• 事実を見てから動くってどういう事??
  • 今あなたが使っているテクニカル指標は何?
  • 一通り勉強した後改めて基本を勉強する事は大切!

こんにちは。FX課長です。
最近もFX関係の本は読んでいるので、その中から今回もご紹介したいと思います。
タイトルは「世界の”多数派”についていく 事実を見てから動くFXトレード」という本です。

これは書店でフラフラと立ち読みをしていた時に、表紙の裏に書いてあったコメントが目に止まり、買ってみる事にしました。
要約すると「相場を当てようとした時点で自分本位になり、それでは負ける。動いた事実に基づきトレードすれば良い」というような事が書いてありました。
「全くキレイ事を・・・・・」な~んて思ったのですが、その後に続く言葉で購入を決意する事になります。

「世界中のトレーダーがどう動いたかはチャートに現れる、そして、少数しか使っていないテクニカル指標はダメ、皆が使っている移動平均線等を使うべき」という感じの事が書いてあったのです。

お!これは僕の考え方と同じだ!と思いました。

10万円稼ぐシリーズでも書きましたが、僕も多くの人が使っているテクニカル分析指標を使うべきだと思っているからです。

世界中が気にする移動平均線を理解するべし!

そんな「運命的な」出会い方をした本についての感想を書いて行きます!

事実を見てから動くFXトレードってどんな本??

世界の“多数派”についていく「事実」を見てから動くFXトレード ──正解は“マーケット”が教えてくれる (Modern Alchemists Series No. 128)

【目次】
第1章 当てにいかずに”流れ”に乗る
第2章 世界の”多数派”についていくためのツールとは
第3章 事実を見てから動くときのエントリーと決済のルール
第4章 ”最良”トレードにつながる「戦略」&「シナリオ」
第5章 事実を客観的に「判断」し、迅速に「執行」する
第6章 手法以上に大切な「メンタル」との付き合い方
第7章 事実を見てから動くFXトレード 実例紹介
第8章 事実を見てから動くFXトレード 利食いの実例

【著者】浜本学泰

基本に忠実な本で、初心者がFX力をつける上でとても参考になるはず

著者の考え方として、順張りと逆張りなら順張りでトレンドに乗ることと言っています。
また、チャートを素直に見て、ヨコヨコの時にはエントリーはあまりしない方が良いという考え方です。
これは「トレンドが出ている時にそのトレンドに順張りで乗ってトレードするのが勝ちやすい」からです。
どうやって判断すれば?と思う方もいると思いますが、すごく簡単で、チャートが斜めになっている時がトレンドが発生していると考える事が出来ます。
もう一歩踏み込んで、移動平均線とボリンジャーバンドが見れるようになるともっと確度が上がってきます。

この本を読んで感じた事は基本に忠実だな~という事で、上級者の方は物足りないと思います。
もっと細かく、テクニカル的な事を知りたいんだ!という方には合いません。
ただ、初心者向けのFXトレードLABを見に来てくれているトレーダーさんにはピッタリの本なのでは?と思います。
1冊チャート本を読んでみたけれど、なんかモヤモヤするな?という気持ちをきっと晴らしてくれると思いますよ!

そろそろ下がりそうだな・・・よし!ショート!は危険って事

著者の考え方は、「相場は当てに行かない、事実を見て動く、トレンドに乗る」です。
自分中心に考えるのではなく、あくまでも相場(チャート)を中心に考えて取引をします。

極端な話、米ドル円が1時間で1円上がるような事があっても、すぐにショートするなんて事は絶対にしてはいけません。

こういう時に「急騰しすぎだろ~ちょっと下がるよね」と思って逆張りして担がれた経験はありませんか?
「1時間足を見てトレンドを判断し、5分足で売買タイミングを図る考え」では、直近の1時間足が大陽線になったらまずショートの考え方にはなりません。
むしろ、5分足で下がって来た所でロングです。

また、1時間足&5分足の組み合わせの他にも、日足&1時間足、週足&日足など「長い時間足+1つ前の時間足でのトレードに応用が可能」とありましたが、この場合も同様で、強いトレンドが発生していれば、その方向にエントリーする事が大切になるって事です。

ですので、直近の強いトレンドに逆張りするようなポジションはダメ!絶対!ですね。

「あなただけに」「少数の方限定で」特別な売買サインを教えますって本当?

僕は信じていないのですが、FX界隈だとちょっと怪しい?メルマガ等もありますよね。
有料だったり、何か商品買ってくれたら教えますみたいな・・・・・
ですが、結局多くのトレーダーや資金力のあるトレーダーが動かないと相場は動きません。
ですので、たくさんの人がここだ!!っていうポイントを意識してトレードする事が為替の世界ではやっぱり大切ですよ!

チャートを右から読むって話

水平線とトレンドラインの話が最初の方に出てきますが、その中に「チャートは右から見るようにすると良い」と解説してあります。
これはきっとFX初心者の方は目からウロコなのでは?と思います。
確かにそうした方が見やすかったり、結局チャート分析は未来のレート・動きを予想する事になるので、「現在のレートを中心に考えた方が良い」と僕も思います。
そして、水平線やトレンドラインはFX会社のチャートツールを使ってもあくまでも自分で引くものなので、その方法も本書の中で学ぶことが出来ますよ。
噛み砕いて解説してくれていると感じました!

通貨ペア選択についての考え方

通貨ペアについては、基本的にドルストレートを推奨しています。
ユーロドル、ポンドドル、ドル円の3つです。

その理由として、売買取引量が多いからこそ、多くの参加者がいることで、テクニカル分析のサインが効きやすく、極端に変な動きにはなりづらい事が挙げられています。
まぁありますけどね(笑)

また、同時にマイナー通貨の取引はおすすめしていません。
取引量が少ないと一部のやんちゃな大口取引によって、予想外の動きをする確率が高まるからです。
豪ドル円のデイトレをニューヨーク時間にやるような事も、オーストラリアも日本も夜なので、取引量が下がる事からダメですね。

そして、ユーロ円などのクロスレートも値動きが分かりづらくなるので基本的に敬遠するべきですね。

つまり、考え方としては、出来る限り取引量の多い時間・通貨ペアでトレードをしましょうって事です。

まとめ

今回は「世界の“多数派”についていく「事実」を見てから動くFXトレード ──正解は“マーケット”が教えてくれる (Modern Alchemists Series No. 128)」の感想を書きました。
パンローリング社の本は英語を翻訳したような難しいFX本が多いのも特徴ですが、今回の本は非常に読みやすかったです。

チャートの分析は百発百中はないので、疑心暗鬼になりがちですが、それでも基本を知っているのと知らないのでは雲泥の差があります。
基本通りの動きをする相場もありますから、そういう時にしっかり勉強した知識を生かせればかなり調子良く勝つことも出来ます。
また、1つのテクニカル指標が上手く機能していない時には、他のテクニカル指標で効いているものは何か?を探す事が大切だと思います。

常にアンテナを張り巡らせて、現在の相場の規則性・法則性を掴みに行きましょう!

The following two tabs change content below.
FX課長
少年の心を忘れないアラサーリーマンです。兼業投資家。 主にスイングトレードを中心にトレードをして、年間通して勝てるようになってきました。 最初はボロ負けしてたので、そこからどうやってFXで勝てるようになったかやFXに関する情報を書いています。

▲ トップに戻る

FXネオ
リピート系注文とは
FX業者について
FXとは?
FX初心者入門講座
FXの手法
FXのチャートについて
経済危機
FX自動売買
FXニュース
FXの本
主要経済指標の見方
デモトレードおすすめ活用法
資産運用の比較
節約術
投資商品

管理人:FX課長

少年の心を忘れないアラサーリーマンです。将来を考えて給料だけでは不安だ、収入源を増やそうと100万円でFXを始めました。しかし、3ヶ月持たずに100万⇒15万へ減らし(涙) そこからFXの手法研究の日々を過ごし、ひと通りチャート分析手法を身につけます。が、それでも勝てず。結局、シンプルイズベストにして、トレンドに順張りする事に集中したら勝てるように。昨年も月単位で負けたのは2ヶ月で年間では本業と同じくらいの利益を出せるレベルまで来ました。僕が負け組初心者トレーダーから月10万円突破するまでに注意したポイントも紹介していますので是非チェックして下さい!⇒こちら

にほんブログ村 為替ブログへ
ブログ村ランキングへ


人気ブログランキングへ



  • DMM FX
    外為ジャパン
  • Copyright (C)2017 GV inc. All Rights Reserved.