精通して、その自分が得意とするチャートパターンが現れるまでひたすら待つことが勝ち続けるコツなのかな?と何となく思い始めてから徐々に成績が上向いてきたということがあります。

トレンドフォロー手法を紹介

今回は、そのトレンドフォロー手法の中から現在も使っているものをひとつ紹介します。

この手法は、長期足トレンドの方向に、短期足でタイミングをはかりエントリーすることをコンセプトにしています。

基本的に、FXでは1時間足より4時間足、4時間足より日足というように、上位の時間軸になればなるほど、上昇や下降の圧力は強くなります。
川に例えると、日足が川の本流で、1時間足や15分足は支流ってイメージすると分かりやすいかもしれません。

要するに、長いものには巻かれておけって言うか、日足や4時間足という大きな流れの前では、1時間とか15分足のトレンド(流れ)は案外簡単に覆されてしまうよって話です。
なので、1時間足でエントリーする場合でも「4時間足のトレンド方向にのみエントリーする」というフィルターをかけています。
こうすることで、1時間足単独でエントリーを考えた場合より優位性の高いトレードが可能になるというわけです。

トレードは基本的に20MAを使う

それじゃあ、前置きはこのくらいにして、さっそく具体的なトレードのやり方についてご紹介します。
使うのは基本的に20MAのみです。
これを長期と短期の2つの足にそれぞれ表示させて使います。

オプションでボリンジャーバンドを表示させ、ボラティリティーの有無を判断することもあります。
動きが少ない相場では、あまり利幅を期待できませんからね。

エントリータイミングは?

エントリーは、僕自身デイトレが好きだということもあって、1時間から5分足までの短期足で行うようにしています。

具体的には、20MAがトレンド方向に傾きロウソク足が20MAで反発し足が確定したところでエントリーします。
ちなみに、この「価格が20MAで反発したらエントリーする」というアイディアは、ある著名な先物トレーダーの「聖杯」という手法を参考にしたものです。

このとき、フィルターとして4時間足のトレンドも確認します。
見方としては、4時間足のロウソク足が20MAより上にあればアップトレンド、下にあればダウントレンドとしています。
つまり、4時間足のトレンド方向に短期足で20MA反発が表れたらエントリーするということです。

チャート画像を使って解説

使用しているのは、ユーロドルの4時間足チャートと1時間足チャートです。
実際にエントリーするときに確認する順番に見ていきます。
まずは、上位時間軸である4時間足から確認します。

ユーロドル4時間足チャート

lab10314-1

ボリンジャーバンド中央にある20MA(赤いライン)の下に価格が位置しています。
よって売り狙いの目線で次に1時間足を見ていくことになります。

ユーロドル1時間足チャート

lab10314-2

20MA(赤いライン)で反発、足確定したのを確認してエントリーします。
同時に直近高値の少し上にストップも設定します。
ポジションサイズは、エントリー価格とストップ価格から証拠金の1~2パーセント以内に収まるように調整します。

決済について

ちなみに、損切りは、買いであれば20MAで反発した短期ロウソク足の少し下、売りであれば少し上に設定します。

利食いの方法については、基本的に分割利食いを採用しています。

具体的には、ポジションを4分割し、リスク:リワード1:1になるポイントで4分の1、1:2のポイントで4分の1(この時点でストップをエントリーした価格に移動させます)、1:3のポイントでさらに4分の1、そして残りのポジションは、トレンドが続く限り、トレーリングストップを使って伸ばしていきます。

こうすることで、手堅く利益を確保しながら、伸ばせるところは利を伸ばせるので、個人的にはストレスの少ないお気に入りの利食いスタイルです。
この辺は好みがあると思うので、ぜひ自分にあった利食い方法をみつけていただけたらと思います。

使用しているFX口座は楽天証券

FX口座は、僕が師事している先輩トレーダーの方に薦めていただいたということもあって、楽天証券(旧FXCMジャパン)のものを使ってます。

なぜ、数多くの国内業者がある中でFXCMジャパンの口座を使っているかというと、まず、FXCMジャパンが世界最高のトレードツールとも言われるMT4をプラットフォームとして採用していたことが大きいです。
MT4は操作も直感的で分かりやすいし、インディケーターの種類も豊富で、EAをプログラミングしたりもできる柔軟性も兼ね備えているので非常に気に入っています。

NDD方式採用FX業者である

また、FXCMジャパンは国内業者では数少ないNDD(ノー・ディーリング・デスク)方式を採用しています。
これはトレーダーがディーラーを介さずにインターバンクと直接取引を行える方式のことで、FX業者による不当なレート操作や理不尽なスリッページの心配のない非常に透明性の高いトレード環境でトレードを行うことが出来ます。
さらに、FXCMジャパンはFXCM NYをはじめ多くのカバー先を持ち、リテールブローカーとしては最大級の流動性があって、最も競争力の高い価格を提供しているとされています。
このことは、国内大手のDMMFX証券など多くのブローカーががFXCMをカバー先にしているという事実からも伺うことができます。

FXCMジャパンは2015年8月1日付けで最近楽天証券と合併しました。
それにともない旧プレミアム口座は廃止されましたが、自分が使っているのはMT4口座なので、手数料の変更やスプレッドなど統合による悪影響は特にありませんでした。

今後、急にNDDからDD方式に変更されるなんてことになればブローカを変更することもあるかもしれませんが、今のところは満足しています。
気になる方は、試しにFXCMジャパンと他の国内業者のスプレッドを比較してみてください。
おそらく、FXCMジャパンの提供するマイナススプレッドの多さに驚くのではないかと思います。
ご参考までに。

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

FXに関する質問、疑問、お悩みなどをお気軽にご連絡ください。
メールはこちらから

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.